FC2ブログ

バカ朝日は日本の新聞ではない

平成29年(2017)7月23日(日)      平成25年9月ブログ開始 

バカ朝日は日本の新聞ではない



2017年(平成29年)7月17日      東京本社版  第8面  オピニオン
社説
憲法70年 多様な人々の共生社会を




えー、なんだって。
一体何を言い出すんだ、バカ朝日。読み初めて驚いてしまったのがこれだ。


では日本国憲法は、外国人の権利を守っているのだろうか。答えはイエスだ。70年前に施行された憲法は、外国人の基本的人権の尊重も求めている。

とある。

オイオイ、外国人の権利を守っているかも何も、憲法ってのはその国の国民だけを対象にしているのではないのか。
一体どこ国の憲法が、自国民以外を対象になんかしているというのだ。
聞いたこともない。
続けて、

 
■外国人の人権等しく
すべて国民は法の下に平等で、人種、信条、性別、社会的身分などで差別されない――。憲法14条はそう定めている。


と書いている。

憲法の一体どこに「すべての外国人も」、なんて書いてあるのだ。

そして、

 「国民」とは誰か。最高裁は1978年の判決で「権利の性質上、日本国民のみが対象と解されるものを除けば、基本的人権の保障は外国人にも等しく及ぶ」との見解を示した。

と書く。

「国民」とは誰かと聞いときながら、その答えを書かないのだ。
そして最高裁の見解とやらを持ちだす。
牽強付会どころか、詭弁を弄するってやつだ。

そんな見解を持ちださなくとも、日本人は知っている。
日本にいる外国人も等しく人である。だから外国人に対して、「人非人」の扱いをしてはならない。
と言うところを、最高裁は、日本は文化的道徳的先進国であるから、「基本的人権の保障は外国人にも等しく及ぶ」と言ってるだけだ。

言うまでもないが、日本の国籍を取り、「日本国民」となった者は日本国憲法の対象だ。
等しく日本国民であるから、人種、信条、性別、社会的身分などで差別されることはない。

日本で日本人と一生、暮らしたい共生したいと思うなら、日本国籍を取りなさいということだ。
日本人とて他の国で、そこの国民と付き合って一生平和に暮らしたいと思うなら、その国の国籍を取りなさいということだ。


日本国という国家を、運命共同体を、日本人は、名もなき我々の祖先は、過去2000年にわたってこの地で営々と働き、税金を納め、築いてきたのだ。
ある日突然出来たのではない。
そして世界が国家のせめぎ合いで成り立っていることを知ったがゆえに、より強い国家を力を合わせて造ろうとやってきたのだ。
世界に冠たる日本。
それをバカ朝日の記者共は,何が不満なのか、その日本国をチャラにしろというのだ。
それも、偉そうに、上から目線で。

「地球人になろう」だの「共生社会の実現」だのを主張・夢想・教唆しているのがそれだ。

先づ、国家解体、アナーキー社会とし、しかる後に、「共産主義」で国を仕切ろうと、或いは他の国の支配下に組み込もうと画策しているのだ。

このブログ主酔った勢いで言ってしまうが、いつまで戯言を言ってれば気が済むのだ。バカ朝日腐れインテリ共めが。

外国人も日本国民と同じだと言い、民進党国会議員・蓮舫の重国籍は問題でないと言い、北朝鮮が経営する学校にも補助金を出せと言う。

日本にはいらない新聞だ。



社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
222位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
61位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR