山中季広、反日新聞記者から転向か?

平成28年1月1日(金)   平成25年9月ブログ開始

山中季広、反日新聞記者から転向か?




平成27年12月13日  東京本社(朝刊)   第2面
日曜に想う   欧米の背 中国の背
特別編集委員 山中季広



新年明けましておめでとうございます

旧年はこの拙いブログにお付き合い下さり有り難うございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。

さて、
新聞記者ってお気楽なもんだ。この「日曜を想う」を読んでそう思う。

例の新幹線輸出。インドネシアは中共支那製を選んだ。
何故支那を選んだのか。その真の理由は何なのか。
それを深く知りたいのであるが、この山中季広は当事者にインタビューしてその話を書いているだけである。
こんなことなら小学生記者にだってできる。
プロの記者ならばそのインタビューから裏にある真実を探り出し読者に提示してみせるのが仕事であろう。

それにだ、取材した二人の当事者の言ってることが違うではないか。
山中はおかしいと思わないのか?

記事によると、担当の日本大使館・青島公使の話は、

「一言で申し上げると、中国が『3年で完成させる』とハッタリ気味の売り込みをした。インドネシアが『タダなら』と飛びついた。そいう構図です」

とあり、一方、インドネシア交通研究所の所長のそれは、

決め手は融資条件だった」他話す。「我が国の予算は1ルピアも使わない、政府の保証も求めない。飲みがたい2条件を中国は飲んだ。日本より柔軟でした」

とある。

青島公使の言うように「タダ」だったのか?「タダ」ならそれは贈り物、プレゼントではないか。
交通研究所の所長の言うように融資条件があったのか?それなら「タダ」ではない。だが予算を1ルピアも使わないなら、返済義務無しと言うことになる。
やはりそれは贈り物,プレゼントになる。「ある時払いの催促なし」と言うならまだわかるが、それとてけっして「タダ」ではない。
青島公使が、「タダ同然」というのを「タダ」と誇張表現したのなら、それを確認すべきであったろう。

大統領が来日した際、新幹線に乗った。その時同乗したテレビ記者は、

「大統領は目に見える成果を求めていた」

と話したそうだ。
そして、そこから山中は、こう書く。

再選のかかる2019年選挙より前に実績がいる。日本案では21年完成だが、中国案なら18年に終わる。それが大きかったという。

ほんまか、それ?
大統領は3年で出来ると判断したのか?出来なけりゃ成果どころか逆に大失政となるのだ。そんな博打をしたのか、大統領は?

ことほど左様に訳の分からん記事を書くのである。山中は。

普通に考えれば、このど素人のブログ主でさえ、支那には新幹線の「贈り物」的持ち出しを補って余りあるはずの裏の、別の具体的取引があるに違いないと思う。それが金銭的実利なのか国際社会での政治的有利性獲得なのかはわからぬが。

そんな疑問に答えてくれることもなく、山中は当事者の語ったことをその通り書くのみである。

あげく、

おそらく欧米の背を追うという立場が私たちには居心地が良いのだろう。明治から慣れ親しんだ位置ゆえか。逆に何であれ中国に追い抜かれたとなると、我らが心は千々に乱れる。

などと、言わずもがなの感想を述べるのだ。

インドネシア出張経費も安くはあるまいに、それでこの結論かよと、バカ朝日購読者としては言いたくもなる。

それに気になるのは、

官民挙げた努力が実って、日本の新幹線がインドへ輸出されることになった。格別に胸のすく思いがする。

だの、

さて今回にお取材で私自身、何より驚いたのは、自分の発する質問が徐々に国士のような熱を帯びたことだ。

と、自分のことを「国士」の様なと書くのだ。
「愛国者」を気取るのだ。
これまで日本政府のすることには何でもかんでも疑義を挟み、ケチをつけてきたバカ朝日の記者のくせにだ。
日本人には徹底して自虐を強要するため、南京大虐殺、強制連行慰安婦なる捏造記事まで書いてきたバカ朝日記者のくせにだ。

山中は反日新聞の記者から転向したのか?反日記事では儲からない、これからは、国士のようになって、日本持ち上げ記事、日本押し記事だと。
さすが機を見るに敏。
新聞発行商売人ならではだ。

この山中ってバカ朝日の社長になれるのではないか?


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
新聞 (16)
政治・経済 (21)
政治 (1)
マスコミ (1)
嫌韓 (0)
ニュース (0)
愛国 (0)
未分類 (271)
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
新聞・マスコミ批判
新聞 (16)
政治・経済 (21)
政治 (1)
マスコミ (1)
嫌韓 (0)
ニュース (0)
愛国 (0)
未分類 (271)
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
新聞 (16)
政治・経済 (21)
政治 (1)
マスコミ (1)
嫌韓 (0)
ニュース (0)
愛国 (0)
未分類 (271)
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
262位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
71位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR