大沼保昭 只の噓吐きオヤジ

平成26年12月30日(火)     平成25年9月ブログ開始
大沼保昭 ただの嘘つきオヤジ



平成26年12月28日(日)  東京本社版 3面
慰安婦問題を考える
アジア女性基金の検証を
大沼保昭さん 明治大特任教授

DSC04774_convert_20141230185426.jpg
http://digital.asahi.com/articles/ASGDW5H8MGDWUTIL00Y.html
この記事で大沼保昭さん(明治大特任教授)がこう書いている。

 <前略>朝日新聞のあり方は日本のメディアのあるべき姿として重要な問題だが、ここではこの間「朝日問題」との絡みもあってしばしば誤解・曲解されてきた「慰安婦」問題に絞って、その原点を確認しておきたい。
 「慰安婦」とは、第2次大戦中、日本軍将兵に継続的に性的な奉仕を強いられた女性たちのことだった。こうした慰安婦制度の犠牲者は、日本、中国、韓国、フィリピン、オランダなど広範に存在する。
 <後略>


強制だの連行だのという言葉をこそ使ってはいないが、
慰安婦」とは、第2次大戦中、日本軍将兵に継続的に性的な奉仕を強いられた女性たちのことだった。

と言うのだ。
即ち、当時の売春婦・慰安婦は無給、無報酬、強いられたと言うのだ。正に性奴隷だったということになるではないか。
大沼、嘘吐くなである。
こんなバカな嘘を書くから欧米人は「日本人は朝鮮人女性をを性奴隷にした残虐な民族だ」などと確信的に、意気高々に言うのだ。
全てはこんなバカ教授とバカ朝日が発信元なのだ。
大沼はそんな自覚がこれポッチもない自虐癖症候群患者だろう。精神的自傷パラノイアだ。そんな言葉ないだろうけど。
そして、バカ朝日は日本毀損記事を確信して作る工作者なのだ。
日本人を辱めるのもいい加減にしろである。

ブログ主の怒り心頭である。

大沼はバカ朝日が32年間わたって重用し続けたあの「済州島で慰安婦にすべく娘狩り」をした詐話師・吉田某とおんなじである。

バカ朝日の今回の強制連行慰安婦報道の捏造とその間違い撤回とお詫び・反省は一体どうなるのだ。
まだなお読者を欺き続けたいのか?
日本人を愚弄するのもいい加減にしろ。


大沼保昭については本ブログ、

平成26年4月18日(金)    
お人好しか、馬鹿か?いまだに反省を言う学者とそれを利用するバカ朝日吉田貴文記者
--------------------------------------------------------------------------------
4月16日(水) 東京本社版朝刊  第15面 
インタビュー オピニオン  日本の愛国心 
 明治大学特任教授  大沼保昭さん

http://nt1945.blog.fc2.com/blog-entry-74.html
として取り上げたことがある。


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
305位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
75位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR