大野博人論説主幹さん、いい加減にしませんか?

平成26年6月26日(木)       平成25年9月ブログ開始
野博人論説主幹さん、いい加減にしませんか?
「ゆすり・たかり」にお付き合いするのは。



 <u>平成26年6月24日(火)  東京本社版  第15面
オピニオン欄
日韓の緊張 メディアの役割
対談 論説主幹 大野博人  東亜日報 黄某

大野論説主幹さん、もういい加減にしませんか。
韓国・朝鮮人の「ゆすり・たかり」にお付き合いするのは。
それとも「ゆすり・たかり」だと言うのがわかってないのかな。

そりゃ彼等は、その道のプロですから脅迫・脅し用語なんて使いませんよ。
北朝鮮みたいに「東京を火の海にするぞ」なんてね。
先ず言いがかりを付けるんですよね。
因縁を付けるんですよね。
被害を受けた、被害を受けた、どうしてくれるんだ、どうしてくれるんだとね。
そして彼等のそのネタは、100年一日の如く同じ。日本の侵略と国権剥奪、韓日強制併合、植民地支配。
具体的には、例の、えっと、何だったかな?十大搾取だったかな強奪だったかな?土地、人、米、名前、資源?思い出すのも面倒です。
これらを奪われたと、気が狂った如くに言い募っていましたよね。彼等韓国・朝鮮人は。

ところが、本をあまり読まない一般日本人も、特にネット時代の若者は、TVや読みやすい嫌韓本に加えて、ネット上で、
それらが嘘であると論破されているのを目にし、真実を知ることとなりました。
嘘つき韓国・朝鮮人に愛想を尽かし、と言うか白けてしまいました。「相手にしてらんな~い」とね。

日本人は朝鮮人をただの一人も虐殺なんかしてないじゃないかと。
日本人は何にも奪ってなんかいないじゃないかと。
日本はカネ、ハード、ソフトを与えて面倒を見てやったんじゃないかと。
今日の繁栄ぶりは日本の御蔭じゃないかと。
軍による慰安婦強制連行なんたなかったじゃないか、朝日新聞が嘘ついただけじゃないかと。

だからこの対談でも黄某は、そのウソの具体的被害例として、慰安婦としか言わない。
以前だったら必ず、日本軍によるとか強制連行とか性奴隷と言う言葉をつけていたのにね。
苦し紛れと言うのか、かわりに「米グレンデール市の少女慰安婦像」を持ち出してまっせ。
韓国・朝鮮人の企画制作、自作自演のね。

そして金某は、自社新聞が嘘をネタのゆすり・たかりを扇動、加担している癖に、新聞は「大衆の心から離れた論調出来ぬ」と詭弁を弄する。
大野論説主幹も甘いと言うか、おバカさんなのか。「嘘を書いて国民を扇動するな、そんなのは新聞の役割ではない」と非難しないのだ。
せいぜい、「政権の振舞い相対化する報道を」なんてお茶を濁す。
黄某の言い分は政府と関係ない。典型的朝鮮人のゆすり・たかりだ。

今回この対談でも黄某はしっかり、「ゆすって・たかって」得たいものの具体例を一つ取り上げている。
平昌五輪。

要する、ヒト・モノ・カネ、ソフトを出せ、というのを、こう言ってます。
日本は長野五輪の経験もあるので、力になってくれると思います。平昌五輪の時に東京五輪のPRをたくさんしてウィンウィンの関係になればいいですね」。
これなら「ゆすって、たかって」いるようには決して聞こえませんものね。
繰り返しますが、「ゆすり・たかり」には脅迫の言葉が必ずしも使われるわけではありません。特にプロはそれを使いません。

永きにわたって、彼等の望むところではなかったでしょうが、支那王朝に隷属した属国の民であったばかりか、
加えて李王家とか言う同族の苛斂誅求の支配を受けてきただけはあります。
勝った負けたを過剰に意識する振舞い、常に裏をかこうとする行動、面従腹背、詐欺、騙し、脅し、唆し、お為ごかし、甘言、過剰へりくだり等々のテクニック。
決して日本人には真似できません。

大野論説主幹さん、いつまでこんな手合いを相手にするの?
それとも利用しているつもり?


スポンサーサイト

脳学者の脳は単純・茂木健一郎さん

平成26年6月20日(金)      平成25年9月 ブログ開始
脳学者の脳は単純・茂木健一郎さん

 平成26年6月19日(木)  東京本社版 社会面 第38面集団的自衛権を問う
「普通の国」失敗の歴史
脳学者 茂木健一郎さん(51)

脳学者?だから何だと言うのか。脳学者だから言ってることが有り難いのか?正しいのか?バカ朝日の聞き手・藤生明さんよ。
この脳学者の脳内の、何処で、いつ植え付けられたのか知らないが、その負け犬・自虐意識、劣等意識、そこから来る反省主義。
そんなものを撒き散らさないでくれ。

初っ端からおかしい。
「明治維新以来、日本は周回遅れの「普通の国」をめざして、失敗してきた。」
そして、
先へ先へと進んでいくなかで行使を認めることは、日本がまた周回遅れの「劣化コピー」に走り、過ちを繰り返すことにならないか。
と言う。
「普通の国を目指してきた」
だって?
どうしてそんなことが言えるのか。
そもそも「普通の国」って一体なんだよ?
そんな国がこの地球上にあるのか?あったのか?みずから「我が国は普通の国」だなんて言ってる国があるのか?あったのか?
勝手な事を言うものではない。

明治維新を成し遂げた指導者、志士達に、当時の日本人達に「普通の国」意識なんかあるはずないじゃないか。
日本の反対側にある西洋の国々は確かに、巨大な船を仕立てて反対側の日本にやって来れるほどに強大だ。
同じ技術を持たねばやられてしまう。弱ければ、賢くなければ奴隷にされてしまう。彼等を知り、学ぶべきは学ばねばならぬ、と意気軒高であったのだ。
それを、
周回遅れの「普通の国」をめざして、失敗してきた。植民地にされるとおびえ、西洋文化を輸入して富国強兵に突き進んだ。」
と言うこの愚弄的自虐的単純表現。どうにかならぬか?
何を偉そうに、後世の人間が。

おまけに、
中韓との歴史問題という負の遺産を抱え込んでしまった。
とまでも言う。
この「負の遺産」なる言葉。
そんな簡単な言葉ですむ話ではないであろう。この日本をめぐる過去100年の歴史を考察すれば。
それを何の躊躇もなく、「負の遺産」だとこの脳学者他多くの日本人それもインテリと言われる者達がオウムのように規定して自虐する。切って捨てる。
脳学者の脳ってどれほどに単純なのだ?どれほどに洗脳されやすいのだ?

脳学者はそのくせ、
「行使容認に一から反対しているわけではない。議論の余地はあるだろう。」と逃げを打ち、
「ただ、安倍政権が放つ政策は全体としてあまりに守旧的で、極端な思想をもつ人々に支持される方向に向かっているように見える。
最近の安倍さんは、日本の繁栄にあまり関係しないことばかりに熱をあげていて、非常にもったいないなと感じている。」

と、気使ってみせる。

この脳学者の脳には、単純に洗脳される領域に加えて危険回避とゴますりの領域はきちんとあるらしいな。
でも、思考の根本が、その思考のスタート・ラインが間違っている以上意味ないのよね。

社会・政治問題 ブログランキングへ


編集委員・北野隆一は暴力幇助の反社会的人物

平成26年6月18日 (水)      平成25年9月ブログ開始

編集委員・北野隆一は暴力幇助の反社会的人物だ


 平成26年6月14日(土)  東京本社版 第二東京 第28面
ヘイトスピーチを考えるシンポ
差別温存の社会にメス必要  レイシズム許されぬ空気を


編集委員・北野隆一による上記記事については、本ブログ6月15日に取り上げた。
以下はその第2弾である。

念の為、このシンポ(と称するもの)の論者の一人である寺脇某のブログだかツイッターで、その集会の記録動画を見た。
驚いたねってもんじゃない。
まず、シンポジウムと言うからには、司会者の冒頭説明があり、続いて論者が論じ合う、見物者も交えて論争する、討論するとばっかり思っていたが、
まったく違うじゃん。
はなから、最近の「反在日韓国・朝鮮人デモ」がけしからんと訴え、戦うぞ、戦おうぜと言うばかりの仲間内の決起集会だ。
シンポジウムだなんて嘘つくな、である。
何故に自分達はヘイトされようとし、拒否されようとするのか、何故何故何故。そのことに対する言及、追求、問い掛け、考察、討議・討論ゼロ。
原因が認識できなくてどうして解決できる?
馬鹿か。ええ年こいた大人が4人も5人雁首揃えて。
それともヘイトだのレイシズムだのを看板に人集めする新しい利権商売か?

更にとんでもないのは、この論者同士がくっちゃべる偽(にせ)シンポを始める前に、
当局の許可が下りている合法デモ「反在日韓国・朝鮮人デモ」に対してカウンターなる威力妨害行為を行っている「クラック」(それまでは「しばき隊」と称していたのを改称したそうだ)なる団体の主導者が如何にデモ妨害を行ったかの報告があった。
それに続いて、その「クラック」(そう言えば、「クラック」ってひび割れ、コカイン麻薬、ネット上で悪さをするというロクでもない意味だよね)なるものに付随する「男組」なる暴力装置、武闘班の、高橋という頭目らしき人物が、堂々と、今まで暴力と脅迫でデモに対抗してきた、これからも遠慮なく暴力を振るうぞと、犯行宣言までしている。

北野隆一はこのことを一切書かない。

確かに、男組高橋YOUTUBE、とキーを打てばたちどころにこの高橋やらとその仲間がTシャツから刺青をのぞかせてデモ参加の一般人に暴力を振るう様がぼんぼん出てくる。

こりゃー、辛淑玉(シンスゴ)なる朝鮮女が主催するこの集会は反社会的組織の協同謀議活動ではないか。

こんな集会・活動を、バカ朝日の北野隆一は協賛し、紙上で広報しているのだ。
ということは、まさに、北野隆一なる記者は、暴力扇動に加担する反社会的人物である。
高橋某共々、警察による事前の暴力犯罪予防検束者の対象となるのではないのか?

バカ朝日は、自からを、社会の公器などと称しているが、詐称もいいところだ。
厚顔無恥の反社会的活動もここに極まれりだ。

社会・政治問題 ブログランキングへ

ビビり作家池澤夏樹

平成26年6月17日(火)                     平成25年9月ブログ開始
ビビり作家の池澤夏樹

平成26年6月3日(火)   東京本社版夕刊第3面  文芸・批評
終りと始まりと   ■死地への派遣  国家に権限はあるのか 池澤夏樹

池澤さんについては、本ブログにて以前に取り上げたことがある。

平成26年1月11日(土)の            
下らん。池澤夏樹。
平成26年1月7日(火)東京本社版夕刊    第3面 文芸批評
終わりと始まり
池澤夏樹
独裁と戦争

だ。

そして今回。
何だろねこの人。申し訳ないが、この文章からは池澤さんが超の付く臆病者だとしか伝わってこない。
臆病と言っても色々ある。きっと肉体的苦痛が大嫌いな、殴り合いを伴うような喧嘩は絶対に避忌するタイプだな。
修羅場は御免とさっさと逃げ出すお人だ。或いは殴り掛ってこようとする相手にへっぴり腰で、グダグダ言い訳や説教を垂れるのだ。

人によっては、自分の肉体が傷つけられるかもしれないのに、躊躇することなく喧嘩に打って出ることの出来る人もいる。
勇気があると言うのか、血の気が多いと言うのか、無鉄砲と言うのか。
人、様々だ。
かくいう小生は残念ながら、殴り合いだの、肉体が傷付けられるなんてのが大嫌いな臆病者タイプだ。ホント血を見るのが怖い。
大多数はこんなタイプであろう。

池澤さんは、そんな御自分の性向を打ち明けるのが怖いのか、かわりに色々と臆病者の屁理屈、弁明、を並べたてるのだ。

見出しからしておかしい。
「■死地への派遣 国家に権限はあるのか」だってよ。
そんなもん国家の成員たる国民がそう決めれば(法律を作った上で)権限はあるに決まってるではないか。

更に、
「道理は引っ込むしかないのか?道理のいくつかを述べる。」
とか、
集団的自衛権によって自衛隊員の死亡率はぐっと上がるよ。怖いよ怖いよ。
とか、
「国家には選ばれた一部の国民を死地に派遣する権限があるのだろうか? 」
とか、
「今の自衛隊員は憲法第九条があることを前提にこの特殊な職に就いたはずである。」
とか、
「イラクに派遣された自衛隊は一人も死なず、(たぶん)一人も殺さずに戻った。憲法第九条が彼らを守った。
それでも帰還隊員のうちの二十五名が自殺したという報道がある。一般公務員の一・五倍と普段から自殺率の高い職場ではあるが、イラク後はそれが一桁上がった。戦場の緊張の後遺症が疑われる。」

とか。
そうだろ、おいみんな。聞いとくれよ、俺の言う通りだろ。と、もうビビりまくりの説教だ。

しまいには、外務省の役人はずるい。自分等は血を流さないで済むんだからな。なんて恨みつらみを述べる。
少しでいい。ええ年こいた大人として、もうちょっと建設的な意見を言えないのか?

出来ないなら、はっきり言えば良い。
私は肉体を傷つけられるのが何よりも怖い。殴り合いのケンカなんて大嫌いだ。それが避けられるなら、仕方ない、敵に100%譲歩する。最終、奴隷になったって構わない。
私を兵隊に引っぱらないでくれ。
憲法九条は絶対に守る。だから誰も喧嘩なんか仕掛けないでくれ。武力紛争起こさないでくれ。
とね。

だが、それで世の中渡れるなら誰も苦労はしないよ。

社会・政治問題 ブログランキングへ

北野隆一はジャーナリスト失格

平成26年6月15日(日)     平成25年9月ブログ開始
北野隆一はジャーナリスト失格
ホンマにシンポジウムだったんかいな?


平成26年6月14日(土)  東京本社版 第二東京 第28面
ヘイトスピーチを考えるシンポ


北野隆一さん、一体これは記事なの?
辛淑玉さんとやらの「ヘイトスピーチってなに? レイシズムってどんなこと?」と題して語り合ったってんだけど、ここで、司会者とその横に並んでいる論者かパネリストなのかは知らぬが、写真の方々は一体何をヘイトスピーチと、レイシズムと言ってるのか?
勿論言葉の定義ではありませんよ。この時節、誰のどんな行為をヘイトスピーチと言い、レイシズムだと言ってるのか?
まづそれを、ここにきちんと、書くべき知らすべきではないのか。

次に、シンポジウムっていうんだから、論者から意見が出され(見たところ共通の意見の持ち主ばかりのようだが)、会場からも意見を募り、全体で討議されたものと思うが討議、討論はあったのか?どうなんだそこいらは。

そして、討議で出された意見のうちからこれが正論だと北野さんが判断した意見を、その判断根拠を示した上で、その視点から、この集会を記事にすべきでしょ。
これなら貴殿はジャーナリストなんだからO.K.ですよ。

所が、そんな内容、記述が全くないもんだから、一方的なプロパガンダ集会の報告に過ぎないとしか判断できないではないか。
司会者および論者のお仲間への応援記事、プロパガンダ記事に過ぎないではないか。
そして勿論、最近おおはやりの、反在日韓国朝鮮人デモに、バカ朝日読者をして何となく反感を抱かせる、扇動工作記事にしか過ぎない。

ほんとにシンポジウムだったんかいな。

バカにしないでよ。バカ朝日さん。バカ朝日読者を。

社会・政治問題 ブログランキングへ


バカ朝日よ、慶賀すべし、「南京大虐殺」ユネスコ記憶遺産申請

平成26年6月10日(火)     平成25年9月ブログ開始
バカ朝日よ、慶賀すべし、「南京大虐殺」ユネスコ記憶遺産申請



平成26年6月8日(日)  東京本社版  第2面
日曜に想う  特別編集委員 山中季広

また、山中季広さんか。
本ブログの平成25年9月30日(月)で取り上げさせてもらったことがある。

なにトロイことを仰ってるの特別編集委員 山中季広さん  
と言う表題であった。
その、
平成25年9月29日朝刊(東京本社13版)
日曜に想う  特別編集委員山中季広
の中で、山中さんは、

北京大学の教授に、日本も(中共支那の空の汚染の)発生源でしょう、と言われて、
意外だった、ナイーブ過ぎたようだ

なんて書くものだから、これほどにノー天気な人でも朝日の記者は務まるのか?
と小生書いた。

今回もやっぱり同じ小生の感想だ。
なにトロイことを仰ってるの特別編集委員 山中季広さん  
だ。

今回ユネスコを訪ねたのは職員の嘆きを聴くためではなかった。今週の12日に日本からの申請分が決まる世界記憶遺産を取材するのが目的だった。
とある。
朝日記者ってこんなことでユネスコを訪ねることが出来るのか。
ヨーロッパまでの飛行機代も決して安くはあるまい。
ま、ユネスコ訪問だけの取材旅行ではあるまいからこれ以上言うまい。

問題はこれだ。
聞いて驚いたのは、中国の申請した2件である。南京大虐殺の記録と従軍慰安婦に関する記録だという。慰安婦は韓国が検討中と聞いていたので、中国からの申請は予想外だった。
いまの中国には、自国の「正」の遺産に光を当てることよりも、敗戦国日本の「負」の遺産を世界に知らしめることの方が優先するのだろうか。
できれば今回は、甲骨文字とか焚書坑儒(ふんしょこうじゅ)とか、何であれ日本のからまないものを申請してもらいたかった
。」

山中さん、何を驚くことがあろうか。
いやホントに驚いたのだろうか?
そんなはずはあるまい。
でないと記者失格だ。
しおらしく、はじめって知った、意外だととぼけて見せてるだけだろ。
おまけに、「何であれ日本のからまないものを申請してもらいたかっ」たと、嘆いてみせる。
えぐいのー、売文の徒は。
つい最近のハルビンの安重根記念館。アメリカにおける慰安婦性奴隷記念碑設置等々。
支那・韓国、習近平、朴クネの日本毀損共同行動からして当然予想されることであろうに。

そして、何を嘆くことがあろうか。朝日の記者だろ。
あんたの先輩の本多勝一記者が、かの有名な記事「中国の旅」で、「南京大虐殺」として日本人に知らしめた、
その「大虐殺」がユネスコに世界の記憶遺産として申請されたのだ。
慶賀すべきことだろ。新聞記者冥利に尽きるだろ。
登録された暁には、祝ユネスコ記憶遺産登録として、祝賀キャンぺーン記事が出るんだろうね?
期待してるよ。

そしてこっちの方がもっと問題だが、
この山中季広さんは、南京事件を未だに、「敗戦国日本の『負』の遺産」というのだ。
もちろん、小生とても当時の南京にいたわけではないから、大虐殺が事実ではないとは言えない。
しかし、大虐殺があったとする言説に対して、その後に出版された、緻密で、合理的で、真摯な内容の「大虐殺は無かった」とする数多くの検証本、研究本を読めば大虐殺を否定するしかない。

山中季広さんが大虐殺を否定できないとするなら、それら検証本、研究書に対して反論を書いたらどうか。
それが出来ぬなら「負」の遺産などと軽々しく言うのは慎むべきであろう。

所で今回、山中季広さんの顔写真が載っていない。
平成25年9月29日朝刊(東京本社13版)の時には載っていたのにね。
さすがに今回の記事読んだ読者には間抜け面にしか見えぬであろうから、ためらったか?
小賢しいのう。臆病者め。

社会・政治問題 ブログランキングへ


プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
410位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
107位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR