記者ではない。ただのアナーキスト。貞国聖子、佐藤恵子。

平成27年10月7日(水)    平成25年9月ブログ開始


記者ではない。ただのアナーキスト。
貞国聖子、佐藤恵子。




平成27年10月7日  東京本社朝刊 社会 第37面 
ニュースQ3 福山さん結婚・・・「産んで国家に貢献を」
菅長官発言に波紋


本ブログ 9月18日(金) アナーキスト集団・バカ朝日では、
こう書いた。

>かねてよりこのブログ主は次のように言ってバカ朝日を罵っている。

>戦前は、戦争と言う国策の遂行に全面協力し、軍部の太鼓持ちを務め、新聞商売の隆盛をみたが、
>戦後は一転して戦勝国アメリカの占領政策(日本国民改造計画)の広報宣伝係を務め
>今日の財を成したと。
>即ち敗戦利得者代表でありアメリカの忠犬を務めていると。

>そして、アナーキスト集団、無政府主義者集団とも。


今回のこの記事も、まさにそのアナーキスト性を如実に表している。

先ず、「菅長官発言に波紋」などと今日のこの記事のみならず何度もバカ朝日は取り上げている。
嘘つけ。波紋なんかありゃしない。バカ朝日が波紋にしたいだけなのだ。
記事中にこうある、

菅氏とともに番組に出演していた教育評論家の尾木直樹さんによると、菅氏はスタジオのセット近くで出番を待ちながら、
番組が流す福山さんの結婚を報じる映像を見ていたという。尾木さんは「字面だけみると、『産めよ増やせよ』と受け取る
方もいるかもしれないが、お祝いの雰囲気の中で出た言葉。自分には違和感はなかった」と振り返る。


その通りである。
それをわざわざ、

■「失言は珍しい」官邸内驚きの声
官邸内からは「不用意な失言は珍しい」(官邸スタッフ)との声が上がる。


などと書く。

本当にそうか?
なら官邸の誰がそんなこと言ってんのだ?
きちんと名前を出せ。官邸スタッフなら公人であろう。
それが記者の仕事であろう。これでもうすでに記者失格である。

そのくせこうも書く、

■「男社会の本音、透けて見える」
「本音を隠して、言葉で取り繕う『オッサン政治』の象徴」。フェイスブック上に立ち上げた「全日本おばちゃん党」の代表代行で大阪国際大学の谷口真由美准教授(40)は手厳しい。「昔は『産めよ増やせよ』と言い、子どもが増えてきたら4人家族を推奨し、また減ってきたら『増やせ』と言う。女性の体を国家に使われているような感覚になる」と憤る。


などと、大阪国際大学とやらの谷口某教授の名前なんかは出してくるのだ。
そして最後はこう締めるのだ。

菅氏の発言からは、「女性が輝く社会」を掲げながら、内心では「産む機械」と見ている男社会の根深い本音が透けて見えるという。(貞国聖子、佐藤恵子)

と、いつぞやの自民党政権時の大臣が使ったとされる「産む機械」なる言葉をここぞとばかり出してくるのだ。

菅長官は、国民の負託を受けている政治家なのだ。それも現在の政権を担っている閣僚なのだ。
その負託と言うのは、国を、国家を豊かにすることであり、人口を増やし国の富を豊かにすることである。
そして国民一人ひとり末端までその冨が行き渡る様務めるのだ。
人口を増やさねばならない理由くらいは判るだろうな。

菅長官はそこら町中で偶然インタビューされた通行人のオッサンではない。
マイクを向けられれば「おめでとうございます」だけでは済むまい。
どんな機会にも国民に何らかのメッセージを発せねばならないのだ。
お目出度い結婚に付託して発するメッセージは「この結婚を機に、ママさんたちが一緒に子ども産みたいとか、そういう形で国家に貢献してくれればいいなと思っています」以外にあるまい。
日本国の政治家として当たり前だ。
一体これのどこにケチをつけて、「波紋」などとマッチポンプ報道をするのだ。

大阪国際大学とやらの谷口某女教授の「本音を隠して、言葉で取り繕う・・・」って一体どう言う事なのだ?
貞国聖子、佐藤恵子よ、きちんと説明しろ。

女は「産む機械」であればいいと男たちが思っていると言うのか?
お前たちの周囲の男たちはそうなのか?バカ朝日の男性社員はそうなのか?お前の男親は、夫はそう思っているのか?
先ずそれを確認してから言え。
まさかそうではあるまい。
ホント、ふざけた事を言うもんじゃない。

聞き捨てならないのは、谷口某女教授の、

昔は『産めよ増やせよ』と言い、子どもが増えてきたら4人家族を推奨し、また減ってきたら『増やせ』と言う。女性の体を国家に使われているような感覚になる」

と言う発言だ。

何んという倒錯思考の持ち主だ。
この国に生を受け、大学の準教授と言うしかるべき恵まれた職業、ポストにまで就いていて、自分は国家の「産む機械」にされているというのか。「産む機械」となればそれは奴隷ではないか。
国家イコール奴隷の主人。この思考こそ国家を潰せというアナーキストの証明なのだ。
バカ朝日の貞国聖子、佐藤恵子もそのお仲間なのだ。
断じて新聞記者、ジャーナリストなどと言うものではない。



社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
352位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
90位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR