民主主義の破壊者。 岡戸佑樹、仲村和代、田玉恵美

平成29年(2017)7月11日(火)      平成25年9月ブログ開始 


民主主義の破壊者。 岡戸佑樹、仲村和代、田玉恵美




平成28年(2016)7月6日(木)   東京本社版 社会30面

帰れコール ▶「こんな人たちに負けられぬ」
首相発言「丁寧な説明」どこへ
「民意見えていない」

岡戸佑樹、仲村和代、田玉恵美


岡戸佑樹、仲村和代、田玉恵美子の三人が作った記事だ。
バカ朝日記者に、お前らホントに新聞記者か?ジャーナリストか?と問いかけるのも今や空しい。

この記事の不誠実さときたらどうだ。

そもそも、事実は、7月1日東京・秋葉原における東京都議選の応援演説に立った安倍首相に対して為された「言論弾圧事件」なのだ。
それは、テレビニュースやYOUTUBEなどのネット上の沢山の情報・動画において誰にでも簡単に確認できる。

街宣車を前にして千人近く或いはそれ以上いると確認できる都民・有権者の一角に陣取って、準備してきたであろう巨大横断幕を掲げ、(そこには「安倍やめろ」と書いてある)、「阿部やめろ」、「帰れ」と叫んでいる妨害者がいるのである。

これ正に誰が聞いても、見ても、「工作員」による選挙妨害、言論の自由、思想信条の自由の妨害行動に他ならない。

今更言うのも恥ずかしいが、日本の様な自由主義・民主主義国家は言論の自由と公平な選挙で成り立っている。
この二つは絶対に侵されてはならない。破壊されてはならない。
この二つが破壊されようとしたのが今回の事件の「真実」である。

それがどうだ、この三人の記者は、そのことを正面切って報道せずに、その被害者・安倍首相を貶めることに利用するのだ。
安倍首相はけしからんとの印象操作記事に仕立てるのだ。

それが見出しの、


帰れコール ▶「こんな人たちに負けられぬ」
首相発言「丁寧な説明」どこへ
「民意見えていない」span>

だ。

安倍首相は、こんな暴徒、言論の自由破壊集団に対して、「こんな人たちには負けられぬ」とかえしたのだ。
「黙れ」とも、「帰れ」とも「、(彼らを)拘束せよ」とも、「隔離せよ」とも言っていない。
「封殺」も「弾圧」もしていないのだ。
さすがに選挙で選ばれた民主主義国家の宰相だ。偉いではないか。国民は誇りに思ってよい。


選挙演説は、有権者・聴衆は黙って聞かねばならない。。
そして、その内容を支持できるなら投票日に投票すればよい、賛成できなければその候補者に投票しなければよい。

野次や暴言、今回のように破壊を意図した一団によって演説が「やめろ」、「帰れ」などと言って阻止されてはならない。
許されるのは、不支持を示す舌打ちやブーイングくらいだ。

自ら拠って立つ言論活動、存在を担保してくれている「言論の自由」、「公平なる選挙」を見捨てるこのバカ朝日三人の記者。
何のことはない。
この三人こそが、民主主義を破壊しているのだ。
岡戸佑樹、仲村和代、田玉恵美。


だからこのブログ主は、朝日新聞を「バカ朝日」と呼ぶのだ。


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
320位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
82位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR