FC2ブログ

池澤夏樹サンの馬鹿曝け出しの、反安倍プロパガンダ

平成29年10月17日(火)           平成25年9月ブログ開始 

池澤夏樹サンの反安倍プロパガンダ



2017年(平成29年)10月4日(水)   東京本社版  夕刊  第 3 面
文化欄 文芸・批評
終わりと始まり
絶望の一歩手前で
それでも愚直に選ぶ

池澤夏樹10月

久しぶりだ。
バカ朝日「終わりと始まり」を読んだのは。
しかも10月4日のそれだ。

書いてるのは池澤夏樹サンだ。

池澤サンの「終わりと始まり」については以前ボロカスにこの「今日のバカ朝日」で書いた事がある。
余りにも下らなく、バカじゃないのかと思ったからだ。

今回も全く同じだ。読むに値しない馬鹿なことを言っている。

見出しは、大げさにも、

「絶望の一歩手前で、それでも愚直に選ぶ」

だ。
今はやりの危機プロパガンダってやつか?
要は、反自民党、反安倍プロパガンダだ。

そして自分の馬鹿さも無責任さも曝け出しているのだ。

池澤サンはこう書いている。

 この数年間、安倍晋三という人の印象はただただ喋(しゃべ)るということだった。枯れ草の山に火を点(つ)けたかのようにぺらぺらぺらと途切れなく軽い言葉が出てくる。対話ではなく、議論でもなく、一方的な流出。機械工学で言えばバルブの開固着であり、最近の言い回しを借りればダダ洩(も)れだ。
 安倍晋三は主題Aについて問われてもそれを無視して主題Bのことを延々と話す。Bについての問いにはCを言う。弁証法になっていないからアウフヘーベンもない。

と、安倍首相は国民の問いに答えない、けしからんと、これ以上なく腐しているのだ。

ところが池澤サン本人も、このざまだ。
こう書いている。

 これは現代の政治にまつわる矛盾の体現かもしれない。資本主義と民主主義という二つの原理の間にどうしようもない矛盾がある。民主主義は権利や富が万民に行き渡ることを目指す。資本主義は富の集中と蓄積を旨とする。ベクトルが逆なのだ。
 現政権の面々はほとんどが富裕層の出身である。有権者の九割九分は富裕層ではないのに、なぜ彼らに票を入れるのだろう。


と、訝り、問いかけておきながら、何一つ答えを、自分の見解なり考察なりを書かないのだ。
問題と答えをそらすだけなのだ。

自分なりの「答え」を書いてこその「売文家」であろうに。
安倍首相よりタチが悪いというものだ。
政治家は、答えなければ非難され、それなりのしっぺ返しを食らう。

売文家は書きっぱなしでお咎めなしだ。気楽なもんだ。
池澤サンよ今からでも遅くはない。

あなたの質問、

 現政権の面々はほとんどが富裕層の出身である。有権者の九割九分は富裕層ではないのに、なぜ彼らに票を入れるのだろう。

に対する、あなたなりの答えを書きなさい。
新聞は、ただじゃないんだからね。

金払って下手な政治プロパガンダを読まされてたんじゃたまったもんではない。



社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
251位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
65位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR