樋口直人 エセ学者

平成26年10月3日 (金)              平成25年9月ブログ開始

樋口直人 エセ学者


 平成26年10月2日(金)  東京本社版朝刊 オピニオン面 第15面 
耕論  ヘイトスピーチへの処方箋 極右を保守から切り離せ  
 


大学の准教授と言うのだから、学者と言ってよいであろう。

学者の務めとは一体何なのだ?
ブログ主はこの歳をして、いささか正論過ぎて面映ゆくもあるが、学者の使命は真理の追求である。
ひたすら真理を追求する。
「夕べに道を開かば朝(あした)に死すとも可なり」だったかな?孔子様の。習っただろ。

大学の准教授と言うのだから、一応学者ではあるだろう。

樋口さんは、「では、なぜ在日が標的になるのか。」と書いているから、当然その答え、学者としての樋口さんなりの答えがあるだろうと興味深々。
が、ない。答えがないではないか。

「ヘイトスピーチ」デモのきっかけはなんたらかんたら。
舞台装置はインターネット云々。
彼らの情報源は右派論壇だ。右派論壇にそそのかされたのだ。
ヘイトスピーチの法規制をやれ。極右を斬ると言う意思を示すことが現政権の延命になるぜ。
などなど。
関係ないことばっか。

バカ朝日が「ヘイトスピーチ」といち早くレッテル貼りをして、攻撃してやまない「在特会」は正に「在日特権を許さない市民の会」であり、彼等をデモに迄駆り立てるものが在日特権を有する彼等の横暴な振る舞いなのだ。
それも敗戦時から今日までの70年と言う長きにわたるそれである。
ついには選挙権までよこせと言い始めたのだ。

在日韓国・朝鮮人、彼らの本国韓国・北朝鮮をケシカランという思いがデモに迄参加させているのだ。

と、ブログ主がここで書くより、
どうなんだ学者さんよ。デモの現場に行ってみたんだろ?彼等に接触し問うてみたんだろ?何故デモに参加しているのかと。
何て言ってた彼等は?
その答えを正直に書けばいいんだよ。
まさか問うていないなんてことはないだろね。
彼らの学歴なんて全く関係ないよ。

そして、見逃せないのは、この学者が「『在日特権』なる完全なデマをばらまいたり。」
と、しれっと書いていることだ。

おいおい、在特会会員・支持者がケシカランと考えているものの最大のものが「在日特権」なのだ。
「在日特権」を持っているから在日が標的になるのだよ。
なら、それが正当なのか?妥当なのか?当然なのか?
その答えを追求せねばならない。
まづはそんな重要な「在日特権」を完全なるデマと言うなら、その根拠を書かねばならない。
「在日特権」はキーワードなのだ。
それを「『在日特権』なる完全なデマをばらまいたり。」と書いて済ませる問題ではない。

真理を追求しないで、バカ新聞に迎合する駄文を売る者。あんたはエセ学者だ。

社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
320位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
82位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR