70年一日の如し。相変わらずの「裸の大様」バカ朝日

平成27年1月28日(水)         平成25年9月ブログ開始
70年一日の如し。相変わらずの「裸の王様」バカ朝日。



平成27年1月27日(火)  東京本社版朝刊 第14面
社説
大いに論じよ歴史認識


「大いに論じよ歴史認識」と言うから、お、国会で歴史認識についてもっと議論せよとでも言ってるのかと思ったら何のことはない、首相の歴史認識について大いに批判せよ、村山談話を覆させるなとの強要だ。

間接選挙で選ばれたとはいえ、合法的に正当に選ばれてその地位についている日本国民を代表する首相なのである。
その首相が談話を発表するについて、何カ月も前から村山談話を受け継げと牽制球を投げ、間近に迫ってくると強要するのだ。

「いままで重ねてきた文言を使うかどうかでなく、安倍政権としてこの70年をどう考えているかという観点から出したい」 
「今までのスタイルを下敷きとして書くことになれば、『使った言葉を使わなかった』『新しい言葉が入った』というこまごまとした議論になっていく」
 驚くべき発言だ。


と書き、

村山談話をいかに国会で圧倒的多数を占める政権とて、これをあっさりと覆すことはできない

と書くのである。
これこそ、バカ朝日の驚くべき発言だ。
この国民をも恐れぬ、国民を馬鹿にした言い草。一体バカ朝日は何様のつもりなんだろうか。


正に戦後70年、一日の如し。
GHQに押し付けられた歴史観を変えてはならぬ。戦争犯罪の汚名をそそいではならぬ。負け犬根性を捨ててはならぬ。
日本は植民地支配を行い、侵略をしアジア諸国の人々に多大の損害と苦痛を与えたのだ。痛切な反省と心からのお詫びをせよ。というのだ。このバカ朝日は。

バカか?成長がないのか?

そもそも植民地支配って一体何だ?
それは今正に支那中共がチベット、ウィグルに対して行っていることではないか。
そこでは現地人が反抗し、何万何十万の人々が支那兵によって殺害されているのだ。
日本が朝鮮を植民地支配したと?
チベット、ウィグルと同様の事が、何分の一かでも百分の一かでも朝鮮併合時にはあったのか?
その時一体何人の朝鮮人が抵抗したと言うのだ?日本によって殺されたと言うのだ。
台湾もしかりだ。

支那を侵略をした?
嘘つけ。蒋介石の策略で日本軍が支那内陸にまで引きずり込まれただけではないか。
途中で毛沢東の八路軍とも戦っただけではないか。

満州帝国?あの地は満州人の故地だ。満州人の統治機構による国家「清」が滅んだ故、満州人のその故地に、満州人を王様とする独立国を日本が作ってやったのだ。
それに反抗する満州人がいたのか?
勿論その当初の国家運営は日本人官僚にしかできない。
何年もすれば満州人が育つであろう。統治者も満州人にとって代わるであろう。
それをいまだに植民地支配と侵略という。

満州国のことを言うならオーストラリアやニュージランドはどうなるのだ?
今でこそ豊かで、一流国ヅラをしているが、満洲国に遡ることほんの数百年前に、イギリス人を入植させてイギリスが作った国ではないか。
その時に、そこには現地住民がいなかったとでもいうのか?

他の東南アジア諸国にも出兵したが、それはその地を植民地とし、隷属させていた欧米白人の軍隊を追い出す為の戦いであったではないか。

なのに、戦後70年一日の如く、戦勝国アメリカ様を恐れ、支那様の御機嫌を覗い、どんな思想を信奉しているのかは知らないが日本を貶しめ、自虐して恥じないバカ朝日のその魂胆には反吐が出る思いだ。

一体何をバカ朝日の社員は望んでいるのか?
日本をどうしたいと言うのか?

従軍慰安婦捏造記事は言うまでもないが、最も不誠実で、嘘つきで、心性下劣、国民に取り残され、軽蔑されている非常識サラリーマン集団にして裸の王様。
それがバカ朝日社員だと言うことに気が付いていないのか?


社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
320位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
82位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR