思想・言論の自由を弾圧するバカ朝日

平成26年10月1日 (水)              平成25年9月ブログ開始
思想・言論の自由弾圧はお家芸のバカ朝日


 平成26年10月1日(水)東京本社版朝刊 オピニオン面 第14面 
社説 差別と政権   疑念晴らすのはあなた



いきなり「知らなかった」では済まない。山谷えりこ。ときたもんだ。
この偉そうな、高飛車なもの言い。
政治家の事は、その行動は俺様が裁断する。俺様の言うことに答えろ、ってなもんだ。
バカ朝日の尊大バカ体質は変わってはいない。

そもそも政治家が、人と或いは団体と、それが如何なる人、団体であろうとも、「在特会」でもなんでもよいが、接触することがどうして駄目なのか?非難されねばならぬのか?
逆だよ。政治家は国民誰とでも会い、その話を、その主張を聞き、自分の政治活動に役立てるべきものなのだ。

「知らなかった」では済まない、とバカ朝日はいう。一体何がどう、すまないと言うのか?
読んでいくとこうある。
「国家公安委員会は警察の最高管理機関である。その長と、在日韓国・朝鮮人を『殺せ』と街頭で叫ぶ在特会との関係が疑われること自体、恥ずべきとだ。」と。

何のことはない。「恥ずべきことだ」という理由で山谷長官を非難するのだ。
「恥ずべきこと」ってのは、極めて個人的な感情、価値判断誰だ。
そこらの個人が言うのならともかく、新聞が「恥ずべきこと」だといって特定個人を非難するのは、正に思想の自由、言論の自由、政治活動の自由を弾圧・侵害していることとなる。
それがわからないのか?そんなはずはない。バカ朝日はわかっているのだ。確信犯、工作者集団なのだ。

関西人は、偉そうにしている奴、権力風を吹かせる奴に対してよくこう言う、というか悪態をつく。キレる。啖呵を斬る。「XXXが何ぼのもんじゃい!」と。
ブログ主も言いたい。「朝日が何ぼのもんじゃい!」

それに、在日韓国・朝鮮人を「殺せ」と街頭で叫ぶ在特会と書いているが、別に「殺す」ことを、或いは「殺せ」と扇動を目的に、デモを行っているのではないことは明らかであり、最近の彼等のデモではそのような極端な言葉は使ってはいない。
そのような言葉は左翼マスコミの好餌となる事がわからぬほどの馬鹿ではないからね。
残念な事に、たまに自制心を失うハネ上がり的な者、あるいは敵に利を与えようと作動するスパイ的な者も紛れ込むことはあるのだな。

デモは、横暴で犯罪を犯す在日韓国・朝鮮人に限っては、日本から出てゆけ、と訴えているのである。
在日韓国・朝鮮人とその本国、韓国・北朝鮮の悪行を世に知らしめんと、訴えているのである。合法的に、デモによって。
その目的は、民族差別の扇動でもなければ、民族差別意識の発露でもない。
それどころか、犯罪撲滅運動であり、国民生活の安寧、治安維持運動である。

なのに、バカ朝日は、「在特会」について、「殺せ」と、今まさに、扇動している反社会的暴力集団、差別集団との如き印象操作を行っているのだ。
これは新聞による反社会的活動である。
このたびの、強制連行慰安婦捏造、吉田調書捻じ曲げ等々で明確にはなっているがバカ朝日は反社会的集団、平和を求める国民の敵なのだ。

後段では、民主党の海江田万里代表の国会での質問を取り上げてと言うか援用して、安倍首相を責める。
バカ朝日は民主党応援団新聞なのか?

最後は、安倍氏が、自身の言葉ではっきりと、在特会が扇動する民族差別や、「ネオナチ」の考え方は容認しないと言う決意を示す必要がある。などと締める。

何処までアホやねん、バカ朝日は。
お前の腹がまっ黒な事はお見通しだぜ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
314位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
86位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR