お前達のダブルスタンダードには吐き気を催す。

平成28年(2016年)11月29日(火)          平成25年9月ブログ開始 


お前達のダブルスタンダードには吐き気を催す。
北崎礼子、金子元希、花房吾早子、河合健、
編集委員・北野隆一よ。



「週刊新潮」12月1日号
週刊新潮12月1日号

斑天連デモ週刊新潮
去る、11月20日、JR中央線吉祥寺駅周辺で行われた「反天連デモ」と呼ばれるデモを、民族派右翼がこれを阻止せんと攻撃を加えている状況を報じたものである。
このブログ主も、吉祥寺駅前でデモを眺めていたが、デモ隊の姿は攻撃方の右翼と、デモ隊を守っている多数の警官・機動隊に取り囲まれてほとんど見えない状況であった。
だから何人のデモ隊であったのかも確認できなかったが、ほぼ20人くらいでなかったろうか。

吉祥寺駅前では、この「週刊新潮」記事による「天皇制廃止」「皇族解散」「勝手に代替わりするな」と言ったプラカードも、この写真に写っている「・・・天皇制失くせ」という横断幕もなかった。
後で、YOUTUBEその他の動画で確認すると、ことごとく右翼に奪われてしまっていたのであった。

しかも、先導車は、激しく蹴られ叩かれて、フロント・ガラスには大きなひびが入っていたし、車体は所々大きくへこんでいた。
デモ隊は、右翼と機動隊に取り囲まれてなすすべもなく、怒号怒声とともに吉祥寺駅前を通過していったのであった。
それでも時々「天皇いらない」「天皇は戦争責任を取れ」と叫ぶ声は聞こえてきた。

「週刊新潮」には、「右翼は関東一円から300人」、「警官や移動隊は600人」とある。
時間は1時間余りであったが、白昼堂々平和な日本においては、滅多にない、大した、異常な「出来事」「事件」であったことは確かであった。

それなのにバカ朝日はいっさい報道しないのであった。
勿論他の大新聞も右に倣えであったが。

それにしても、このデモが、国民大多数に明らかに敬愛され、その存続が希求されている天皇・皇室に対する紛うかたなきヘイトスピーチ・デモであるにもかかわらずだ。

下は、
朝日新聞 11月29日(火)  東京本社版朝刊 第2面 総合2 
時時刻刻 デモ抑止効果・ネット攻撃なお 
ヘイト対策法続く模索

11/29ヘイト対策法続く模索
バカ朝日は、ツイッター、ブログなどで行われる在日韓国朝鮮人に対する偏見・中傷・脅し・攻撃に対する取り下げ処置が甘いと、その運営会社のグーグル社、ツイッター社に文句をつけているのである。

「相手が誰か分からず私たちを攻撃してくるので怖い。国が救済に動いてくれたのはよかったが、企業は適正な判断をしてほしい」と話すなどと、在日韓国朝鮮人3世崔江以子(チェカンイジャ)(43)なる者の口を借りてだ。

この記事にも書いてあるように、ヘイトスピーチ対策法の前文にはこうある。
「不当な差別的言動はあってはならず、許されないと宣言し、解消に向けた取り組みを推進する」

だからバカ朝日は、「在特会」(在日特権を許さない市民の会)デモに代表される反在日韓国朝鮮人デモを、不当なものとして、許さないのであろう。

では、天皇陛下、御皇室になされる、今回の、そして毎年しつこく行われる「反天連デモ」は一体どうなんだ。
今回の吉祥寺デモは、そこまでやってはいなかった様だが、書くのも憚れるが、陛下をギロチンにかけている絵を掲げたり、骸骨姿に仕立てたり、まさに「反天連」デモは、ヘイトスピーチを行っているではないか。

御前達のダブルスタンダードには吐き気を催す。
北崎礼子、金子元希、花房吾早子、河合健、編集委員・北野隆一よ。



社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト

箱田哲也記者は愚鈍か?臆病者か?

平成28年(2016)11月11日(土)      平成25年9月ブログ開始 

箱田哲也は愚鈍なのか?臆病者なのか?



平成28年11月11日(土)朝刊   東京本社版 第14面 
社説余滴
大統領の身から出たさび


余滴 箱田哲也
今回の箱田国際社説担当さんの記事も
前回の本ブログ

平成28年(2016)11月4日(金)      平成25年9月ブログ開始 

天災人語の三文芝居

平成28年11月2日(水)朝刊   東京本社版 第1面 
天声人語
孤独な大統領


と似たり寄ったり。

「天災人語」は頓珍漢なこと書いてるし、この「余滴」は事の本質に何ら迫っていないのだ。

見出しの、「大統領の身から出たさび」からして、このブログ主は箱田哲也に不信感を抱く。

箱田記者はこう書いている。

韓国が「韓国」に怒り、苦しんでいる。

 朴槿恵(パククネ)大統領と旧知の女性をめぐるスキャンダルは、とどまるところを知らない。

 権力、財閥、虚栄、巫女(みこ)、男と女、受験……。韓流ドラマの筋書きを束ねたような疑惑の数々は、この国が抱える病弊そのものでもある。

 なぜこんなことになったのか。一つはやはり、朴槿恵という人の異常なまでの人間不信だろう。側近、右腕などと称されてきた元高官らに直接尋ねてみると、朴氏とひざ詰めで話す機会が「多くはなかった」ことに驚く。

すなわち、今回の朴槿恵大統領が引き起こしている一連の「不祥事」現象は、いつもの韓国の病弊だというのである。
そして繰り広げられる悲惨な病状の原因は、一つは朴槿恵と言う人の異常なまでの人間不信と言う個性に原因があるがというのである。

一方、国民側は、

 そんな政治の世界の話とは別に、この国の不条理を恨む民の怒りがうねる。努力しても報われない「絶望社会」を表す造語が次々と生まれるなど、ただならぬ空気が国全体を覆っていた。

という状況にあり、

 不透明で独善的な手法の破綻(はたん)は時間の問題だったが、致命的な一撃を加えたのは、革命を夢物語と考えず、自らが行動する韓国型民主主義だった。権力者の衰えを見た検察と主要メディアがタブーを解いたことも大きかった。

と、不満があれば、直ぐに街頭に出て意思表明をする直情径行型の国民行動が病状の悲惨さを倍増させているというのだ。

箱田さんよ、あんたも長くソウルの駐在員を務めていたのだから、あんたが最初に書いている、

 権力、財閥、虚栄、巫女(みこ)、男と女、受験……。韓流ドラマの筋書きを束ねたような疑惑の数々は、この国が抱える病弊そのものでもある。

の、「この国が抱える病弊」の拠って来たるところは何なのかと、アンタも新聞記者なんだから考察したであろう。その考察結果ぐらい書いてくれてもいいだろう。

ひとり大統領だけに問題があるのではないだろう?
何で韓国朝鮮人はそんな病弊を抱えているのかね?
いつの時代からからそんな病弊を抱えることになったのかね?
どうして日本とこんなに違うのかね?

アンタは最後のこう書いている。

「お告げ」のせいで来日してこなかったのか、などと考えるのはテレビの見過ぎだ。

と。
日本国民を責めてどうする?
アンタら新聞記者が、その能力があるかどうかは別にして、韓国人の、朝鮮人の真実を書かないから日本人は

「お告げ」のせいで来日してこなかったのか、

と考えるんだよ。

それとも何かい。書かないのは、韓国専門記者が、「それを言っちゃ御終いよ」というわけなのかね?



社会・政治問題 ブログランキングへ

購読料泥棒・天災人語

平成28年(2016)11月4日(金)      平成25年9月ブログ開始 


購読料泥棒・天災人語


平成28年11月2日(水)朝刊   東京本社版 第1面 
天声人語
孤独な大統領


11/2天声人語パククネ
以下全文コピーする。

 韓国に古くから伝わる人形劇がある。木彫りの仮面をつけて踊らされる女性の人形をコットウカクシと呼ぶ。朴槿恵(パククネ)大統領(64)をその操り人形にたとえ、退陣を求める声が韓国で吹き荒れている▼背後から大統領を操っていたと指弾されているのは40年来の親友チェ・スンシル氏である。韓国紙によると、若き朴氏が母を凶弾に奪われてまもないころ、チェ氏の父親で新興宗教を率いた男性(故人)が慰めの手紙を送った。少し年下のチェ氏は朴氏を「姉さん」と呼ぶようになる▼朴氏が大統領になると、チェ氏は美容や服装の助言をした。その程度なら問題ないはずだが、いつしか演説の草稿に手を入れ、機密文書も手にしたらしい▼大統領の自叙伝「絶望は私を鍛え、希望は私を動かす」を読むと、父の朴正熙(パクチョンヒ)大統領が暗殺されたのち、人間不信に苦しむくだりで目がとまる。「世人の心が一夜にして変わる」「ほとんどの人が私と会うことさえ避けた」「人の表裏を見るのがどれほど重要なのか今更(いまさら)ながら悟った」▼ふりかえると韓国では近年、歴代の大統領が家族の不正に揺さぶられてきた。李明博(イミョンバク)氏の場合は兄だった。盧武鉉(ノムヒョン)氏は兄や妻、金大中(キムデジュン)氏は次男や三男。そして今度は親友である▼朴大統領はチェ氏のことを「つらい時に助けてくれた」と会見で説明した。最初は純粋な友情だったのだろうか。友情を結んだ相手が権力の座につくと、背後に回って人形のごとく動かそうとたくらむ人はいつの時代、どこの国にもいる。


今日の天災人語は、

韓国に古くから伝わる人形劇がある。木彫りの仮面をつけて踊らされる女性の人形をコットウカクシと呼ぶ。朴槿恵(パククネ)大統領(64)をその操り人形にたとえ、退陣を求める声が韓国で吹き荒れている


で始まり、最期は、

最初は純粋な友情だったのだろうか。友情を結んだ相手が権力の座につくと、背後に回って人形のごとく動かそうとたくらむ人はいつの時代、どこの国にもいる。

で終わっている。

全く、「何言ってんだか」である。

ネット、マスコミから入ってくる情報によると、パク・クネ大統領はとんでもない女だということだ。

最高の国家権力を振るえる大統領が、政府のしかるべき何らの職にも就いていない一民間人の女に、政府の最高機密文書を渡したり、演説原稿の添削を受けていたのだ。
操り人形の如しであったのだとは、前代未聞の事だ。

それをこの天災人語記者は、

最初は純粋な友情だったのだろうか。友情を結んだ相手が権力の座につくと、背後に回って人形のごとく動かそうとたくらむ人はいつの時代、どこの国にもいる。

と書いて終わるのである。
バカである。
一体、今まで記者として何を読み、何を聞き、何を見、何を勉強してきたのであろうか。

新聞社の記者と言うなら、何故に韓国にこんな大統領が生まれたのか?何故に国民は大統領に選んだのか?
バカ記者であってもよい。バカ記者なりにその推察・考察くらい書いてもよかろうに。

ふりかえると韓国では近年、歴代の大統領が家族の不正に揺さぶられてきた。李明博(イミョンバク)氏の場合は兄だった。盧武鉉(ノムヒョン)氏は兄や妻、金大中(キムデジュン)氏は次男や三男。そして今度は親友である


とも書いているのだ。
なんでそんなことが韓国では発生するのか?

それを、言うに事欠いて、

友情を結んだ相手が権力の座につくと、背後に回って人形のごとく動かそうとたくらむ人はいつの時代、どこの国にもいる。

と書くのだ。

オイオイ、何時の時代のどこの国に、そんな奴はいるのか?或いはいたのか?
そりゃ、名前を上げられれば、ああそうかそんな奴もいたな、いるな、と思い至るかもしれないがね。
バカ天災人語・記者よ具体的名前を教えてくれ。

それとも何か、この最後の文は、韓国人よ、お国の大統領のような人は、どこの国にも、いつの時代にもいるのだ。
心配するな、自己嫌悪に陥るな、と励ましているのか?

或は、極悪殺人犯に、心配するな、嘆くな、自己嫌悪に陥るな、自虐するな、お前と同じような奴は何時の時代にも、どこの国にでもいるからねと慰めるのか。

ならバカ朝日新聞社はどうなんだ?
仲間の記者が社長になっている。元同僚の親しかった記者は背後に回って人形の如く動かそうとたくらんでいるのか?



プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
352位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
92位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR