FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温又柔(台湾籍作家)と唆し記者・仲村和代の国家破壊工作記事

平成29年(2017)8月26日(土)      平成25年9月ブログ開始 

温又柔(台湾籍作家)と唆し記者・仲村和代の国家破壊工作記事



2017年(平成29年)8月24日      東京本社版(夕刊)  社会  第10面 
国籍の「線上」でなく「真ん中」で
台湾籍の作家は問う


台湾作家温
最近、バカ朝日の紙面はスカスカで、読むべき、注目に値する記事がほとんどない。
バカ朝日記者は高給を食んで一体何をしているのかと、ブログ主は訝るばかりだ。
こんな日本破壊工作記事しか書けんのかと。
今回のこれは、普段から「国家は要らない」、「多文化・多民族共生」、「地球市民」などと、そそのかしている新聞ならではのそれだ。
バカ朝日らしいと言えばそれまでだが。

今回は、台湾籍の作家を登場させている。
仲村和代という記名がある。

台湾籍の作家は問う

という見出しに続いて、

芥川賞候補にもなった自伝的小説に対する批評もきっかけに、グローバル化が進む日本社会にとって「国籍」とは何なのか、改めて問いかける。

とある。その作家は一体何を問うているのか。
それを拾ってみると、

「日本語を話し、日本文化になじみ、日本のことを思っていても、『日本人』でなければ、忠誠を誓うことを求められるのか」。

とある。
政治家でなけりゃ忠誠なんか求められません。
何を大げさな。台湾作家よ。

続いて、

「日本国籍を持たなかった時間はなかったことにできないし、したくない。生まれた時から日本国籍で、日本語に囲まれて育った人にとっては国籍も体の一部のようかもしれないが、もっと柔軟なものなんです」

国籍も体の一部のようかもしれないが、国籍は柔軟なものってどういう意味?
そんな喩えが可能なの?
温さんにとっては柔軟なものであって欲しいんだね。
勝手にそう思ってりゃいいだけの話です。
但し、台湾・日本で利益が相反した場合、台湾を利することはしないでね。

現在の地球上においては、国籍は人間のすべてですよ。
国籍無しで生きていけますか?
其れとも、国籍無しでも、複数国籍でも生きていける世の中(世界)にしたいっての?
なら、そんな人たちが集まって住めば?
そんなことが可能な土地が地球上にあればだけどね。

更に言う。

「国民国家で人間の権利を決めるのは、もうそろそろ限界では。彼らが希望の種なんだという思いをこめた」

と。
何を見て限界だと言ってるのか?
じゃ誰が人間の権利を決めるのか?
バカなこと言うもんではないぞ。


仲村和代は書く、

文芸春秋9月号に掲載された選評で、作家の宮本輝氏は「日本人の読み手にとっては対岸の火事であって、同調しにくい」と評した。
温さんがツイッターで「日本も日本語も、自分=日本人たちだけのものと信じて疑わないからこその反応だよね」とつぶやくと、多くの共感が寄せられた。


おいおい、日本は日本国籍だけを持つ日本人だけのものですよ。
日本語はどうかな?
別に日本語は日本人だけに所有権があるわけでもありませんし、言葉はそれを習得した人のものでしょ。
日本語は、日本人だけのものなんて誰も思ってやしませんよ。
言葉はすべからくそうでしょ。

仲村和代はこうも書く。

 外国人は増えているが、逆に排他的な空気は強まっていると感じる。

と。
仲村和代さんよ、温さんの見解とどんな関係があるというの?
それに、外国人が増えりゃそれだけ軋轢も増えるし、排他的な空気も強まるでしょ。

仲村和代は最後にこう書く。

 性別、家族のかたち、ジェンダー。誰かが決めた「線引き」に苦しむ人たちは少なくない。自分をあるがままに肯定できる社会が当たり前になるように――。そう願い、書き続ける。

仲村和代さんよ、温さんの見解とどんな関係があるというの?
ホントに温さんはそう願って書き続けているの?
なら、あんたの言葉ではなく温さんに語ってもらえば?
あんたはそれを記すだけにしたら?



社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
372位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
95位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。