紳士ヅラ邪悪な破壊者ーバカ朝日

平成26年9月12日(金)     平成25年9月ブログ開始
紳士ヅラの邪悪な破壊者ーバカ朝日



9月12日(金)  東京本社版朝刊 第1面 
みなさまに深くお詫びします
朝日新聞社社長 木村伊量



昨日の記者会見で木村伊量社長は延々と釈明しました、そして今日のこの記事。
つまるところ、吉田調書捻じ曲げ、吉田証言噓報、植村隆捏造記事は
「裏付け取材が不十分でした」、「思い込みや記事のチェック不足などが重なったことが原因でした」と。
彼はこれしか言ってないのだ。
そして、ごめんなさいと言ってるだけなのだ。

それしか言いようがないのだ。
ごめんなさいのポーズを取っているだけなのだ。

このブログの前回(9月6日)、こう書いた。
「(バカ朝日の正体)其れは究極、人類・人間、人種・民族、男・女、大人・子供の完全平等化社会を実現せんとする社会運動体(機関)である。」
「日本国民をして反国家意識、嫌日本意識、自虐意識を抱かせ、日本人自らに日本国毀損、日本国家破壊に向かわせようとする謀略行動、工作活動の一環なのである。」
「この日本毀損の責任などは取りはしない。其れが戦略であったのだから。確信犯であるのだから。」


だから、日本破壊を企む組織の主魁である社長が反省なんかするわけがない。
どうも今回は叩かれちまったな。一歩後退二歩前進だ。と決意を新たにしてるだけだ。
もっともっと巧妙に日本人に自虐意識を持たせようと謀り、日本毀損工作を展開することに変わりはない。
バカ朝日の正体は変わりっこないのだ。

木村社長も杉浦とかいう編集担当取締役もスーツを着てネクタイを締めて紳士面しているからって、彼等に騙されてはならない。
彼等はアナーキストであり反国家主義者であり反日本人なのだ。
しかも狡賢いのだ。
破壊者なのだが、自らは銃を取ったりはしない。
そのかわりに、銃を持った北朝鮮人兵士、支那共産党兵士を招じ入れるのである。

油断してはならない。
彼等は豊富な手駒を擁している。
バカ朝日と言う日本国民の敵が次にどんな策を弄してくるのかしばし見てみようではないか。


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
320位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
82位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR