FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんにも解っちゃいないバカ朝日記者、仲村和代・田玉恵美

平成29年(2017)11月9日(木)      平成25年9月ブログ開始 

なんにも解っちゃいないバカ朝日記者、仲村和代・田玉恵美


平成29年(2017)10月28日(土) 東京本社版朝刊  .37面 社会
メディアタイムズ  SNSヘイト対策探る
「差別批判放置」の声 ツイッター
監視チーム増員へ  フェイスブック

(仲村和代、田玉恵美

仲村和代と田玉恵美の二人による記事だ。
ツイッタ―やフェイスブックのSNS上でなされている、いわゆる「ヘイト」投稿なるものに対して行われている、いわゆる「市民グループ」による抗議行動。

この記事によると、それに応じてツイッター社はこう言っている。

「中傷、悪口、人種や性差別的発言など、他者の尊厳を低下させる内容を繰り返す行為や、相手の品位を損なうような投稿」を禁じ、違反した場合は利用を凍結する場合もあるとの方針を公開している。

更に、記事にはこう書かれている。

それでも、ヘイトスピーチに詳しい弁護士の師岡康子さんは「ヘイトスピーチを受けたマイノリティーにとっては、命や人権にかかわる重大な問題なのに、ツイッター社の対応は不十分だ」と指摘する。「日本では利用者数も多く影響力が大きいのに、問題の投稿が削除されるまでに時間がかかりすぎる。明らかなヘイトスピーチであっても削除要請が認められないことも多い」といい、師岡さんが依頼を受けて削除を依頼して実現したケースでも、2、3カ月かかった例があるという。

と、師岡康子なる弁護士の弁を取り上げているのだ。
仲村和代・田玉恵美も勿論この弁に大賛成しているのだ。

そして最後にはこう書いている。

 ドイツでは、ツイッターやフェイスブックなどSNSの運営会社が、差別的な内容の投稿などについて苦情を受けてから24時間以内に削除する義務を負う法律が成立している。(仲村和代、田玉恵美)

日本も早くドイツの真似をせよと迫っているのだ。

この仲村和代と田玉恵美なる記者は、本当に新聞記者なのか?
疑わざるを得ない。

言うまでもないことだが、現代社会にとって、どの国にも関係なく世界中の人々にとって、一番大切なものは、「言論の自由」だ。

これを置いて他にはないと断言できる。

「ヘイトスピーチ」なるものが許せないと言うなら、「反ヘイトスピーチ」で返すべきなのだ。
あくまで、言論で、スピーチで返さねばならない。
その場が、ツイッターであるならツイッター上で、フェイスブックならフェイスブック上で、街中でなら街中でだ。
デモならデモでだ。

それを、「場」を提供している、ツイッター社やフェイスブック社に圧力をかけて言論の自由を封じさせようなんて、とんでもない見当違いだ。
しかも、「言論の自由」が命である新聞社の記者が、この言論弾圧行為の肩を持っているのだから、何をかいわんやである。

そう言えば、この田玉恵美は、このブログでも前に取り上げたが、
(平成29年(2017)10月19日(木) 貞国聖子と田玉恵美は民主主義の敵)
前の都知事選挙における、秋葉原での街頭演説において、安倍首相の応援演説場面で、「反日過激」集団が聴衆陣の一角を占め、準備してきた「安倍ヤメロ」と書いた巨大横断幕を報道陣の前に掲げ、さらに「安倍帰れ」と大声を発して選挙妨害を行った。
それに対して安倍首相は、「こんな人達には負けるわけにはいきません」と応じたのだった。

即ち、安倍首相は、民主主義の根幹である選挙に対しての組織的妨害と言論の自由圧殺行為に対し堂々闘ったのだ。
ところが、なんと、これを報じる翌日の田玉恵美の記事は、それをシカトし、その妨害者・民主主義の敵に対して安倍首相が発した言葉、「こんな人たちには負けるわけにはいきません」という真っ当で勇敢な発言を、安倍首相が有権者を「こんな人たちと」馬鹿にしたという事にすり替えたのだ。

このブログ主が、仲村や田玉なぞはジャーナリストでも新聞記者でもないと断じる所以なのだ。


さて、以下は、11月9日(木)のバカ朝日・天声人語だ。

DSC06837_convert_20171109230803.jpg

ロシア革命の意義を懐かしんでいるのだが、
こうある。

革命で生まれたソ連は残念ながら、労働者の天下とはほど遠い国に堕した。続く東欧や中国もしかり。

革命以前、ロシアではデモなぞは即刻弾圧されたし「言論の自由」なぞなかったのだ。
だからこそ、ついに暴力に訴えたのだ。

過去の事を言っても仕方がないが、当時のロシアに「言論の自由」があったならば、と考えてしまう。
無かったからこそ、終に全面的な「暴力の自由」に訴えたのだ。

それがロシア革命だ。

そして、何故、堕したのか?
その理由が分かっているのだろうか天声人語記者には。
なんせ仲村と田玉と同じバカ朝日だからな。

何故堕したのか?
それは「暴力の自由」でもたらされた社会であったからなのだ。

正に我々が教訓とすべきなのは、
「言論の自由」は、たとえ何があっっても絶対に確保されねばならない、そうでなければ「暴力の自由」に取って代わられるぞ、と言う事なのだ。


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
367位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
93位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。