スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若宮啓文・元朝日新聞主幹、相変わらずバカやってる

平成27年11月29日(日)  平成25年9月ブログ開始

若宮啓文・元朝日新聞主幹、相変わらずバカやってる




平成27年11月25日  東京本社(朝刊) 社会  37面
日米の学者ら抗議声明
「言論の自由侵されつつある」


この記事に登場する、

小森陽一・東京大教授
中沢けい・法政大教授
若宮啓文・元朝日新聞主筆
河野洋平・元衆院議長
村山富市・元首相
木宮正史・東京大教授
ほか50数名。

この人たちの所業は一体何だろうか?

バカ朝日の記事によると以下の通りだ。

「帝国の慰安婦」なる著作をあらわした韓国人著者が韓国の当局から起訴されたことに関しての記事だ。
こう書かれている。


日米の学者ら抗議声明 「言論の自由、侵されつつある」
 朴裕河・世宗大教授を名誉毀損(きそん)の罪で韓国の検察が在宅起訴したことに対し、
日米の学者や作家、ジャーナリストら54人が26日、「言論・出版の自由や学問・芸術の
自由が侵されつつあるのを憂慮」するとの抗議声明を発表した。
 小森陽一・東京大教授や作家の中沢けい・法政大教授、若宮啓文・元朝日新聞主筆らが
東京都内で記者会見して発表した。慰安婦問題をめぐる官房長官談話を1993年に発表した
河野洋平・元衆院議長や、95年に戦後50年の首相談話を発表した村山富市・元首相も賛同人に名を連ねている。
 声明では「検察庁という公権力が特定の歴史観をもとに学問や言論の自由を封圧する挙に出た」
「何を事実として認定し、いかに歴史を解釈するかは学問の自由の問題。言論には言論で対抗すべきで、
公権力が踏み込むべきでない」などと起訴を批判し、「民主主義の常識と良識に恥じない裁判所の判断」を求めている。
 賛同人の上野千鶴子・東京大名誉教授は会見で「書物が法廷で裁かれることに違和感を持つ。活
発に議論することが言論の自由の基本。権力が抑制してはならない」と語った。

 同じく賛同人として署名した木宮正史・東京大教授(朝鮮半島地域研究)は「韓国政府が検定制だった
歴史教科書を国定に戻すことを含め、歴史解釈を国家権力が独占しようとする動きと言わざるを得ない。
『韓国は民主主義国家なのか』と国際的に批判される口実を与えることになりかねない」と懸念を示した。(編集委員・北野隆一)



即ち韓国の検察当局に抗議声明を発表したのだと。
韓国と言う国にイチャモンをつけたのだ。
ご苦労様なことである。
勿論、社会的に何者でもない浅学非才の、取るに足らぬこのブログ主がこの方々を揶揄するなんて、とんでもない勘違いだとは重々承知している。

だが、
そもそも韓国とは日本にとって一体何なのだ?
少し考えてみればわかる。
何ら考慮に値しない国だ。隣に(と言っても海を隔ている)国にあるからして、そこから少々の国民がやってきて日本に住み着いてはいるがだ。
韓国の所業を見るに、歴史的にも一貫した反日の国である。

それは、日本の友好国だか植民地であったは、学者によってその言いようは、まちまちだが、あの百済が新羅と支那の唐の連合軍によって滅ぼされた7世紀に遡ることが出来る。

日本は倒すべき相手、克服すべき相手、勝つべき相手、恨むべき相手、或いは、例えば100年ほど前の帝国主義時代の世界に対応できず「日韓併合」を求めたように、或いは近年の財政金融危機の際には、金ずるとして日本に援助を求めたように、苦境に陥った時には利用すべき相手なのである。

そして、韓国・朝鮮は日本に何をしてくれたというのか?
ブログ主が気が付かないだけなのか?あったとすれば、ブログ主は恥を掻くから、あれこれ思いだそうとするのだが、思いつくことなんて皆無なのだ。
彼らの悪事しか思いつかないのだ。

GHQの統治下にあった日本苦境の折には、その無防備に付け込み竹島を奪い、日本で犯罪を犯した在日韓国人の送還を拒否し、或いは韓国棄民の密入国先として、或いは韓国人売春婦、韓国人掏摸の稼ぎ場として利用してきたのだ。
日本敗戦のどさくさには、全国津々浦々の駅前一等地を奪い、日本のアウトロー・やくざの構成員の大部分を占め、それでなくとも高い犯罪率を保持し続けている。数え上げればきりがない。
北朝鮮の金正日による非人間的な、めぐみさんはじめ日本人拉致は言うまでもなくだ。

最近では20万人の朝鮮人性奴隷を作り出しと国だと世界中で讒言の宣伝広報をし、その性奴隷少女の像なるものを造りアメリカ各地に立てる始末だ。

こんな国と付き合う必要のないことは小学生にだってわかる。

それをバカ朝日は国民に仲良くしよう、仲良くしようと唆すのだ。
それにだ、犯罪を犯した在日韓国・朝鮮人の本名である韓国・朝鮮名を報じないのだ。これなんぞは、犯罪を未然に防ぎたいとする国民の要望を無視する所業だ。
犯罪者が証拠を隠したり、第三者が隠滅すれば罪に問われる。バカ朝日の本名隠し(警察からは発表されているにも係らず報じない)なぞはまさに証拠隠滅罪にも相当するのではないか?

何かええことあるのか?儲かるのか?バカ朝日は、利にさとい新聞業者だからそうに違いない。

そして最初に上げた御連中だ。

頭は悪くあるまい。大半は、幼少の折から勉強が良くでき、しかるべき進学高校に入り、しかるべき大学に進み、書物を読まねばならぬ学究生活を送り、人にものを教え、導くという、このブログ主には逆立ちしてもあり得ぬ、社会的には一級の地位、人生だ。
だが、バカなのだ。
学者、政治家、芸術家にありがちな世間無知バカなのだ。

身内、家族でもないよそ様に、わざわざ、そんな事をしてはいけないよと文句をつける。
文句付けてなんになる?自分に被害が及んだのなら別だが。
そんなことをすれば、他人が干渉するなと反発を食らうだけだ。
よそ様にはよそ様の事情があるのだ。
ほっとけばいいのだ。

韓国・北朝鮮では日本の肩を持つ者、それどころか過去において肩を持った者まで迫害・追放・財産没収の対象なのだ。
肩を持っているかどうかは彼らが決めることなのだ。彼らの情緒次第なのだ。
そこでは説明、言い訳、論理、理性、証拠、検証など意味を持たない、役に立たないのだ。関係ないのだ。

河野洋平、村山富市なぞはバカの極みである。二人が発した談話なるものは、彼らが更に燃えさかるように燃料を投下したのと同然である。
日本人を貶め、日本を毀損したのである。

それを今更、「言論・出版の自由や学問・芸術の自由が侵されつつあるのを憂慮」するとの抗議声明に名を連ねる。
大臣、首相まで務めたというが、バカである、政治家失格である。

他の、大学教授だの新聞記者上がりだの、評論家なども同じだ。
当時多くいた売春婦、そのうちの軍人専門の戦時売春婦を、日本軍が暴力で、或いは騙して強制連行した日本軍慰安婦だとの嘘話に味方し、さらに調子に乗って、世界の人間の歴史上どこにおいても存在し、今なを存在している売春婦、言うまでもなく、その圧倒的多くは、女性に対する男性の人権侵害・破壊、暴虐であることは明白だが、その論理まで当時の日本軍にのみ当てはめて指弾しようとする政略的短絡思考。
或いは、考えたくもないが、お人好し少女的感性。

それが、彼ら韓国人の日本利用の具にしか利用されていない事に気がつかないのか?
まさか今回の抗議文発表も、自分達は「学問の自由を守る」という正義をなしているのだと自惚れているのではあるまいな。

こうとも言える。
「怨念」の前には理性など通用しない。「嫉妬心」の前には正義など通用しない。「劣等意識克服」の前には高尚な学問、言論の自由など通用しないのだ。
これが世間から学ぶ知恵のはずだ。韓国人の前ではこの知恵を働かすしかないのだ。
大学の高名な教授であれ、大新聞の元主筆であれ、大臣どころか総理大臣まで務めた政治家であれ、こんな世間の知恵を働かすことが出来ぬから、バカだというのだ。

今回の件で思いだしたが、アメリカとソ連の核爆弾製造競争時、ノーベル賞を受賞した日本の湯川博士ら、世界の「良心的」な
科学者が名を連ねて、核研究を核兵器に利用するなとの声明を出した事があった。
ナントカ宣言とか言ったな?確かバカ朝日も異常に熱を入れて賛同、報道しておった。
が、この声明は核爆弾製造競争阻止に役立ったのだろうか?
現実の国家間闘争の前には何の効力も発揮しなかったのではなかったか?



社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
298位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
72位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。