塩倉裕、記者失格。

平成28年(2017)1月6日(金)      平成25年9月ブログ開始 


塩倉裕、 記者失格!



平成29年1月5日(木)  東京本社版 朝刊 第1面 
我々はどこから来てどこへ向かうのか vol。4 国家
国家に何を期待してる?
(編集委員・塩倉裕)
塩谷裕<strong>「日本死ね!!!」
それにしても、この編集委員・塩倉裕というのは新聞記者なんだろうか?
編集委員とあるが新聞記事を書いているのだから新聞記者であることは間違いあるまいが。

塩倉裕については、以下の通り前回のこのブログ出取り上げた


平成28年(2016)12月21日(水)      平成25年9月ブログ開始 

塩倉裕よ、 言霊の報復をうけよ!!!
平成28年12月14日(火)  東京本社版 夕刊 第3面 
回顧2016  論壇
生き詰まる社会足元を照らす



今回も、しつこく、「保育園落ちた日本死ね!!!」なる言葉を題材にして、国家・日本を批難中傷しているのであるが、
この言葉は、匿名ブログに書き込まれた文章の中にある文句だ。

少し振り返れば、バカ朝日が吉田清治なる詐話師の嘘話を取り上げて(利用して)、日本軍が済州島で慰安婦狩りをした
との虚報を日本のみならず世界中にばら撒き、その悪事がばれて取り消し、お詫びをしたのがつい数年前だ。

バカ朝日は吉田の嘘話を、待ってましたとばかりに、願い叶ったりとばかりに何度も報じたのだ。
嘘か真かは済州島へ行って調べればすぐに判ることなのにだ。
嘘だと判ってしまえば日本貶めの記事を作れぬからそれをネグったのであろう。
或は、裏取りに行ってみて嘘だと判ったのであるが、それに頬っかむりをしたのか?

塩谷裕のこの記事も、「吉田清治の従軍慰安婦狩り噓話記事」と全く変わらないのだ。

匿名ブログに載った「保育園落ちた日本死ね!!!」なる言葉を取り上げるならば、
この言葉を投稿したのは誰か?
彼女(あるいは彼?)は実際に働いており、本当に子供を保育園に入れようとしたが入れてくれなかったのか?

そんな裏も取るべきであるにもかかわらず、よくも、


働き続けたいのに子どもを保育園に入れられなかったので会社を辞めねばならなくなってしまった――。ブログ主は苦境を訴え、ネット空間に怒りをぶつけていた。「何なんだよ日本」「一億総活躍社会じゃねーのかよ」「国が子供産ませないでどうすんだよ」「保育園増やせよ」……。

等と書けるものだ。

更にこうも書く、

東京在住の子育て中の女性と名乗っている。ネットを通じて対面取材を申し込んだが断られた。メールでなら質問に答えてくれるという。本当に子育て中なのかなどは確認できなかったが、現象に火を付けた発信者に尋ねたいことがあった。

恥ずかしげもなく、本当に子育て中なのかなどは確認できなかった・・・と書くのだ。
オイオイ、アンタホンマに新聞記者か?
ただのお人好しオヤジだろ。それじゃ。
今日び、ネット上の記事をそのまま真実だと受け取るバカが何処にいるというのだ。

はっきり言おう。
塩谷裕、あんたに新聞記者の資格はない。
裏取りもしない記事を書いて金に換えようなんて詐欺師のやることだ。
大衆誘導工作者としての能力はあるかもしれんが。


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
294位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
76位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR