高重治香と編集委員・塩倉裕も支那・中国籍が欲しいのか?

平成28年(2016)9月21日(水)      平成25年9月ブログ開始 

高重治香と編集委員・塩倉裕も支那・中国籍が欲しいのか?



平成28年9月20日(火)   東京本社版 第25面 文化・文芸
二国の法律守る「不可能でない」
共存と排除両方の力が働く米国
両国の戦争避け平和築く人材に

この度の蓮舫参議院議員の「2重国籍」問題に乗じてのこの記事だ。

国、国家、国境、民族性、男女差を取り払え、「地球市民」を目指せ、と主張するバカ朝日。
即ち共産主義者、コミンテルン残党、グローバリストで構成されるバカ朝日新聞社ならではの社員、高重治香と編集委員・塩倉裕による記事だ。

文化・文芸欄でソフトに読者・国民を指導、洗脳しようってわけだろうが、その空疎な見出し。
恥ずかしくないのか?

記事に登場する3人の大学で教えている先生の語ったとされる言葉を書きだすと、

まず、両親は日本人で、米国滞在中に生まれた、国際社会学者の佐々木てる・青森公立大准教授は、

「もしかしてパスポートがとれるかもと思い米国大使館に行ったら、本当に発行されて驚きました」。

「(日本では)国のリーダーが他国の国民でもある事態などあり得ないと感じるのが普通なのかもしれない」


近藤敦・名城大教授は、

「君主制の名残でしょう。二人の君主に仕えることはありえないという問題で、『忠誠の衝突』と呼ばれた。戦前は日本でも国民は『天皇の臣民』でした」

「君主ではなく、法を守ることが国家への忠誠になったのです。二つの国の憲法や法律を守ることは、必ずしも不可能ではありません」

二つのルーツを持って生まれた子に片方だけを選ばせるのは酷だ、という感覚が一例です。個人のアイデンティティーという点でも多元性が大事になっています」

戦後に台頭してきた『日本は単一民族からなる国だ』という神話が背景にあるのかもしれません。欧州と違って東アジアでは冷戦対立の構造がまだ残っていることも、『他国籍の人間は敵だ』とのイメージを強めているのでしょう」

西崎文子・東京大教授(米国政治外交史)は、

 「米国で二重国籍は法的に認められているが、大統領ともなれば、合衆国への忠誠心を疑われる理由になりかねなかった」

(オバマ大統領はハワイ生まれだが、過去2度の選挙で「米国生まれでない」との説を流され、出生証明書を公表する事態になった。)
については、

「黒人だ、異質だという人種主義的な偏見を広めようとする運動でした」

「誰でも米国人になれるという包容力のあるフィクション」

「『誰が米国人になれるか』をめぐる議論を繰り返し、絶えず原点を確認しようとしてきた。それが米国の歴史です」

で、この記事の最後は、
両親は日本人で、米国滞在中に生まれた、国際社会学者の佐々木てる・青森公立大准教授の、

 「両方の国を大事に思えばこそ、両国が戦争にならないよう平和な関係を築こうとする可能性もある。これからの国際社会を考えれば、重国籍というだけでリーダーとして不適格だとみなすのはそぐわない。多様なルーツを持つ人材として活用する選択もありえるのではないか」

で締めている。

もう何が何だか。
御三方の言ってること何の役にも立ちゃしない。

二重国籍はいいのか悪いのか?
悪いに決まっているではないか。
日本と支那あるいは北朝鮮が戦争になったらどうなる。
支那籍、北朝鮮籍を持っている者は、スパイ呼ばわりされて石もて追われるであろう。
いいのかそれで?



社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト

さすが地球市民新聞・バカ朝日。日本国民を馬鹿にする。

平成28年(2016)9月9日(金)      平成25年9月ブログ開始 

さすが地球市民新聞・バカ朝日。日本国民を馬鹿にする。




平成28年9月8日(木)   東京本社版 第3面 総合3
政治家と国籍論点は
蓮舫氏「念のため」台湾籍放棄
外国籍離脱は努力義務



蓮舫議員の2重国籍問題。
昨日の記事は、そんな問題あるのかと言わんばかりの問題スルー記事。
そして今日のは、論点ずらし記事。
共に記者名無しの無責任記事だ。
何を一体恐れているのか?本人も恥じているのか?
勿論そんなことはあるまい。

わかっててバカ朝日は書いているのだ。
それにしても、「政治家と国籍論点は」などとふざけた事を書くバカ朝日社員。
「バカ朝日はもはや日本の新聞ではない」と前回このブログで書いたが、読者、国民を馬鹿にするにも程があるというものだ。

日本が、国として国家としてなり立っているのは、日本国籍と言うただ一つの国籍を有する国民がいるからである。
どっかの国の国籍も持ってますよって政治家に、支那中国の国籍も持ってますよって政治家に国政が牛耳られてたまるものかである。

それでもいいという国民が果たしているのか。
いや、残念ながらいるのだろう。
民進党や共産党には。支那人でも韓国人でも、北朝鮮でもいいという者が。
そして勿論バカ朝日社員にも。

だから最後にはこう書いている。

民進代表選で蓮舫陣営に入っている一人は「日本で育ち、日本語をしゃべり、日本人として生きてきた。人を差別差別するような見方をしないでほしい」と話す。

と。
一体誰なんだ、その民進党の政治家は。
恥ずべきことを言っていないというならその名を記せ。臆病者の卑怯者めが。

バカ朝日が共産主義者、トロッキスト、コミンテルン残党、無政府主義者、地球市民を目指すグローバリストという日本破壊者の集団だから致し方あるまい。

このブログ主CHUUはさじを投げている。



社会・政治問題 ブログランキングへ

もはや日本の新聞ではない

平成28年(2016)9月8日(木)      平成25年9月ブログ開始 

もはや日本の新聞ではない




成28年9月7日(水)   東京本社版夕刊 第2面 総合2
台湾籍放棄書類「念のため提出」
蓮舫氏



さすが日本人の地球市民化を唱えるバカ朝日だ、では済まされない問題だ。
蓮舫議員の2重国籍問題。

一国の政治家、それも国政にたずさわる国会議員が二つの国籍を持っているとは由々しき問題である。
台湾籍と日本籍。
日本の国会議員が台湾籍(人)でもあるというのだ。
それにだ、台湾籍と言うことは中華民国籍と言う事である。支那(中華人民共和国)は中華民国を認めていない。
だから台湾籍と言うことは、支那籍の支那人と言うことにもなる。

これはとてつもなく重大な問題だと考えるのが当たり前である。

事の重大さが分かるからこそ、巷(ネットとTV放送)では連日大問題として扱っている。
それがこのバカ朝日でのこの小さい扱いは一体何なのだ。
もはやバカ朝日は日本国の新聞とは言えない。

人民日報の東京支社とも朝(鮮)日(報)などともいわれる由縁である。
こんなところで馬脚を現したかと、考えようによっては、日本国民にとって、その正体を知るよき証拠になったと喜ぶしかあるまい。


社会・政治問題 ブログランキングへ


とんだチキン野郎。バカ朝日・天災人語

平成28年(2016)8月19日(金)      平成25年9月ブログ開始 

とんだチキン野郎、バカ朝日・天災人語




平成28年8月17日(水)   東京本社版 朝刊 第1面 天声人語
天災人語の、イライラ振り、うろたえ振り、慌てぶりと、やけっぱち振りがよく解かるというものだ。
このブログ主にすれば、ざまーみろと溜飲の下がる思いだ。

こう書いている。


大統領選で批判の応酬が続く米国から、ずいぶんあらっぽい発言が聞こえてきた。クリントン氏の応援演説をしていたバイデン副大統領が言った。「核保有国になり得ないとする日本の憲法を、我々が書いたことを知らないのか」▼対立候補のトランプ氏が日本の核武装を容認したことに対する批判だという。米政府の要人としては異例で、無神経というほかない。


と、バイデンの証言行為に神経イラつかせているのだ。怒っているのだ。

現憲法はアメリカ人が起草し、日本に投げ与えたという屈辱の歴史的事実は先刻知れ渡っていることだが、その起草者の一味が、そのことを、今更ながらに明らかにしたことに対して神経イラつかせ、怒っているのだ。
倒錯しているのだ。
そして、つづけて、


それにしても「アメリカから押しつけられた憲法だから改憲すべきだ」と主張する人たちが歓迎しそうな話だ


と、悔しがり、取り乱しているのだ。

勿論バイデン副大統領は、日米戦争時の指導者ではないが、紛れもなくそれに繋がり、価値を同じくするアメリカ・エスタブリッシュメントの一人だ。
その彼が、トランプの無知を嘲笑い、非難しているのだ。

「我々の優秀な先輩たちが日本を叩き潰し、二度とアメリカに楯突かぬよう、闘争心と復讐心を去勢してやったのだ。知らないのか。キン玉のかわりに憲法をくれてやったのだ。去勢された日本はそれで満足しているのに、アメリカには反抗など一切しないいい子ちゃんなのに、何をわざわざ寝た子を起こすような事をするのだ。何をいまさらキン玉を再生してやる必要があるというのだ。トランプよ勉強しろ。おまえは国益を損なう気か。」

と。

だから、バイデンの演説を聞いたら、キン玉のある日本人ならば、「アメリカの馬鹿野郎」、「民主党の馬鹿野郎」と罵りの言葉が一つくらい出てもいいはずだ。
だが、バカ朝日にはそんな言葉はこれっぽちも期待できないのだ。
キン玉をなくして平気な男の集団だからな。
勿論、キン玉を潰された、去勢されたと言うのは闘争心と復讐心と言う機能を潰されたことの比喩である。
相変らず日本人は、その他の機能は旺盛だ。
経済大国であるもあるしオリンピックでも大活躍だ。
そしてアメリカのポチであることにおいてもだ。

だが、バカ朝日とて去勢されているとは判っている。
それでも、キン玉を再生しようとしないのは、憲法をもらって、それを守っているほうが喧嘩しなくたっていいのだから楽なのだ。
命をなくすこともない。
臆病者、腰抜け、チキン野郎、玉無し野郎、と言われたっていい。我慢我慢、譲歩譲歩、平和平和と唱えていればよいのだ。
いまに見ていろ、国家は無くなり地球市民の世界となるのだ。国家間の戦争など無くなるのだ。
勿論バカ朝日が共産主義者を育て、指導し、その暁には、その世界を彼等が支配するのだ。
今は、バカ朝日はその礎の一つなのだ。今はこの憲法を守るのだ。なくせば元も子もなくなるのだ。

てなところであろう。

そして、去勢されていると思いたくないために、悔しいから、言い訳だけはするのだ。

こう書いている。

▼日本国憲法が米国主導で生まれたのは事実だ。日本政府がまとめた憲法改正案が民主的でないとして、連合国軍総司令部(GHQ)が短期間で草案を作り直した。ただ、そのなかで日本の研究者たちの意見も参照されたといわれる▼元首相の故宮沢喜一氏がこう語っていた。「我々自身で産んだものでなく、とかく違和感はあったが……我々が憲法というものを育て、使い込んでいった部分があると思うんですね」(『対論 改憲・護憲』)▼

「米国主導」で生まれた?
完膚なきまでに叩き潰し、支配したのだ。生殺与奪の権を握っていたのだアメリカは。言うなら「米国の強制で生まれた」である。
媚米派宰相・宮沢、このアメリカに尻尾を振ることしかしかできなかった臆病者のあやふやな言を利用する姑息なバカ朝日。
あの宮沢もこう言ったぞと。それがどうしたって話だ。
そしてさらに、「玉無し」は俺だけじゃねえぞと、こう言うのだ。

そこから70年、憲法も、戦争放棄の9条も変わっていない。日本国民の判断である。

と。

最後には、うろたえた余り、日本の政治家にまで八つ当たりだ。

戦後の歴史を無視するかのようなバイデン氏の発言は傲慢(ごうまん)ともとれる。敗戦を思うこの時期、日本の政治家からはどんな声が出てくるか。まさか聞こえなかったことにするわけではあるまい。

バイデンは戦後の歴史を無視なんかしていない。出来るはずもない。戦勝国アメリカの政治家なのだから。
ただし、日本の平和運動なんかなら無視しているがな。
余りにも日本が見事に去勢されっぱなしなので、嘲笑っているのだ。
あるいは、GHQの対日政策が見事に成功しているので、慢心しているのだ。

それもこれも日本に責任があると思はないのか?
バカ朝日・天災人語は。




社会・政治問題 ブログランキングへ

言論封殺国への先導役・金子元希

平成28年(2016)7月11日(月)      平成25年9月ブログ開始 

言論封殺国家への先導役・金子元希




平成28年7月9日(土)   東京本社版 朝刊   総合2 第2面
いちからわかる!
ヘイトスピーチ対策法ができたの?
金子元希



今般のヘイトスピーチ対策法とやらで似たようなことを思い出した。
中学生の頃だった。
転校生がいた。こいつがどうしょうもない奴で、弱い者をいじめるは、ズルはするは、生徒の持ち物を盗んだりした。
みんな腹に据えかねてはいたが、自分が関わらぬようそいつを敬遠するばかりで面とむかって注意する者はいなかった。
腕力はなさそうだし喧嘩も強くはなさそうであったが、親がヤクザだとみんな知っていた。
ある時、いたずらをされた体力のある級友がつい条件反射的にそいつを蹴飛ばしてしまった。
蹴った級友は、しまったという表情を見せたが遅かった。その勢いで日頃のうっ憤も吐き出した。転校生の悪行についても罵ってやったのだ。
蹴られた転校生は反撃出来ずに、その場はそれでおさまったが、数日後のホームルーム時、担任の先生からこのクラスには暴力的で虐めるものがいる。
数日前も理由もなく蹴っ飛ばしたり悪口を吐いた者がいる、それは許さないと言う説教をした。
確かに暴言を吐き、蹴っ飛ばした。それは事実だ。
蹴っ飛ばした級友は先生から呼び出されて、とにかく暴力は振るうなとこっぴどく叱られたと言う事だった。

今回のヘイトスピーチ対策法とやらもこれに似ていないか。
転校生は即ち在日韓国・朝鮮人だ。先生に叱られた生徒は在特会だ。

それにしても、金子元希というバカ朝日記者によるこの記事の程度の低さはどうだ。

新聞記者なら目の前に現れている状況に至った理由を取材・詮索し、その理由を知らしめるべきである。
だがこう書いているだけ。

数年前から在日コリアンに向かって「日本から出ていけ」などと叫(さけ)ぶデモが、各地で行われてきた。その対策として、人種や民族の違(ちが)いから差別をあおるヘイトスピーチを「許さない」と明言した法律が国会で成立し、6月3日に施行(しこう)されたよ。

でその内容は、

「日本以外の国や地域の出身者とその子どもや孫に対し、差別的な言葉を浴びせて『危害を加えるぞ』と脅(おど)し、『地域から出ていけ』とあおること」。国や自治体にはヘイトスピーチをなくす責任があり、相談に応じたり、教育や啓発(けいはつ)に努めたりするよう求めている。

これなら小学生記者でも書ける。

人間社会には当然、ヘイト(憎悪)スピーチもヘイト行動もある。
ある者はヘイトスピーチの被害を受けたと言い、相手を告発する。された者は俺こそ被害を受けたから防御の為にも相手を罵ってやったのだという。
そしてそれは、裁判によってどちらに非があるか断じられ、非のある方がしかるべく処罰されるものだ。

それを一方のみに加担し、もう一方のみを縛る法律を作ったのだ。
こんな行為が、民氏主義の根幹である、思想・表現の自由を奪い、権力者の独裁を許す社会をつくると言う事に思いが至らないのか。

おまけにこんなことを平気で書くのだ。何の疑問も呈さずにだ。

ヘイトスピーチを繰(く)り返してきた団体が川崎(かわさき)市でデモをしようとしたら、横浜(よこはま)地裁川崎支部がデモを事前に差し止める決定を出した。新しい法律の施行前だったけど、その考え方を先取りしたんだ。川崎市も、デモのために公園を使うことを許可しなかった。団体は場所を変えてデモを実施しようとしたけど、反対する人たちに囲まれて、すぐに中止となったよ。

施行されてもいない法律を適用する。
これじゃ法治国家じゃない。

反対する人たちに囲まれて、すぐ中止となったよ。
だと。
何言ってんだ。国民の表現の自由が封殺されたのだ。
取り囲んだやつ、それを排除しなかった警察、ともに法を犯し、無視した犯罪者ではないか。

さらにこう書いてある。

ヘイトスピーチをした人の名前を公表できる条例を独自に作り、今月1日に全面施行となった。

おいおい、いつから日本はかつての密告・監視社会の共産主義地獄・東ドイツになったのだ。

かようにバカ朝日はバカであると同時に独裁国家を目指す工作、広報新聞でもあるのだ。

金子元希はその走狗だ。



社会・政治問題 ブログランキングへ

プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
352位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
92位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR