ズレの見本 冨永 格を先ず馘首せよ

平成26年10月20日(日)              平成25年9月ブログ開始
ズレの見本 冨永 格を先ず馘首せよ


平成26年10月20日(日)  東京本社版朝刊 第2面
日曜に想う
ヘイトスピーチ聞き流すのでなく
特別編集委員 富永 格


又また、ヘイトスピーチだ。

ブログ主は既に何度もバカ朝日の反ヘイトスピーチキャンペーンを批判している。
そこで何度も問い質している。
ヘイトスピーチ(勿論日本における)とは一体何だ?
バカ朝日による定義は何だ?
何故わざわざ英語を使うのか?
具体的にそれは何を指すのだ?何という文言・行為なのだ?
いま現在、誰が誰に対してヘイトスピーチなるものをなしているのか?
と。
バカ朝日が「ヘイトは雑音ではない。聞き流さず、拒まなければいけない」などと書く以上、これらを明確にすべきであう。

確かに過去のバカ朝日の報道によると、そのヘイトスピーチなるものは具体的には、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)等の在日韓国・朝鮮人に対する批難デモのことであり、一年半程前に行われた「在特会」のデモにて掲げられたプラカードの文字「韓国≠悪韓国=敵よって殺せ」に代表される文言を指しているようである。

このデモは昨年二月のことであり、その後も同会による同じ趣旨のデモは何十回と行われているが、ブログ主は、そこにおいては同種のプラカード、「殺せ」などの不穏な言葉に出会ったことはない。

バカ朝日の記者が出会ったことがあると言うならそれを出したらよい。
ヘイトスピーチの見本・言葉として。

要は、バカ朝日は、在日韓国・朝鮮人・中国人・不正滞在外国人に対して排撃のデモなどをするなと言っているのである。
ヘイトスピーチなるレッテルを貼って批難しているのである。

先の大戦時、バカ朝日が「鬼畜米英」とレッテルを貼り、「欲しがりません勝つ迄は」などと戦争遂行を煽ったのとおなじだ。

「在特会」の主張は明確だ。
不良在日韓国・朝鮮人は祖国へ帰れ。在日韓国・朝鮮人の「特権」を認めるな。
在日韓国・朝鮮人、不法滞在外国人に厳しく法を適用しろ、等などだ。
これのどこが新聞社に非難されねばならないのか?

富永格は書いている。
憎み合うことはたやすい。異文化、異教徒、異民族。異の一字に責任を負わせて思考停止するのは楽である。
これが何の関係がある?「在特会」の主張・行動と。
「異」の一字を理由に、在日韓国・朝鮮人・中国人・不正滞在外国人を非難しているのではない。
彼らの「悪」、「無法」、「不良」、「犯罪」に対して責任を追及しているのだ。

更に書いている。
東京五輪の理念の一つは「互いを認め合おう」だと聞いた。
ならば言論の作法くらい、今から正しておきたい。
と。
なんとまあ、トンと的外れで、一人りよがりのお説教を。
だからズレているのだ。
それに、五輪のそんな理念は一体どこで聞いたのだ?どこに書いてあるのだ?
後学の為にぜひ伺いたい。

それはともかく、
このたび、信頼回復と再生のための委員会なるものができたそうな。
DSC04594_convert_20141020205223.jpg
そこで委員を委託された古市憲寿さんも言ってるじゃないか。
「古いメディアのズレ指摘したい」と。

バカ朝日は、ズレを自覚できぬ、古い特別編集委員をまず馘首したらどうか。

社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
313位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
83位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR