GHQの犬


社会・政治問題 ブログランキングへ
平成25年11月19日(火)                  平成25年9月30日ブログ開始

GHQの犬

かねてより朝日は死刑廃止」を陰に陽に訴えている。
しかし死刑を認める国民が過半数以上の為、あからさまな死刑廃止の
論を張ることができないでいる。

そこでこんな策を弄してくる。

2013/11/17   東京本社版 朝刊  3面
DSC02947_convert_20131119161609.jpg


大きな見出しで「GHQ、日本の絞首刑『不適切』」ときたもんだ。
不遜傲慢のGHQが去ってもう半世紀以上だ。
季節外れの幽霊に出会ったようなもんだ。
岡本玄記者さん、あんた歳いくつ?

まだGHQを利用しようっての?
まだ御威光が生きているとでも思っているの?
GHQが不快を示した?
だからどうした?

死刑の執行方法は日本が決める。
憲法の押し付けに加えて死刑執行の方法までアメリカに押し付けられたくないぜ。

ところでさ、岡本玄さんの先輩記者、朝日はじめ日本の報道各社は新しい支配者GHQにアッと言う間に拝跪したんだぜ。

特に朝日は発刊停止処分をくらって、即ち飯の種を取り上げられて、ひとたまりもなく
キャイ~ンと尻尾を振ってしまった。
さすが出が関西の新聞だけある。
「売れて何ぼ」や、です。

ま、尻尾を振った御蔭で、朝日新聞も今や戦後利得者の代表だ。
マスコミ界でちょっとしたコングロマリットを築いているぜ。
岡本さんの定年後も安泰だ。

恥を知れ!バカ朝日。

そして、記者岡本玄さんよ、GHQを出すなら、

「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」について。
新聞記事の紙面すべてがチェックされ、その数は新聞記事だけで
一日約5000本以上であったといわれる検閲について。
江藤淳さんが調査して我々に教えてくれた「30項目もの検閲の対象カテゴリー」
について。
等々。
そして、あんたとこの夥しい先輩記者達が昨日の敵にあっさり寝返った、
その人間の卑屈さ、弱さ、軽薄さの所以について探究・考察したらどうだ。

GHQの我が国の絞首刑に対する偏見よりも書かねばならぬことが一杯あるだろ。
ジャーナリストであるのなら。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
320位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
82位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR