卑屈で情けない「天災人語」記者

平成28年(2016)5月4日(水)    平成25年9月ブログ開始      

卑屈と自虐しかないのか?「天災人語」のバカ記者よ。




2016年5月4日(水)   東京・朝刊 第一面  天声人語


記事の主要部分は後半の以下だ。

▼驚いたことに先日発表された国際調査では、そんな香港よりも、日本の方が「報道の自由」度が低いと判定された。世界180の国と地域を調べた国際NGO「国境なき記者団」が、香港を69位、日本を72位とした▼上位には北欧や西欧の国が並び、下位には独裁国が目立つ。

そもそも、国際調査って何なのだ?
その解説もしないでどうしたというのだ。
国際NGO「国境なき記者団」って一体何者なのだ?
このブログ主がよく言うところの「コミンテルン」(国際共産主義運動)即ち、世界を共産主義と言う単一の思想、主義で牛耳ろうとする者達の覇権運動の流れではないのか?
ネットで調べれば色々書かれているではあろうが、バカ朝日の見解はどうなんだ?

続いてこう書いている。

西欧中心の見方ではないかと思うものの、72位という順位には記者として自責の念を抑えがたい。報道の将来を思うと、焦燥感がこみ上げる▼それにしても、昨今の自民党議員らによる居丈高な物言いは、やはり常軌を逸している。担当相が放送局に電波停止をちらつかせ、議員が報道機関を懲らしめる策を勉強会で披露する。あの種のふるまいがなければ、日本がここまで評判を落とすことはなかっただろう。

ホント情けない。
そんなわけもわからん「国際調査」、「国境なき記者団」とやらに順位をつけられて、しかも低評価をされて、唯々諾々と、「自責の念を抑えがたい」とはいったいどんな神経をしているのだ。

「焦燥感がこみ上げる」、だと。
なに故ここまで卑屈になれるのだ?
それとも判っていて、卑屈を、自虐を装っているのか?

そうではない、とすれば、
一体、この天災人語記者は何歳なのだ?どんな教育を受けてきたのだ?
明治維新以来もう150年にもなろうというのに、未だ西洋崇拝、民族的劣等意識から抜け出せていないのか?
今更ながらだが、こんな日本人が新聞記事を書いているのだから、バカ朝日はどうしようもない。
このブログ主が、朝日をバカ呼ばわりするのも納得いただけるであろう。

其れにだ、高市大臣が国会において野党から質問を受けて答えたに過ぎない、それも法にもとずいている正解を答えたに過ぎない「電波停止処置をすることはあり得る」という答弁に、理不尽な恫喝であるかのが如き印象を国民に与えようとするバカ朝日の卑怯。
政党内で、行き過ぎた報道を懲らしめる策を練ることがけしからんという、政治活動の自由を批難する報道。
これこそ、報道に名を借りた、新聞による偏向した政治的活動である。

政治家が具体的に策を講じてきたら、それが民主主義を毀損するものであるというなら、堂々と反抗すればよいではないか。
そんな勇気もなく、自主規制するのか。

ホントにバカ朝日はバカである。それも姑息な。



社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
391位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
105位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR