元主筆・若宮啓文、元捏造記者・上村隆、暴力組織支援記者・北野隆一

平成27年12月13日(日)    平成25年9月ブログ開始

元主筆・若宮啓文、元捏造記者・上村隆、暴力組織支援記者・北野隆一
何とか言え





平成27年12月11日  東京本社(朝刊) 社会  38面
吸殻、DNA型一致
靖国の事件容疑者滞在先の衣類


平成27年12月12日  東京本社(朝刊) 社会  38面
靖国現場に火薬原料
韓国人容疑者再入国時も所持か
DSC05869_convert_20151213104713.jpg
ついに韓国人テロリストが、ついそこまでやってきたか。
その前兆はあった。
ここ2,3年、「彼等」の犯行がしばしば発生していた。
帰化朝鮮人のカルト宗教信者が各地の神社に油をまいて汚したり、韓国人が靖国神社の池に向かって小便をしたり、便所に潜んで悪事を働こうとしていたり、これは支那人であったが靖国神社の門扉に火をつけようとさえした。

今回は、靖国神社のトイレに爆弾を仕掛けて爆破しようとしたのだ。
これらはまごうかたなきテロである。
万一逮捕された韓国人容疑者が犯人ではなかったと証明されても、その行為自体はテロと断定できるはずだ。

それをバカ朝日はいまだ、「靖国事件」、「靖国神社トイレ内の爆発音事件」としか呼ばないのだ。
韓国人、朝鮮人によるテロに対して日本人に警戒心を持たせぬようにだ。
これは、犯罪報道の初心を忘れた新聞の自滅行為、責務放棄、国民への裏切り行為だ。
それどころか、他国に加担する謀略・工作行為だとも言える。
即ち、反日新聞、日本毀損新聞であるとも言える。

数日前、バカ朝日は連日、日韓の親密ぶりを伝えていた。
韓国人音楽グループの日本公演が多数の観客を動員していることを取り上げて、これが証拠だと。
そしてこの親密ぶりが損なわれてはならないと。

その為には、「在特会」などによる反韓国、反在日韓国・朝鮮人デモをヘイトスピーチ、人種差別デモだと非を鳴らし、デモにストーカーの如くに付きまとい妨害する「しばき隊」(現在その名称を変えたらしいが)、「男組」なる暴力組織とそれを支援する「のりこえネット」なる反日団体をバカ朝日紙上で称揚し、広報宣伝までしているのだ。
それを行っているのが北野隆一とかいう記者だ。

「在特会」などによる反韓国、反在日コリアン・デモはここ10年くらいの事である。
何故「在特会」なる組織が出来、そのデモが行われるようになったのか?

そもそも、デモとそれを行う組織は、何らかの「動き」に対するその反動としてなされるもの、発生するものである。
だから当然、「在特会」なる組織が出来たのも、反韓国、反在日韓国・朝鮮人デモが行われたりするのも韓国と在日韓国・朝鮮人の日本に対する振舞い、「動」に対する「反動」なのだ。

日韓の関係は1965年の日韓基本条約で決着を見たはずなのに、その後もしつこく、官民挙げて日本にいろんな要求を繰り返してくる。
時の大統領と政府は内政に対する国民の不満をいつでも日本に向けることが出来るよう、後ろから国民を常に焚きつけているのだ。
その一つが、早くも幼稚園児から始まる反日教育だ。
在日韓国・朝鮮人に至っては選挙権をよこせと要求している。在日特権をもっとよこせと。社会保障費をもっとよこせと。
民族教育学校にもっと金をよこせと。
こんな「動」に対して日本国民が反動を開始するのは当然である。
ネットとは親しく、情報の真実をネットを通じて得る若者は特にである。

バカ朝日が、仮にジャーナリストの集団とするなら、そのすべき仕事は何故にそのような日本、日本人に対する彼等の「動」が生起し、生起し続けるのか、その原因・理由を追求し、その原因・理由が真っ当なものであるか、理にかなったものであるかを検証することである。

所がバカ朝日は、そんなことしないのだ。
最初から、日本が、日本人が悪いとの結論ありきなのだ。
そのうえで彼等の不当なる「動」に免罪府を与え、日本及び日本人を批難するのだ。日本に不当な譲歩を求めるのだ。

だからこそ、世紀の捏造報道「強制連行慰安婦」記事も、途中、バカ朝日自らによる何の検証もされず、何十年にもわたって日本人を毀損し続けて平気だったのだ。

驚くべきことに、バカ朝日の元主筆・若宮啓文は韓国の大学の教授を務めている。
あの捏造記事の主犯だった元記者・上村隆はこれまた韓国の大学の客員教授を務めるという。
何処で勤めようと本人の勝手だが、日韓に係る記事を書いていた二人が退職後韓国から報酬を得ているとはこれ如何にである。
これでは単なる破廉恥漢ではないか。読者を、国民をバカにするなである。


そして今回も「靖国事件」「爆発音事件」などととぼけたことを言うのである。

ブログ主は前にも書いたが、バカ朝日の編集権は朝鮮人が握っているのだ。



社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
320位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
82位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR