嘘吐き社説ー韓国はお友達

平成29年(2017)1月27日(金)      平成25年9月ブログ開始 

嘘吐き社説ー韓国はお友達




平成29年1月27日(金)  東京本社版 朝刊 第14面 社説 
社説
朴教授の判決 学問の自由侵した訴追


1/27社説朴 教授
相変わらず韓国についてはバカなことを書いている。

一体韓国という国はどんな国なのか。
この社説記者はどんな認識を持っているのだろうか。

検察が学問の書を訴追する国なのだ。
未だに、民主主義国ではなく、言論の自由は保障されておらず、三権分立は機能しておらず、公権力が横暴を振るう国なのだ。

そして、国民どうしが嘘と騙し合いと無責任で時を過ごしている国である。
近年の事件を見ればすぐわかる。
セウォル号沈没事故。サンケイ新聞ソウル支局長拘束。不誠実で公人意識のない女大統領がもたらす機能不全の政府。
更には、
財閥と言われる少数グループが産業と経済を支配し、富の圧倒的多数を握っている国であり、
国家間の約束(例えば日韓基本条約)さえも守れぬ、背信が平気な不道徳な国である。
竹島を奪い、仏像を返さぬ泥棒国家であり、戦時の売春婦に過ぎないものを従軍慰安婦、性奴隷などと因縁をつけ金をせびるヤクザ国家でもある。
もっと言えば、
北朝鮮と合わせて日本の人口の半分以上もありながら自然科学系のノーベル賞受賞は未だにゼロという全く持って学問・研究の程度が低い国である(これもかつて日本にに35年間併合されていたせいだというのであろうか?)。
嘘を平気で吐き、騙し合う国民性、没道徳性では、自然界の法則を発見するという科学的成果など絶対に得られないのだ。

要は韓国・北朝鮮は、まともな国ではないという事だ。

少なくとも日本がまともに、対等にお付き合いする国ではないということだ。
勿論日本が完全に正しい国と言えないとしてもだ。

更に、日本人にとって腹立たしいのは、毎年何十兆円もの金を日本人に使わせ、500万人とも言われるギャンブル依存症の90%を作り出しているパチンコ業の80~90%は彼ら在日韓国・朝鮮人の経営になるというではないか。
日本を衰亡させる民族だとも言える。
パチンコは日本人の手によって廃絶せねばならない。

このバカ朝日の社説記者は、

日韓がナショナリズムをぶつけ合うのではなく、それを超えた和解が必要だというのが朴さんの一貫した主張でもある。

日韓双方にとって、対立の長期化がもたらす利益などない。両国関係を立て直し、進展させる意義を改めて考えたい。


と間抜けたことを書くのである。

この社説の中頃には、

書が強調するのは、慰安婦となった女性には多様なケースがあったという事実や、植民地という構造が生み出す悲劇の数々である。

これまでの日韓の学界による研究の積み重ねにより、植民地の現実は様々な形で浮き彫りになってきた。


などとも書いている。
未だにしつこく、朝鮮・韓国と言えば枕詞の如く、馬鹿の一つ覚えの如く「植民地にした」と日本国民にウソを吐くのである。

「植民地」と言うのは左翼用語らしいが、ある国を植民地にするということは、一方的に他の国、地域に進出、或いは侵略しその国土、国民、住民を支配下に置き、資源を開発、或いは奪い、或いは国民、住民を労働力として活用、或いは使役して富を生み出し、その成果を本国に持ち去るという事であろう。
その意味において、はたして日本は朝鮮半島の国を植民地にしのか?
そうでないことは歴史的事実を確認するだけで小学生にだってわかることだ。

まさにバカ朝日は、この社説記者といい、日本人を誑かす売国奴の巣窟である。



社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
391位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
105位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR