阿久津篤史にかかれば、ボランティアは社会の悪

平成28年(2016)7月22日(金)      平成25年9月ブログ開始 

阿久津篤史にかかれば、ボランティアは社会の悪





平成28年7月22日(金)   東京本社版 朝刊   社会 第37面
ニュース3Q
東京五輪ボランティア像「ただ働き」の声も


阿久津篤史によるこの記事。
なんだろね此の馬鹿げた内容は。
このブログ主は朝日新聞をバカ呼ばわりしているが、その理由が、こんな記事をしょっちゅう読まされるからだと今更ながら認識した次第だ。

2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会がボランティアを募っているのだが、其れにイチャモンをつけているのだ。
近代オリンピックがヨーロッパのブルジョア好事家によって始められた、正にボランティアによるアマチュア・スポーツの大会であることは言うまでもない。
現代では、オリンピックはほぼ完全に商業主義で運営されているが、当初のようにボランティア精神を発揮できる場も残しているのだ。
そして今も、その為に、主催者側がボランティアを募っている。

今回も、ボランティアの具体的条件はこうですよと説明している。
ただそれだけの話である。

ボランティアだ。その労働は無償即ちタダに決まっている。
無償で働ける人、手伝って下さる人来てくださいと募集しているのだ。

それがどうして「東京ボランティア像『ただ働き』の声」もって見出しになるのだ?
それに、「ただ働き」ではと反発の声があがった。」とあるが、本当にそんな声が上がっているのか?
もしそんな声を上げる者がいればその者の不見識をこそ問うべきであろう。
更にしつこく、「『ただ働き』と受け止められる声が出てくるのは何故なのか」と頓珍漢なことを書いている。
まるで無償の労働を求めることが反社会的で、悪事の如くに。

阿久津篤は、如何なる労働も対価を伴わねばならない、労働を搾取してはならない、されてはならない、とかいう共産主義の思想に毒されているままなのだろう。

こんな記者によって記事が書かれている。
バカ朝日読者の不幸だ。


社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト

民主主義社会の敵・バカ朝日

平成28年(2016)7月21日(木)      平成25年9月ブログ開始 

民主主義社会の敵・バカ朝日




平成28年7月18日(月)   東京本社版 朝刊   社会 第34面
鳥越氏共闘アピール・増田氏首長らと連携・小池氏幅広い層訴え
新都政へ舌戦の日曜


どうしょうもない。
バカ朝日をはじめとする全マスコミ。
たけなわの都知事選挙。
新聞を見てもテレビをつけても報じているのは毎日毎日、鳥越、小池、増田の3候補の事ばかり。

他に18人が立候補しているというのにだ。
その18人については申し訳程度に名前を記すのみだ。
新聞は、候補者の公平な扱い、公平な報道と言う職務・義務を破棄しているどころか、特定個人、集団に向けて利益誘導をしているのだ。
これなくしては民主主義社会とは呼べない選挙制度を破壊しているのだ。
と言うことは、バカ朝日は民主主義社会の敵であり、社会的犯罪者集団と言える。
まかり間違っても公器なんかではあり得ない。

バカ朝日で働く、いい歳こいた大人は恥ずかしくないのだろうか。記者は一応最高学府で学んだであろうに。
自己嫌悪に陥らないのだろうか?
それとも確信犯なのか?
不思議だ。



さて、21日のバカ朝日・朝刊に下記の広告が出され、全国津々浦々(多分)の電車中刷り広告にもなっているであろうに、
平成28年7月21日(木)   東京本社版 朝刊   経済 第9面
週刊文春の 紙面広告

DSC06378_convert_20160721235317.jpg

そして、同日(21日)夕刊の都知事選挙記事は以下の通り。DSC06381_convert_20160721235408.jpg

鳥越のスキャンダルに付いて一切報道無し。

どうしようもない新聞だ。



社会・政治問題 ブログランキングへ

言論封殺国への先導役・金子元希

平成28年(2016)7月11日(月)      平成25年9月ブログ開始 

言論封殺国家への先導役・金子元希




平成28年7月9日(土)   東京本社版 朝刊   総合2 第2面
いちからわかる!
ヘイトスピーチ対策法ができたの?
金子元希



今般のヘイトスピーチ対策法とやらで似たようなことを思い出した。
中学生の頃だった。
転校生がいた。こいつがどうしょうもない奴で、弱い者をいじめるは、ズルはするは、生徒の持ち物を盗んだりした。
みんな腹に据えかねてはいたが、自分が関わらぬようそいつを敬遠するばかりで面とむかって注意する者はいなかった。
腕力はなさそうだし喧嘩も強くはなさそうであったが、親がヤクザだとみんな知っていた。
ある時、いたずらをされた体力のある級友がつい条件反射的にそいつを蹴飛ばしてしまった。
蹴った級友は、しまったという表情を見せたが遅かった。その勢いで日頃のうっ憤も吐き出した。転校生の悪行についても罵ってやったのだ。
蹴られた転校生は反撃出来ずに、その場はそれでおさまったが、数日後のホームルーム時、担任の先生からこのクラスには暴力的で虐めるものがいる。
数日前も理由もなく蹴っ飛ばしたり悪口を吐いた者がいる、それは許さないと言う説教をした。
確かに暴言を吐き、蹴っ飛ばした。それは事実だ。
蹴っ飛ばした級友は先生から呼び出されて、とにかく暴力は振るうなとこっぴどく叱られたと言う事だった。

今回のヘイトスピーチ対策法とやらもこれに似ていないか。
転校生は即ち在日韓国・朝鮮人だ。先生に叱られた生徒は在特会だ。

それにしても、金子元希というバカ朝日記者によるこの記事の程度の低さはどうだ。

新聞記者なら目の前に現れている状況に至った理由を取材・詮索し、その理由を知らしめるべきである。
だがこう書いているだけ。

数年前から在日コリアンに向かって「日本から出ていけ」などと叫(さけ)ぶデモが、各地で行われてきた。その対策として、人種や民族の違(ちが)いから差別をあおるヘイトスピーチを「許さない」と明言した法律が国会で成立し、6月3日に施行(しこう)されたよ。

でその内容は、

「日本以外の国や地域の出身者とその子どもや孫に対し、差別的な言葉を浴びせて『危害を加えるぞ』と脅(おど)し、『地域から出ていけ』とあおること」。国や自治体にはヘイトスピーチをなくす責任があり、相談に応じたり、教育や啓発(けいはつ)に努めたりするよう求めている。

これなら小学生記者でも書ける。

人間社会には当然、ヘイト(憎悪)スピーチもヘイト行動もある。
ある者はヘイトスピーチの被害を受けたと言い、相手を告発する。された者は俺こそ被害を受けたから防御の為にも相手を罵ってやったのだという。
そしてそれは、裁判によってどちらに非があるか断じられ、非のある方がしかるべく処罰されるものだ。

それを一方のみに加担し、もう一方のみを縛る法律を作ったのだ。
こんな行為が、民氏主義の根幹である、思想・表現の自由を奪い、権力者の独裁を許す社会をつくると言う事に思いが至らないのか。

おまけにこんなことを平気で書くのだ。何の疑問も呈さずにだ。

ヘイトスピーチを繰(く)り返してきた団体が川崎(かわさき)市でデモをしようとしたら、横浜(よこはま)地裁川崎支部がデモを事前に差し止める決定を出した。新しい法律の施行前だったけど、その考え方を先取りしたんだ。川崎市も、デモのために公園を使うことを許可しなかった。団体は場所を変えてデモを実施しようとしたけど、反対する人たちに囲まれて、すぐに中止となったよ。

施行されてもいない法律を適用する。
これじゃ法治国家じゃない。

反対する人たちに囲まれて、すぐ中止となったよ。
だと。
何言ってんだ。国民の表現の自由が封殺されたのだ。
取り囲んだやつ、それを排除しなかった警察、ともに法を犯し、無視した犯罪者ではないか。

さらにこう書いてある。

ヘイトスピーチをした人の名前を公表できる条例を独自に作り、今月1日に全面施行となった。

おいおい、いつから日本はかつての密告・監視社会の共産主義地獄・東ドイツになったのだ。

かようにバカ朝日はバカであると同時に独裁国家を目指す工作、広報新聞でもあるのだ。

金子元希はその走狗だ。



社会・政治問題 ブログランキングへ

哀れなり高橋純子

平成28年(2016)7月4日(月)      平成25年9月ブログ開始 

哀れなり高橋純子

平成28年7月3日(日)   東京本社版 朝刊第4面   総合4
政治断簡   政治部長高橋純子
今日のおまんまと明日のなにか



高橋純子は映画好きらしい。「昭和残侠伝」を何度も見かえすほどに。
勿論映画は娯楽だ。見ている時間が楽しいものであれば良い。
だがそれがどんな映画であれ、見た者は映画から意識的に或いは無意識的に何かを学んでしまうのだ。
そして自分の人生に、と言えば大げさに過ぎるが、生活に、日々の行動に、思索活動に、これまた意識的にあるいは無意識的に反映させてしまうのだ。
或いは登場人物を自分になぞらえたりもするのだ。
その影響のされようはまさに個人的なもので千差万別だ。
今回高橋純子が「昭和残侠伝」を見てこの記事をものしているようにだ。

残念ながら、この一文からでも、ブログ主が朝日の事をバカ朝日と腐す理由を再確認したものだ。
高橋純子は「昭和残侠伝」から何にも学んでいないと。

見出しは、「今日のおまんまと明日のなにか」とあり、現在日本ではこの二つが天秤にかけられているのだそうだ。
「今日のおまんま」については、こう書いている。

「あっしら、明日のことを考える余裕がないんだ。今日のおまんまが食えりゃ、それでいいんだ」
 舞台は敗戦直後の東京・浅草。長年世話になったテキヤの関東神津組から、新興勢力の新誠会に乗り換えた露天商が、その理由を吐露する。

「今日のおまんま」と「明日のなにか」。英国の国民投票を眺めても、日本の参院選をみても、詰まるところ、天秤(てんびん)にかけられているのはこの二つなのかもなあと、神津組5代目・寺島清次を演じる高倉健の色気に酔いつつ思う。

それに対して「明日のなにか」とは何か。文中にこう書かれている。

うそをつく。力に物を言わせる。己の利益になるなら手段を選ばないのが新誠会。やり口は汚い、汚いがゆえに、傘下に入れば「得」をする。
 これに抗する寺島が提示するのは、「渡世の仁義」だ。世の中には、どんなに力を持っていても、やっていいことと悪いことがある、と。
 社会は、実はそういう目に見えないものに底支えされているのだけれど、皆が自分の今日のおまんまのことしか考えなくなれば、あっさり壊れる。社会の底が抜ける。


高橋は、「明日のなにか」が何かは明確に書いていない。だが、この映画からすれば当然「渡世の仁義」を失っていない社会と言う事だ。
そして、高橋も今日の「おまんま」の為に渡世の「仁義」を欠く奴は許せないと言っているのだ。
失くせば社会の底が抜けるとまで言っているのだ。
日本よ、「今日のおまんま」のために「渡世の仁義」を欠く社会になるなと。

お解りだろう。新興ヤクザの新誠会とは、日本を叩きのめしてやってきたアメリカ、進駐軍、GHQだ。
ならば、このアメリカに屈せず、「渡世の仁義」戦前の日本を取り戻せと書くべきなのだ。

それがだ、何のことはない。戦後70年。べったりと進駐軍、GHQに寄り添い「今日のおまんま」を誰よりもうまく立ち回って盛大に獲得してきたのがバカ朝日だ。しかも、「渡世の仁義」を守る皇国日本を足蹴にしてまでだ。
そんなバカ朝日の社員・高橋にかけるわけもないのだ。
新誠会に乗り換えたか弱き露天商に「切ない」などと同情する資格は高橋などにはないのだ。
恥を知れとはこのことだ。

高橋はバカ朝日に飼い慣らされてしまっているバカ社員なのだ。
いや、もともとがそれこそ「カタカナで書くサヨク」なのだ。
戦後の反日教育、GHQ教育、自虐教育で育てられてこうなった成人の見本だろう。

最後は書くに困ってだろう、こう書く。

参院選。結果が日本の今後を左右するのは間違いない。しかし結果よりはるかに大事なのは、誰が勝者になろうとも、「道具」にされない私たちであること。目には見えないそれぞれの明日。


「今日のおまんま」の為にアメリカに、進駐軍に、GHQに乗り換えた庶民・国民に「明日のなにか」を提示できぬのならこんな一文を書くべきではないのだ。


社会・政治問題 ブログランキングへ
プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
294位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
76位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR