バカ朝日よ、責任を取れ。

平成29年(2017)7月3日(月)      平成25年9月ブログ開始 


バカ朝日よ責任を取れ!




平成29年(2017)7月1日(土)    東京本社版 夕刊 第2面  総合
少女像の設置米国で2例目
アトランタ近郊
(ブルックヘブン)

ハラワタが煮えくり返る思いをするのはこのブログ主だけではあるまい。

朝鮮人慰安婦像の二例目がアメリカで設置されたというニュースだ。
韓国系住民らの働きかけによりとある。
このバカ朝日記事は見出しに「少女像」と書く。
恥じ入っているのか、誤魔化そうとしているのか、隠そうとしているのか、「(強制連行朝鮮人)慰安婦像」とは書かないのだ。

日本人が貶められるこの設置行為。
この責任をバカ朝日はいったいどう取るつもりだ。

もう日本人全てが知っていると言ってもいい程に、「韓国人慰安婦強制連行」なる嘘話は、バカ朝日が油を注ぎ、拡散させたのだ。


1982年にバカ朝日が、吉田清治なる詐話師の「日本軍の依頼を受け、兵士を指揮して、済州島で泣き叫ぶ朝鮮人女性を木剣で脅し、250名をトラックに積み込み慰安婦にした」という嘘話を記事にした。
これなぞはバカ朝日が自ら火をつけたのだ。

その後16回も、「日本軍による強制連行朝鮮人慰安婦」をキャンペーンの如く報道した。
これは当然韓国にも伝わり、ついには国連にまで達し、「日本軍の朝鮮人性奴隷慰安婦20万人」なる恐るべきデマとなって世界中に広まったのだ。

この間バカ朝日は、だんまりを決め込み、やっと32年後の2014年になって吉田清治記事の取り消しを発表し、責任を取って社長以下が辞任をした。

だが、これは日本国内においての紙上においてのみであった。
この時代だ、当然バカ朝日は、国連はじめ世界に向かって、世界の主要新聞・マスコミに向かって誤報だったと、捏造であったとして訂正を要請せねばならない。

これを行ってないがゆえに、今回の2例目のアメリカにおける慰安婦像の設置だ。
バカ朝日よ、この責任をどう取るつもりだ。

万死に値する。
その罪は、我々日本人の歴史と伝統と文化を毀損したそれであり、末代にまで汚名を着せ続ける罪である。

バカ朝日は全ての資産を投じて「日本軍は朝鮮人女性を拉致して、強制して慰安婦に仕立てたなんて事は一切無い。」、「バカ朝日はウソ記事を書いて日本人を貶めた。」という世界に向けての広報・キャンペーンを行うべきなのだ。




社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト
プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
305位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
75位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR