相変わらずの卑劣「言葉狩り」


社会・政治問題 ブログランキングへ
平成25年12月3日              平成25年9月30日ブログ開始

相変わらずの卑劣戦法「言葉狩り」

12月2日(月)東京本社 朝刊 2面
DSC03063_convert_20131203172337.jpg

12月3日(火) 東京本社  朝刊
DSC03057_convert_20131203173535.jpg

12月2日  東京本社夕刊
DSC03065_convert_20131203172413.jpg

12月3日(火) 東京本社  朝刊
DSC03059_convert_20131203172151.jpg


12月3日(火) 東京本社  朝刊
DSC03061_convert_20131203172250.jpg

テロとは辞書を見なくても、一般的理解は、テロが恐怖の意味であることから、
主に政治の世界において政敵とか自分の主義・主張に従わない者に
肉体的精神的苦痛・暴力を加えることによって恐怖感を与え、相手を黙らせてしまうことである。
究極のそれは殺害とか暗殺ということになる。

議員会館、国会の外で「特定機密保護法絶対阻止!」を叫ぶデモ隊の大音量が鳴り響いている。

これに付、
石破茂自民党幹事長は11月29日付けの自身のブログで、
>単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらないように思われます。
と述べたそうな。

至極真っ当な事を仰っているにすぎない。
それをどうだ、例によって朝日の言葉狩りだ。

けしからん、けしからんと大仰に騒ぎ立てる。
石破幹事長を表現の自由を破壊する極悪人のごとく言い募る。


朝日はこの攻撃方法で過去に何度も味をしめたもんでね。
すぐに思い出すのは、森首相の「神の国」発言だ。

ウィキぺディアの「神の国発言」から引くと、森さんはこう言った、
「日本の国、まさに天皇を中心としている神の国であるぞということを
国民の皆さんにしっかりと承知をして戴く、その思いでですね・・・」

と、至極当たり前のことを言っている。
なのに、バカ朝日をはじめ新聞・マスコミが「言葉狩り戦法」で森首相を辞任に追い込んだ。

八百万の神々、その中心にあって司祭者である天皇と共にある日本、日本人。

朝日社員は一体何人(なにじん)なのか?
地球市民だ?アホか、である。

そして、石原前都知事の「第三国人発言」もあった。

それにしても、確か国会議事堂とか、外国の大・公使館周辺では静謐を保たねばならない
という法律があるはずだ。
如何にバカ朝日の記者と言えども其れは知ってるはずだ。
だから、その周辺では大音量スピ-カー使用とか太鼓などの鳴り物は禁止されて
いる。
国民の選んだ、国政を担う国会議員に肉体的苦痛を与えて考えを変えさせよう
なんてことがあってはならないのだ。

石破さんが、ブログで、

>単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらないように思われます。

と仰る通りだ。

ま、朝日はわかっててやってる「言葉狩り確信犯」。
犯罪者に等しいぜ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
352位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
90位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR