天声人語の詐術

平成26年12月12日(金)               平成25年9月ブログ開始
天声人語の詐術


平成26年10月11日(木)  東京本社版朝刊 第1面
天声人語
DSC04724_convert_20141213100645.jpg

平成26年10月10日(水)  東京本社版朝刊 第15面 インタビュー・オピニオン
秘密法密約事件の教訓
従来法で十分
真相に迫る行為重罰にしていいか
DSC04721_convert_20141213100823.jpg

それにしてもホンマにしつこい。
もう毎日毎日、特定秘密保護法は危ない撤回しろ、集団的自衛権を認めちゃ駄目だ。戦争をする国になる。
原発反対。核の恐ろしさを知れ。ヘイトスピーチは差別だ。と、この四つが取り上げられない日はない。

そもそも秘密保護法とは何かと言えば、簡単な話、国家は他国からの攻撃からる身を守るために外交上、軍事上の秘密を持つ。
その秘密を守るために、他国から侵略されないために政府はそれなりの策を講じねばならない。
日本の政府は、民主主義にのっとり国民から選挙で選ばれた日本国民で構成され、行政を付託されている。
当然権力行使権も与えられている。
日本の外交・防衛も国民から負託された政府の務めであり、行政行為であり、義務である。
当然、法治国家の政府はその勤めを遂行する為に特定秘密保護法を作るのだ。
それは国会で、法にのっとり作られる。その内容も明確にされた上でだ。
何の文句があるものか。
それをバカ朝日は、国民の知る権利が侵されるだの、政府に不都合な情報が隠されるだの、政府が自分勝手な事をするようになるとイチャモンをつけるのだ。

国民には判っている。
この油断も隙もない国際社会。日本の周りではロシア、北朝鮮、韓国、中共支那と不良国家が虎視眈々と日本の領土・財産を狙っている。
外交・防衛に特化した特定秘密保護法を定めて国内的にも国外的にも日本の強い防衛意識・決意を示さねばならない。
情報和盗もう、漏らしてやろうと言う気を起こさせないほどにだ。
秘密が漏れ、侵略を受けてから慌てふためいて反撃してはもう遅いのだ。
勿論、政府、官僚のことだから運営の過程で不届きを起こすかも知れぬ。
それに日本はアメリカの属国だ。外交・軍事にかかわるそれは100%アメリカの意を汲んでのことだ。悔しいが。
そんなことは承知の上で特定秘密保護法は必要だと思っているのだ。国民は。

バカ朝日というエセジャーナリズムは取材がしにくくなるではないか、担当女子事務員と「情を通じ」どころじゃなくなるではないかと。
そんなこと知るかである。お前らはそこまで無能なのかと。
覚めている国民はこうも考える。
日本を混乱の、無秩序の、カオスの、歴史・伝統破壊の、ジェンダーフリーの、親子断絶の、絆なき、相互不信の無政府状態国家に持ち込み、しかる後に支那中共や北朝鮮やロシアのお仲間国にしたいというバカ朝日の野心にとって自民党政府が作る特定秘密保護法は邪魔なのだと。

その為に、阻止しようと狂ったように連日書き立てるのだと。

この天声人語も、策を弄する。それも姑息に。
元検事総長まで引っ張り出してきてこう書いている。
▼特定秘密保護法がきのう、施行された。松尾さんは、秘密漏洩(ろうえい)にはこれまでにある法律で十分対処できると見る。
この松尾という元検事総長だかは前日12月10日のバカ朝日・オピニオン欄(下の写真)のインタビューの中で、確かにこう言っている。
「秘密漏洩が起きても、従来ある法律で十分対処できると思っています」

そりゃそうでしょうよ。十分対処はできるでしょうよ。官僚としては。
だが、問題は、秘密漏洩が起こった後の話ではない。秘密漏洩が起こったらもう遅いのだ。
如何にして機密漏えいを起こさなくさせるかなのだ。
それが政府の、政治家の務めなのだ。知恵の絞りどころなのだ。
検察官僚のために法をつくっているのではない。
それを、事件後の起訴不起訴を扱ってきたにすぎぬ元官僚や、情報がほしいだけの日本滅亡を願う偽ジャーナリズム何をぬかすかである。
国民を欺くにも程がある。

社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
262位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
71位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR