スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱田哲也記者は愚鈍か?臆病者か?

平成28年(2016)11月11日(土)      平成25年9月ブログ開始 

箱田哲也は愚鈍なのか?臆病者なのか?



平成28年11月11日(土)朝刊   東京本社版 第14面 
社説余滴
大統領の身から出たさび


余滴 箱田哲也
今回の箱田国際社説担当さんの記事も
前回の本ブログ

平成28年(2016)11月4日(金)      平成25年9月ブログ開始 

天災人語の三文芝居

平成28年11月2日(水)朝刊   東京本社版 第1面 
天声人語
孤独な大統領


と似たり寄ったり。

「天災人語」は頓珍漢なこと書いてるし、この「余滴」は事の本質に何ら迫っていないのだ。

見出しの、「大統領の身から出たさび」からして、このブログ主は箱田哲也に不信感を抱く。

箱田記者はこう書いている。

韓国が「韓国」に怒り、苦しんでいる。

 朴槿恵(パククネ)大統領と旧知の女性をめぐるスキャンダルは、とどまるところを知らない。

 権力、財閥、虚栄、巫女(みこ)、男と女、受験……。韓流ドラマの筋書きを束ねたような疑惑の数々は、この国が抱える病弊そのものでもある。

 なぜこんなことになったのか。一つはやはり、朴槿恵という人の異常なまでの人間不信だろう。側近、右腕などと称されてきた元高官らに直接尋ねてみると、朴氏とひざ詰めで話す機会が「多くはなかった」ことに驚く。

すなわち、今回の朴槿恵大統領が引き起こしている一連の「不祥事」現象は、いつもの韓国の病弊だというのである。
そして繰り広げられる悲惨な病状の原因は、一つは朴槿恵と言う人の異常なまでの人間不信と言う個性に原因があるがというのである。

一方、国民側は、

 そんな政治の世界の話とは別に、この国の不条理を恨む民の怒りがうねる。努力しても報われない「絶望社会」を表す造語が次々と生まれるなど、ただならぬ空気が国全体を覆っていた。

という状況にあり、

 不透明で独善的な手法の破綻(はたん)は時間の問題だったが、致命的な一撃を加えたのは、革命を夢物語と考えず、自らが行動する韓国型民主主義だった。権力者の衰えを見た検察と主要メディアがタブーを解いたことも大きかった。

と、不満があれば、直ぐに街頭に出て意思表明をする直情径行型の国民行動が病状の悲惨さを倍増させているというのだ。

箱田さんよ、あんたも長くソウルの駐在員を務めていたのだから、あんたが最初に書いている、

 権力、財閥、虚栄、巫女(みこ)、男と女、受験……。韓流ドラマの筋書きを束ねたような疑惑の数々は、この国が抱える病弊そのものでもある。

の、「この国が抱える病弊」の拠って来たるところは何なのかと、アンタも新聞記者なんだから考察したであろう。その考察結果ぐらい書いてくれてもいいだろう。

ひとり大統領だけに問題があるのではないだろう?
何で韓国朝鮮人はそんな病弊を抱えているのかね?
いつの時代からからそんな病弊を抱えることになったのかね?
どうして日本とこんなに違うのかね?

アンタは最後のこう書いている。

「お告げ」のせいで来日してこなかったのか、などと考えるのはテレビの見過ぎだ。

と。
日本国民を責めてどうする?
アンタら新聞記者が、その能力があるかどうかは別にして、韓国人の、朝鮮人の真実を書かないから日本人は

「お告げ」のせいで来日してこなかったのか、

と考えるんだよ。

それとも何かい。書かないのは、韓国専門記者が、「それを言っちゃ御終いよ」というわけなのかね?



社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト

購読料泥棒・天災人語

平成28年(2016)11月4日(金)      平成25年9月ブログ開始 


購読料泥棒・天災人語


平成28年11月2日(水)朝刊   東京本社版 第1面 
天声人語
孤独な大統領


11/2天声人語パククネ
以下全文コピーする。

 韓国に古くから伝わる人形劇がある。木彫りの仮面をつけて踊らされる女性の人形をコットウカクシと呼ぶ。朴槿恵(パククネ)大統領(64)をその操り人形にたとえ、退陣を求める声が韓国で吹き荒れている▼背後から大統領を操っていたと指弾されているのは40年来の親友チェ・スンシル氏である。韓国紙によると、若き朴氏が母を凶弾に奪われてまもないころ、チェ氏の父親で新興宗教を率いた男性(故人)が慰めの手紙を送った。少し年下のチェ氏は朴氏を「姉さん」と呼ぶようになる▼朴氏が大統領になると、チェ氏は美容や服装の助言をした。その程度なら問題ないはずだが、いつしか演説の草稿に手を入れ、機密文書も手にしたらしい▼大統領の自叙伝「絶望は私を鍛え、希望は私を動かす」を読むと、父の朴正熙(パクチョンヒ)大統領が暗殺されたのち、人間不信に苦しむくだりで目がとまる。「世人の心が一夜にして変わる」「ほとんどの人が私と会うことさえ避けた」「人の表裏を見るのがどれほど重要なのか今更(いまさら)ながら悟った」▼ふりかえると韓国では近年、歴代の大統領が家族の不正に揺さぶられてきた。李明博(イミョンバク)氏の場合は兄だった。盧武鉉(ノムヒョン)氏は兄や妻、金大中(キムデジュン)氏は次男や三男。そして今度は親友である▼朴大統領はチェ氏のことを「つらい時に助けてくれた」と会見で説明した。最初は純粋な友情だったのだろうか。友情を結んだ相手が権力の座につくと、背後に回って人形のごとく動かそうとたくらむ人はいつの時代、どこの国にもいる。


今日の天災人語は、

韓国に古くから伝わる人形劇がある。木彫りの仮面をつけて踊らされる女性の人形をコットウカクシと呼ぶ。朴槿恵(パククネ)大統領(64)をその操り人形にたとえ、退陣を求める声が韓国で吹き荒れている


で始まり、最期は、

最初は純粋な友情だったのだろうか。友情を結んだ相手が権力の座につくと、背後に回って人形のごとく動かそうとたくらむ人はいつの時代、どこの国にもいる。

で終わっている。

全く、「何言ってんだか」である。

ネット、マスコミから入ってくる情報によると、パク・クネ大統領はとんでもない女だということだ。

最高の国家権力を振るえる大統領が、政府のしかるべき何らの職にも就いていない一民間人の女に、政府の最高機密文書を渡したり、演説原稿の添削を受けていたのだ。
操り人形の如しであったのだとは、前代未聞の事だ。

それをこの天災人語記者は、

最初は純粋な友情だったのだろうか。友情を結んだ相手が権力の座につくと、背後に回って人形のごとく動かそうとたくらむ人はいつの時代、どこの国にもいる。

と書いて終わるのである。
バカである。
一体、今まで記者として何を読み、何を聞き、何を見、何を勉強してきたのであろうか。

新聞社の記者と言うなら、何故に韓国にこんな大統領が生まれたのか?何故に国民は大統領に選んだのか?
バカ記者であってもよい。バカ記者なりにその推察・考察くらい書いてもよかろうに。

ふりかえると韓国では近年、歴代の大統領が家族の不正に揺さぶられてきた。李明博(イミョンバク)氏の場合は兄だった。盧武鉉(ノムヒョン)氏は兄や妻、金大中(キムデジュン)氏は次男や三男。そして今度は親友である


とも書いているのだ。
なんでそんなことが韓国では発生するのか?

それを、言うに事欠いて、

友情を結んだ相手が権力の座につくと、背後に回って人形のごとく動かそうとたくらむ人はいつの時代、どこの国にもいる。

と書くのだ。

オイオイ、何時の時代のどこの国に、そんな奴はいるのか?或いはいたのか?
そりゃ、名前を上げられれば、ああそうかそんな奴もいたな、いるな、と思い至るかもしれないがね。
バカ天災人語・記者よ具体的名前を教えてくれ。

それとも何か、この最後の文は、韓国人よ、お国の大統領のような人は、どこの国にも、いつの時代にもいるのだ。
心配するな、自己嫌悪に陥るな、と励ましているのか?

或は、極悪殺人犯に、心配するな、嘆くな、自己嫌悪に陥るな、自虐するな、お前と同じような奴は何時の時代にも、どこの国にでもいるからねと慰めるのか。

ならバカ朝日新聞社はどうなんだ?
仲間の記者が社長になっている。元同僚の親しかった記者は背後に回って人形の如く動かそうとたくらんでいるのか?



無内容のゴミ・シンポジウム

平成28年(2016)9月13日(火)      平成25年9月ブログ開始 

無内容のゴミ・シンポジウム




平成28年9月9日(金)   東京本社版 第17面 
シンポジウム「朝鮮を受ける北東アジア安保と日中韓協力」
北朝鮮へ向き合い方探る
正恩政権の安定度が焦点
制裁には温度差
THAAD配備応酬



一読、なんじゃこりゃ、大の大人が10人も20人も寄ってたかって。

それもご丁寧に、日本、韓国、支那から。
バカ朝日からは、4人も。
経費も相当なモノだろう。購読料の無駄使いだ。
一体目的は何なんだ。

シンポジウムが開かれ、日中韓の研究者やジャーナリストらが、現状の分析や3カ国の協力の必要性について議論を交わした。

と書いてあるが、そんな議論必要あるまい。
バカ朝日の記者だけで足りるではないか。

で、
北朝鮮・金体制をどうみるか。
ある者は安定度を増したと言い、ある者は不安定さを増したと言い、またある者はそれなりに安定していると言う。

北朝鮮との対話はどうか。
核開発に固執する限り韓米は応じられないだろう。

今年強化された対北制裁はどうか。
まあ打撃を与えるだろう。とか、
関係国が足並みをそろえて制裁を効果的に行うのが重要だ。とか、
支那が制裁に後ろ向きなのは問題だ。とか、
これに対して支那人は、居直るばかりだ。

北朝鮮は友好国であり、2国間の外交は変わりがない。

と、更に支那人は、これ肝心なところだ、こうある。

「厳しすぎる制裁によって北朝鮮が崩壊してもよいと考えているのか、崩壊に対応する準備があるのか

と、居直っているのだ。、

そしてさらに、THAAD配備については、

米韓がTHAAD配備を決めたことについて、「北朝鮮に核をもって大国と争う口実を与えた。金正恩氏は内心、喜んでいるに違いない。今後は、東アジア地域の国同士の対立を利用して核・ミサイル実験を行う恐れがあり、北の非核化に悪影響を及ぼすだけだ」

と、米韓を脅しているのだ。

もっとも、このシンポジウムとやらは、日中韓の外交交渉ではないのだから、勝つか負けるかとか、相手を説得したかどうかを争うものではないが、暴走する北朝鮮を押しとどめる為のもっと確かな提案の一つくらい出されてもよいだろうに。

なんせ、日中韓の研究者やジャーナリストが数えると18人も集まっているのだからな。

ブログ主の様な国際政治に疎い者でも、
アメリカにはアメリカの計算があるんだろうが、取り敢えずは、北朝鮮との話し合いに着き金正恩の言い分を聞いてやれよ。
金はアメリカと話したい話したいと言ってんだから。
とか、
金正恩の目的は歴史的に見てもただ一つ、朝鮮半島・朝鮮民族のの覇者、王様になりたいんだろう。
なら、南朝鮮韓国と北朝鮮がサシでやり合えばいいじゃないか。決着がつくまで、アメリカも支那もロシアも日本も一切手を出さないという協定を結べばよい。
それこそ、国連監視でだ。
その決着を話し合いで付けるのか、武力で付けるのか、周辺国に多少害が及んだとしても我慢しよう。
日本だって、徳川が覇者となるまで戦(いくさ)続きの民族大闘争をやったのだ。

或いは、アメリカが支那の内諾を得て、思い切って北の核爆弾工場、ミサイル発射場、潜水艦を一挙に攻撃破壊しろ。
支那の内諾が得られるかどうか、それは交渉次第だろう。

或いは、日本が北朝鮮人を強制的に送り返すとか、強制収容所に入れるとか、北朝鮮人の資産を凍結するとか、
「目には目を歯には歯を」の対抗処置を講じるとか。

もっともこんなのは、ど素人のじゃれ事だと重々承知だが、バカ朝日が、「北朝鮮へ向き合い方探る」などと称して、18人もの人を集めて、大層な経費を払ってやったのだから、解決に役立つもう少しましな意見、提案と言うものが出されてもよかろうに。



社会・政治問題 ブログランキングへ

阿久津篤史にかかれば、ボランティアは社会の悪

平成28年(2016)7月22日(金)      平成25年9月ブログ開始 

阿久津篤史にかかれば、ボランティアは社会の悪





平成28年7月22日(金)   東京本社版 朝刊   社会 第37面
ニュース3Q
東京五輪ボランティア像「ただ働き」の声も


阿久津篤史によるこの記事。
なんだろね此の馬鹿げた内容は。
このブログ主は朝日新聞をバカ呼ばわりしているが、その理由が、こんな記事をしょっちゅう読まされるからだと今更ながら認識した次第だ。

2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会がボランティアを募っているのだが、其れにイチャモンをつけているのだ。
近代オリンピックがヨーロッパのブルジョア好事家によって始められた、正にボランティアによるアマチュア・スポーツの大会であることは言うまでもない。
現代では、オリンピックはほぼ完全に商業主義で運営されているが、当初のようにボランティア精神を発揮できる場も残しているのだ。
そして今も、その為に、主催者側がボランティアを募っている。

今回も、ボランティアの具体的条件はこうですよと説明している。
ただそれだけの話である。

ボランティアだ。その労働は無償即ちタダに決まっている。
無償で働ける人、手伝って下さる人来てくださいと募集しているのだ。

それがどうして「東京ボランティア像『ただ働き』の声」もって見出しになるのだ?
それに、「ただ働き」ではと反発の声があがった。」とあるが、本当にそんな声が上がっているのか?
もしそんな声を上げる者がいればその者の不見識をこそ問うべきであろう。
更にしつこく、「『ただ働き』と受け止められる声が出てくるのは何故なのか」と頓珍漢なことを書いている。
まるで無償の労働を求めることが反社会的で、悪事の如くに。

阿久津篤は、如何なる労働も対価を伴わねばならない、労働を搾取してはならない、されてはならない、とかいう共産主義の思想に毒されているままなのだろう。

こんな記者によって記事が書かれている。
バカ朝日読者の不幸だ。


社会・政治問題 ブログランキングへ

民主主義社会の敵・バカ朝日

平成28年(2016)7月21日(木)      平成25年9月ブログ開始 

民主主義社会の敵・バカ朝日




平成28年7月18日(月)   東京本社版 朝刊   社会 第34面
鳥越氏共闘アピール・増田氏首長らと連携・小池氏幅広い層訴え
新都政へ舌戦の日曜


どうしょうもない。
バカ朝日をはじめとする全マスコミ。
たけなわの都知事選挙。
新聞を見てもテレビをつけても報じているのは毎日毎日、鳥越、小池、増田の3候補の事ばかり。

他に18人が立候補しているというのにだ。
その18人については申し訳程度に名前を記すのみだ。
新聞は、候補者の公平な扱い、公平な報道と言う職務・義務を破棄しているどころか、特定個人、集団に向けて利益誘導をしているのだ。
これなくしては民主主義社会とは呼べない選挙制度を破壊しているのだ。
と言うことは、バカ朝日は民主主義社会の敵であり、社会的犯罪者集団と言える。
まかり間違っても公器なんかではあり得ない。

バカ朝日で働く、いい歳こいた大人は恥ずかしくないのだろうか。記者は一応最高学府で学んだであろうに。
自己嫌悪に陥らないのだろうか?
それとも確信犯なのか?
不思議だ。



さて、21日のバカ朝日・朝刊に下記の広告が出され、全国津々浦々(多分)の電車中刷り広告にもなっているであろうに、
平成28年7月21日(木)   東京本社版 朝刊   経済 第9面
週刊文春の 紙面広告

DSC06378_convert_20160721235317.jpg

そして、同日(21日)夕刊の都知事選挙記事は以下の通り。DSC06381_convert_20160721235408.jpg

鳥越のスキャンダルに付いて一切報道無し。

どうしようもない新聞だ。



社会・政治問題 ブログランキングへ

プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
351位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
92位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。