赤塚宏一さん、余計なお世話と非難されるだけですよ

平成26年5月23日(金)     平成25年9月ブログ開始
赤塚宏一さん、余計な御世話と非難されるだけですよ


5月22日(木) 東京本社版 第15面 オピニオン 私の視点
韓国船沈没事故 原因究明が最優先だ
国際船長協会連盟会長代理、元商船三井船長  赤塚宏一



<略>
海上経験の豊かなベテラン船長が、なぜあのような行動をとったのか。船長としての最も重要な義務を果たせなかったのは、なぜなのか。これまでの情報を聞く限り、そこが私には解けない謎として残っている。何らかの理由があるように思う。
なぜこんな事故が起きたのか。いかにしたら防げたのか。どうしたら再発を防止できるのか。今回の痛ましい事故で我々が学ばねばならないのは、この3点だ。
これは韓国だけの話ではない。安全文化を世界の海に定着させるために、全力をあげて解明してもらわなければならない。
その責務を果たすことが、失われた多くの若い命への、せめてもの手向けになるはずだ。それは船長や乗組員に全責任を押しつけて済む話でないことは間違いない。<以下略>


船長経験をお持ちになる赤塚宏一さんが、御一人の人間としても、国や人種を超えて、事故を我がことのようにお思いになり、棄ててはおけぬと案じられ、事故の原因を解明を熱望され、二度と繰り返さぬようその責務を果たさねばならぬと、「それは船長や乗組員に全責任を押しつけて済む話でないことは間違いない。」と仰ることも、
日本人ならばそうであろうと、日本人としては十分に理解できるところです。

しかしながら、小生、失礼のそしりは免れないと自覚しつつも、それは感情移入過多であり、勇み足であると申し上げざるを得ません。

「なぜこんな事故が起きたのか。いかにしたら防げたのか。どうしたら再発を防止できるのか。今回の痛ましい事故で我々が学ばねばならないのは、この3点だ。」
このことは、船舶運航上のことだけを指しているとおもいますが、彼等から失礼だと非難されるかもしれません。
それは、洪水の如き報道によって、原因は明々白々ですし、だから如何にすれば防げたのかも明らかです。どうしたら再発を防止できるのかも答えは子供にも分かるからです。
そうじゃなくて、その背景に迄踏み込んで原因を探るとするなら、これ又、彼等から余計なお節介だと非難されることでしょう。

今回の事故は、すぐれて韓国だけの、韓国ならではの話なのです。
問題は、始めから終わりまで、朝鮮人は、なぜこんな単純極まりない事故を、自らの手によって、その国韓国において起こしたのかと言うことです。
これは、すぐれて彼等自身が解くべき彼等の問題です。この先対処せねばならぬ彼等の問題です。
我々が関知するべき問題ではありませんし、敢えて言えば、してはいけない問題です。

事故の様子がTV画面で流され、目にするその悲惨さから、人としてつい感情移入、同情したり、悲憤にまで駆られたりします。
だからと言って我々がその元をあれこれ詮索してはいけません。
詮索で終わればよいのですが、どうしても日本人は持ち前の真面目さ、熱心さのあまり次の段階に進んでしまうからです。
其れを発表したり、進言してみたりするのです。即ち彼等からすれば余計なお節介です。
彼らの感情を害するだけです。
ぐっと我慢のしどころです。

赤塚宏一さんのこの「私の視線」も、「又日本人が余計な口出ししてるぜ」、「また韓国のアラを探そうとしてるぜ」
としか思われてないでしょう。
だって彼等の極めて大きな、日本人からすれば、いびつなプライドの問題でもあるのですからね。
それに謙譲とも寛大とも縁遠い人たちですからね。

いずれにしろ、
解明するには、どうしても朝鮮人の歴史、国民性、国情に踏み込まざるを得ません。
ですから他国人に正解を得ることは不可能に近いでしょう。
それでも、なんとか解を得たとしても其れは我々が、正解だと思うだけのことなのです。
金輪際彼等は日本人の言う解を了とし受け入れることはありませんでしょう。

朝鮮人に関しては、いや朝鮮人に限らずでしょうか、我々はただ黙って彼等がどうするかを見てればよいだけです。
日本人はそこから何かを学べばよいだけです。

それは歴史からも学びました。
沢山実例はあります。例えば、
「情けは人の為ならず」は、「ほれみろ、結局はお前の利益を計算しての親切じゃないか」としか解しません。
「朝鮮併合」、朝鮮への莫大なハード、ソフトの投資も、「豚を太らせて、しかる後に食う為」としか解しません。

勿論朝鮮人にも分かってらっしゃる方はいるとは思いますがね。

スポンサーサイト

ご主人様気取りのアメリカ人偽善女-その血塗られた顔を見よ

平成26年5月21日(水)     平成25年9月ブログ開始

メアリー・マッカーシー。ご主人様気取りのアメリカ人偽善女-
その血塗られた顔を見よ  提供:バカ朝日




5月20日(火) 東京本社版 第15面 オピニオン 私の視点X4
「慰安婦問題  米社会の見方知り対話を」
米ドレイク大学准教授 メアリー・マッカーシー



初っ端から、このアメリカ女は、
旧日本軍慰安婦の問題について、米国では2007年に下院が日本の首相に謝罪するよう求める決議を採択している。
と書く。

一体何の使命あってか、権利か義務があってか、日本の首相に謝罪せよと求めるのか。
この決議に、このアメリカ女は疑問を抱かないのか?

やれやれだ。
もう先の大戦が終わって70年にもなる。東京裁判と言う復讐劇を甘受させられ、GHQの進駐・占領もとっくに終わり、サンフランシスコ講和条約も締結された。
日本は独立を回復しているのだ。
と、大概の日本人は思っているが、おっとどっこい、アメリカ人からすれば全く違うんだよね。知ってはいたが、このアメリカ女の言ってることで再認識させられたよね。やっぱりかと。
アメリカに逆らい、戦争を仕掛け、敗れ去った敗戦国なんだよね。彼等が下に見る国、野蛮の国、不道徳の国,彼等の属国、指図できる国なんだよね、いまだにね。

こんな時こそ、首相は「余計な御世話だ。何様のつもりだ、内政干渉するな。馬鹿にするな。無礼者め」と首相談話を出すべきだったんだ。
其れも出来ぬほどに、牙を抜かれているんだよ、日本は、日本人は。ファイティング・スピリット無き日本だよね。
くやしいよね。腹たつよね。

さらに、バカ朝日:提供のこのアメリカ女は説教をする。

<略>
慰安婦の碑や像は韓国系米国人らのロビー活動により、10年にニュージャージー州で始めた設置さ、ニューヨーク州、カリフォルニア州と続いた。
日本の議員らは碑に刻まれた文言が事実ではないとしているが、こうした姿勢が米国で理解されるのは難しいだろう。
慰安婦問題の是非とは関わりなく、碑や像に対する米国民の見方が米国のアイデンティティーそのものの係わってくるからである。
米国では、核移民の歴史やそれぞれの先祖から受け継いだ記憶を碑や像で示すことは珍しくない。

<略>
設置することで過去の記憶をたどり、現在や未来にも思いをいたす。つまり、米国民の間で慰安婦の碑や像は、
日本への攻撃ではなく、韓国系移民の間で語り継がれてきた歩みの投影だとみられているのである。
撤去を求める日本側の姿勢が米国民の言論・表現の自由を侵すものとさえ解釈されるのは、こうした米国の
価値観が傷つけられたという思いが根底にあるからだ

<略>
慰安婦をめぐる米国での議論はいま、歴史的事実や法の枠を超え、ナショナリズムや女性の権利、
人身売買などあらゆる現代の問題に広がっている。

<略>
単に撤去を求めるのではなく、共に議論し、共に考えていくことこそが米国社会に快く受け入れられてもらえるはずだ。


アメリカ移民だろうが誰だろうが、どんな碑をたてようがどんな像を設置しようが知ったこっちゃない。勝手にやれ。
だがそこに嘘を書くな。嘘を書いている以上は絶対に許されない。
撤去要求するのは当り前である。

それを、アメリカにきて議論しろだって?何を偉そうに。
米国社会に快く受け入れられてもらえるはずだ、だって?
そんなにいい国か?そんなに正しい国か?お前の国は。
ま、その話はここでは止めておくが。

米国社会に受け入れてもらえるも何も、それ以前の話だ。
嘘は許されないのだ。いやアメリカ社会では許されるのか?ロビー活動があれば?
移民の語り継がれてきた歩みの投影だというなら、それが嘘であってもか?

こちとら平凡な一庶民、アメリカにいって議論するような、そんな時間も金もないから此処で書かせてもらうよ。

グレンデール市に設置された慰安婦像の隣には以下の説明書きの碑ががあるという。(ウィキペディアから)

平和記念碑
1932年から1945年の間に日本帝国軍によって強制的に性奴隷状態にされた200,000人以上の 韓国・中国・台湾・日本・フィリピン・タイ・ベトナム・マレーシア・東チモール・インドネシアの故郷から移送されたアジアとオランダの女性を記念して。
そして、日本政府がこれらの犯罪の歴史的責任を受け入れることを勧告する、2007年7月30日の合衆国議会による下院決議121号の通過と、2012年7月30日のグランデール市による「慰安婦の日」の宣言を祝して。
この不当な人権侵害が決して繰り返されないことが、私たちの偽らざる願いです。
2013年7月30日


強制的?性奴隷状態?20万人?だ、嘘つけ。捏造するな。
勧告する?下院決議121号の通過?独立国家日本に向かって何を偉そうに。アメリカこそ世界一の戦争犯罪国家のくせして。
恥を知れ。北米インディアンからはじまり、今までに何人の日本人、ベトナム人、フィリピン人、アフリカ人、アラブ人・・・を殺したのだ。
しかも原爆という神をも恐れぬ兵器を使ったのはお前たちアメリカ人だけだ。

アメリカ女よ、鏡を見て見ろ。屈託なく笑ってはいるが、お前のその顔には、今迄にお前の国・アメリカ人が殺した何百万、何千万のありとあらゆる人種の血がべっとり貼り付いているぞ。
そうかお前には見えぬか。憐れな奴だ。
アメリカ人には「心の目」と言うものがないからな。


いやー、ついつい偽善の文章に接すると頭に血がのぼってしまったよ。
ま、ボケの始まっている頭には丁度いい運動だ。
バカ朝日に感謝しよう。


バカ朝日の真実

平成26年5月16日(金)     平成25年9月ブログ開始
バカ朝日の真実



かねてより本ブログにて、
バカ朝日こそ「戦後レジュームの守護者」、「最大の敗戦利得者」だと口悪く指摘しております。


平成26年4月28日(月) 
お門違いをぬけぬけと。羊頭狗肉・天声人語

平成26年4月26日(土)  東京本社版  第一面 天声人語
では、

「ま、バカ朝日は戦後70年、アメリカ様と中共支那様の下僕でもある。」


平成26年4月25日(金)  
<戦後レジューム長者>

平成26年4月23日(水)  東京本社版  第一面 天声人語
では、

だからと言うか、表面ではアメリカ批判をいかにすれども結局のところは逆らえやしないのである。
それどころか、アメリカ様の御機嫌を損じるな、「戦後レジームからの脱却」なんてとんでもないと時の首相をさえ叩くのである。
この羊頭狗肉、天声人語も、「『戦後レジュームからの脱却』も、米国には刺激的だ。戦勝国が主導した戦後秩序を覆すつもりかと、と言う反応を招きかねない」とアメリカ様の顔色を伺い、最後には「ナショナリズム一辺倒では外交は立ちゆかない」などと言わずもがなのことを言って、利敵行為をなすのである。」


平成26年4月20日(日) 
いい加減にしろ。吉田貴文、石合力、大沼保昭、エズラ・ボーゲル
4月19日(土) 東京本社版朝刊  第15面 
インタビュー オピニオン  「ジャパン・アズ・ナンバー3」 米ハーバード大学名誉教授  エズラ・ボーゲルさん
では、

それにしても、こんなオッサン・アメリカ人を知日派などと言って有り難がる日本人って必ずいるんだね。
思い出したぜ。マッカーサーが日本統治の任を解かれ、帰国するとなった時、『吾等の偉大なる解放者』様と賛美した者、『あなたの子供が産みたい』とまで言った者もいたことを。」


平成26年2月26日(水)      
御主人様の御機嫌を損ねるな

平成26年2月20日(木)  東京本社版 第1面  
時時刻刻
では、

「バカ朝日の言いたいことは、
御主人様は失望なさっているぞ、「苦々しい御表情」をなさってらっしゃるぞ、怒ってらっしゃるぞ。。
御主人様の許しも得ないで何で勝手に靖国なんかへ行ったのだ。
罪人には先祖の霊に哀悼の意を表するなんて行為は許されないのだ。
有事の際には軍を出してお助け申し上げますなんて言ってもだめだ。調子に乗るんじゃない。

日本国民よもっと恐縮しろ、反省しろ。」

等々。

所で、今しがた、評判になっているベストセラー「英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄」(ヘンリー・S・ストークス著)
を半分くらいまで読んだ。




71,72ページにこうある。

<span style="color:#990066">マッカーサーは、日本の「将軍」を気取っていた。しかも実際の将軍と異なり、その権限は正に全能で、神のようであった。
神の御業の地上代行者と過信して、天皇も含めて、全ての被造物を意のままに操る、まるで創造主であるかのようにふるまい、国際法も一切遵守することなく占領政策を策定し、推進した。
・・・<略>…
ところが、朝日新聞をはじめとする当時の日本の新聞は、マッカーサーを生き神のように進んで賛美して、崇めた。
日本の新聞には、ヒトラーや、マッカ-サー、毛沢東を崇拝する体質がある。


74ページには、

ところが、今日、日本の大新聞や、文部科学省、教員をはじめとする多くの日本国民が、占領時代の卑屈な態度が身に沁み込んで、東京裁判史観を受け入れて、占領政治がよかったと信じているから、マッカーサーは大きな成果を上げたと言える。
今日の日本はいまだに、マッカーサーの日本である。


とある。

いやー実に見事に言い当てて下さってるではないか。
この著者は、滞日50年、「フィナンシャル・タイムズ」、「ロンドン・タイムズ」、「ニューヨーク・タイムズ」の各東京支店長を歴任なさった、とある。
英国の、かつての戦勝国の方、エリート西洋人、といえども解かる人は解かって下さるるもんだと感心した次第だ。

社会・政治問題 ブログランキングへ

バカ朝日が「排他」の対象にされるのはなぜか?

平成26年5月13日(火)     平成25年9月ブログ開始

バカ朝日が[排他]の対象にされるのはなぜか?

平成26年5月2日(金)  東京本社版  第14面
社説   朝日支局襲撃「排他」に立ち向かう

びっくりしたね。あきれたね。この社説には。
27年前朝日新聞支局が襲撃され、記者が殺されたことに絡めて、反韓・反支那のデモを行う人達をおとしめ、攻撃するのである。
深刻なのは自分たちと違う価値観の人々の存在そのものを否定し、攻撃する動きが勢いを増していることだ。
とあって、
その存在そのものが否定されている対象者として
「『特権』があるとされる在日コリアン」、
「朝鮮人の為に四国遍路道に4000枚ものステッカー貼ってた韓国人」、
「本や、一部メディアで嫌悪感をもって語られる韓国人、中国人」、
「京都でヘイトスピーチをなしたとして市民団体を訴えた在日朝鮮人たち」
を挙げている。

ではなぜこれらの対象者は価値観が違うと認識され、それゆえに否定され、攻撃されるのか?
バカ朝日はその簡単な根本を検証しない。してるけど書かないのか?
それもしないで、理不尽に攻撃される人たちを守る側に立つことはもちろんである、などとうそぶくのである。

まづ、
「『特権』があるとされる在日コリアン」。
戦前戦中戦後に日本にやってきて住み続けている朝鮮人は在日一世(もうほとんどいなくなった)、二世に加え三世、四世迄もいる。
中には日本に帰化した者もいる。これは日本人だ。問題はない。
が、三世、四世になっても帰化せず、かといって本国の朝鮮、韓国に帰る気もなく、日本に住み続け既に沢山の特権を得ているのに日本人と同じ権利をよこせ、同じ待遇をせよと言う彼等。
現に「特権」があるのに「特権があるとされる」と言う朝日のバカ表現。
これはYOUTUBEで見たが、三世の在日韓国人女性が「日本は日本人の為だけのものじゃない」とまで言っておった。
駅前の一等地では堂々と博打が、パチンコ業が営まれ多くの日本人がパチンコ依存症なる精神の病に陥っている。
その経営者の大多数は在日韓国・朝鮮人とその帰化人ではないか。
パチンコ業者は一例だが言えばきりがない。
こんな彼等が日本人から否定され攻撃されるのは当然であろう。

そして、
「四国の遍路道にステッカーを張った韓国人」。
これは、<u>本ブログ平成26年4月12日(土)素粒子オヤジのネット社会をなめた一人よがり で書いた通りだ。
こんな手前勝手な韓国人は日本人の常識、行儀作法からして否定され攻撃されても当然だ。

つぎに、
③「本や、一部メディアで嫌悪感をもって語られる韓国人、中国人。
彼等の振舞い、かの国の振舞い、日本人に否定され攻撃されても当然ではないか。
支那人は日本の領土尖閣を自分達のものと言い、奪いに来ているではないか。今は小休止の状態ではあるが。
竹島は韓国に奪われたままである。
つい最近では、商船三井のタンカーが支那に差し押さえられ、何十億円と言う金が脅し取られたではないか。
北朝鮮に拉致された被害者はまだ全員帰ってこない。この朝鮮人犯罪はまだ法廷で裁かれもしないし断罪されてもいない。
こんな朝鮮人、支那人を声をあげて否定し、攻撃しなければ、しないほうがおかしい。共犯者になるじゃないか。

最後に、
「ヘイトスピーチをなしたとして京都の市民団体を訴えた在日朝鮮人たち」
それは公共の公園を我が運動場のごとく使用している朝鮮人学校の設備(その公園にある)を実力で排除した行為が訴えられたわけであるが、もとはといえば、在日朝鮮人の「図々しさ」が原因である。

こんな一連の彼等を、攻撃し糾弾する「在特会」等の正規デモに対し、レイシストと罵り中指を立てて妨害し、さらにデモ参加者を取り囲んでこずきまわすと言う暴力を振るっているのが「しばき隊」と称する暴力集団だ。
その悪行の実態はネットのYOU TUBE等から簡単に知ることができる。
だが、バカ朝日はそんな暴力集集団の実態を指摘、暴くどころかその主力メンバーを紙上で差別と戦う勇者のごとく持ち上げるのである。
もう何をか言わんやである。

動があれば反動がある。
現象には原因がある。
最初の動は彼等の行いであり、現象の因も彼等の行いである。

そしてこんな的外れの社説を掲げるという「動」をなしているからこそ、バカ朝日は国民に振り返ってもらえず、それどころか「排他」の対象、即ち発行部数減の対象ともなるのである。


社会・政治問題 ブログランキングへ

箱田哲也氏の幼稚工作記事

平成26年5月7日(火)     平成25年9月ブログ開始
箱田哲也氏の幼稚工作記事


成26年5月7日(火)  東京本社版  第8面
社説   余滴  箱田哲也
韓国の悲劇 隣人として



箱田哲也。相変わらずピント外れの文章をお書きになるお方だ。
なんて小生言わないよ。
箱田氏は全て承知の上で書く工作記事作者だ。
純朴な読者はまだまだ騙されるであろうな。

マスコミ報道から、或いは友人知人、世間の人々の会話からしても、ほぼ全てと言って良いくらいの日本人が今回の韓国フェリー沈没事故への対応ぶりを見て、韓国人を、失望を通り越して「嘲笑」「憐憫」の対象としていることがアリアリだ。

竹島不法占領、強制連行慰安婦でっち上げ、大統領の我が国首相への極めつきの無愛想礼儀知らず、サッカー試合における不埒な振舞い等々、挙げればきりがないが、日頃の日本人のうっぷんの大きさがわかると言うものだ。
どうも箱田さんと言うかバカ朝日記者はそんな日本人をお気に召さないようだ。

先ず、「人々の心に与えたダメージと言う点で、今回の事故は東日本大震災に似ているかもしれない
って?
沢山の同胞の人命が失われたという点では同じであろうが、心的ダメージの内容は全く違う。
一方は、その発生後の対処の仕方によっては救われた人命もあったのにという悔悟もあったが、地震国の我々の日頃の心構え、覚悟を超えた、何千年に一度かの予測不能の巨大地震と言う天災だ。
諦観をともなう。

が、もう一方のフェリー沈没事故は100%人災だ。自業自得もいいところだ。
其れを似ているかもしれない等と何寝言を仰ってるのか。
いやいや寝言じゃないよね、工作文だ。

沈没事故後、日本の支援要請を韓国が拒んだと一部で言われるが、日本政府当局者は『日本にも他国にも謝意は伝えられたが、返事はないまま。それほど余裕がないのだろう』と理解を示す。」
だってさ。
本当に日本政府当局者はそう言ったのか?本当に日本政府当局者はそんな理解を示したのか?
嘘だろ。信じれるはずないじゃないか。
なんせ、日本の支援要請を韓国が拒んだと、大方のマスコミが其れを報道していたではないか。それなのに、一部で言われるが、などと嘘を書いてるのだからね。

文の最後は、
怒り、悔い、疲れ果てた韓国に、隣人として何ができるだろうかと自問している。
としめる。
工作記事此処に極まれりだ。
バカ朝日記者は記者ではない、もちろんジャーナリストではない。工作記事をもっぱらにするただの反日工作員だ。

お得意の印象操作記事

平成26年5月1日(金)     平成25年9月ブログ開始

お得意の印象操作記事

平成26年4月28日(月)  東京本社版  第一面
排除の理由1   「お断り」ここにも

一体何なんだこの記事は?小生怒りを持って書くよ。
こんな嘘くさい記事読むの久しぶりだ。
やらせ記事?創作記事?出来レース記事?仕込み記事?
何とでもいってやる。

此処に登場する東京都内の高校3年金居弘樹くん(18)の話。
これが真実なら金居くん、君、頭大丈夫か?
都内の高校生で18歳でアメリカ留学もした。
で、日本びいきで三度目の来日のアメリカ人の親友を浅草へ案内した。
昼時間に老舗のてんぷら屋へ案内した。5分も待たされた。
そりゃそうだろう最も忙しいかきいれ時だ。
で、入り口に「Japanese Only」の張り紙が
其れを見て「やめたほうがいいかな」って思ったんだよな?アメリカの友人は悲しい表情、だったんだってな?それでショックを受けて店に入らず帰宅したんだってな?

おいおい、浅草といや、外国人観光客がもっとも沢山訪れるであろう観光名所だよ。
外国人をお得意さんとする街だよ。「Japanese Only」とあれば、「日本語のみしか話せません」と言う意味に決まっているだろうが。
きみ、アメリカに留学していたほどに英語得意なんだろ?
そうだよ、君は知ってるはずさそれくらい。Japaneseが日本人という意味だけではないくらい。
それをバカ朝日記者が意図して、金居くんは「日本人だけ」と解釈したゆえに、ショックを受けて悲しくなって入らずに帰宅したと書いたんだよな。

「日本人だけ」という張り紙を出して外国人を排除している、差別していると言う印象を与えるためにね。
君も事情はわかっていたはずさ。協力したのかい?バカ朝日記者に?たぶんそうだろう。
バカ朝日は得意なんだな。こういう創作が。操作記事が。仕立て記事が。

このバカ朝日記者は、しつこくこうも書く、てんぷら屋が、「Japanese Language Only」と言う張り紙に変えたのを「日本人だけ」が「日本語だけ」になったと。

いずれにしろ、浅草のてんぷら屋さんの「排除の理由」は明確になった。店主に直接尋ねたんだからね。
忙しい時には日本語のできない人はお断り。でないと、この不景気時商売にさし障るから。
特に中国人、店内でのその振舞い自体が商売を成り立たなくさせる恐れがあるから。

この「排除の理由」をどう考えるんだ?バカ朝日の記者よ。
如何に忙しき時間帯であっても日本語のできない客を、あるいは営業妨害的行いをする客であっても断ってはならないと言うのか?


社会・政治問題 ブログランキングへ

プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
410位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
107位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR