塩倉裕よ、 言霊の報復をうけよ!!!

平成28年(2016)12月21日(水)      平成25年9月ブログ開始 

塩倉裕よ、 言霊の報復をうけよ!!!




平成28年12月14日(火)  東京本社版 夕刊 第3面 
回顧2016  論壇
生き詰まる社会足元を照らす
テロに走る若者の疎外感
少子化・子育て実態を重視
私の三点  荻上チキ(評論家・「シノドス」編集長)

朝日回顧2016
今年、これほど胸糞の悪い話はない。

日本人は、日本民族は言霊(ことだま)を信じる民族である。
悪い言葉を発すれば悪いことが起きる。良い言葉を発すれば良きことを招来する。
言霊信仰の民である。
このブログ主もまさにその通りで、不吉な言葉は極力避ける。

それがどうだ、この記事「回顧2016 論壇」とやらでは、

 匿名ブログ「保育園落ちた日本死ね!!!」も社会現象になった。子育て中の人々らから「保育園落ちたの私だ」と呼応する意見が多く表明されたのだ。子育てを家族に担わせる志向に、今、子育てを社会化する流れが対峙(たいじ)している。

等と言って編集委員・塩倉裕は得意げに書いている。

更に、荻上チキ(男か?)なる評論家は、
この匿名ブログの投稿文「保育園落ちた日本●ね!!!」をウェブ分野の推薦すべき「私の3点」なるものの筆頭に取り上げている。
しかも、匿名ブログへの投稿が国会を動かし、などと推薦理由まで付けてだ。

この匿名ブログの投稿者と、この投稿文を発見し、何んと国会で政府攻撃のために、何の恥じらいも見せず、恐縮もせず、自慢げに、意気高々に取り上げて、利用した民進党の山尾志桜里。
そしてこのバカ朝日編集委員・塩倉裕と荻上チキ。
この者達は日本人の感性・心情・心根を持つ日本人ではあるまい。

しかもだ、
この「保育園落ちた日本●ね!!!」。即ち「日本人●ね!!!」の言葉が今年の「流行語大賞」なるものに選ばれたのだ。

そして、その表彰式の舞台に現われたのは、当のブログ投稿文の作者ではなく、なんと、満面の笑みの山尾志桜里であったのだ。
オイオイ、これって、どう言う事だ?
山尾とそのバックにいる民進党策士による創作、ヤラセ、出来レース、いやいや政治プロパガンダの策謀ではないのか?

これを選んだ審査員の顔ぶれからもそれは匂ってくる。
姜尚中・日本名長野鉄夫(というのをバカ朝日で知った)、三流漫画家・やくみつる、エセ歌人・俵万智、左翼芸者俳優・室井滋、クリエイティブ・ディレクターなどとぬかす面白ろけりゃいい、金さえもらえればいいの企画屋・矢内道彦、そしてこのいかがわしい流行語大賞なるもののスポンサーである自由国民社だかの出版する本の編集長・清水均。

審査員連中も、そして山尾志桜里ら民進党の策士達も、下手をこいたものだ。
彼等は、日本人が言霊の民であることを知らぬ間抜けな外国人である故に、或は日本人の感性・心情を持ち合わせてはいない日本人であるが故に醜態をさらしたのだ。ヘマをやらかしたのだ。

日本人の言霊信仰を知らぬ故に日本人を馬鹿にした所業。
お前たちこそバカ者である。
お前たちこそ言霊に報復されるであろう。




社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
262位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
71位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR