FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常識なき女、秋山訓子

平成29年(2017)12月8日(金)      平成25年9月ブログ開始 

常識なき女、秋山訓子



平成29年(2017)12月7日(木) 東京本社版朝刊  第16面 
声、社説 ザ・コラム

闇夜をくぐって   どちらが本当?安倍首相

新聞の大きな役割の一つは、常に為政者、権力者の行動を観察、チェックし読者、国民に伝えることだ。
その観察眼が曇っていたり、何らかの一方的なバイアスがかかっていてはならない。
即ち世間の常識、良識の眼であらねばならないということだ。

言うまでもなく、日本の国は民主主義を採用している。
国民が主人であり、国の在り様、方針は全てを国民が決める。
具体的には、間接民主主義というやつで、議会に国民の代表を送り込んでその代表の多数決で決める。

国民は公平に一人一票を持つ選挙で代表を選ぶのだ。
選挙運動で、立候補者は誰にも阻害されることなく自分の主義主張を述べる。
選挙投票有権者は、これ又何ものにも阻害されることなく候補者の主義主張を聞いて投票をする。

選挙こそ民主主義の根幹であり、民主主義を担保するものである。
これが日本国民の常識であることは、言を待たない。

所がだ、バカ朝日にはこの常識のない記者が沢山いる。
今回のこの秋山訓子もその一人だ。

バカ朝日の「社是」と編集方針の「倒閣運動」に忠実なあまり、寝ても覚めても、安倍首相にケチをつけることばっかり考えているのだろう。
いまだにこんなことを言っているのだ。
このザ・コラムでこう書いている。

彼の再出発を支えた人たちに尋ねた。

 何で彼はもう一度首相をめざしたんでしょうね?

 「どうしてもやりたかったこと、やり残したことがあったからじゃないですか」

 挫折を経て彼は変わりましたか? そう聞くと、みんなうなずく。どんなふうに?

 「最高権力者がどう振る舞うべきかを常に考えている。周りもそれを言うしね」

 でも、「こんな人たち」とか言ったじゃないですか、と私が言うと、「いや、あの発言にはすごく驚きました。あんなことを言うなんて、と」。

 聞いたこちらも驚いた。私にはあのセリフは、安倍さんがいかにも言いそう、と思えたからだ。しかし近い人には全く違った。

と。
秋山の言っている、

 でも、「こんな人たち」とか言ったじゃないですか、

の「こんな人たち」という安倍首相の発言というのは、このブログで何度も取り上げた。
特に以下のブログだ。


平成29年(2017)11月9日(木)   
なんにも解っちゃいないバカ朝日記者、仲村和代・田玉恵美


そして以下のブログ

成29年(2017)10月19日(木)      
貞国聖子と田玉恵美は民主主義の敵


ではこう書いた。

この記事は、さる7月1日秋葉原で行われた都議選の応援演説時において安倍首相が演説に立った時、群衆の一角、カメラマンが居並ぶ報道陣の隣に突然3メートル四方位の幕を掲げた一団が現れた時のものだ。。
その巨大幕には「安倍ヤメロ」と書かれている。そしてその一団は、「安倍帰れ」コールを始めたのだ。
これは、YOU TUBE映像その他でも簡単に確認できる。

この一団による行為は、明らかに仕込まれたものであり、幕に書かれている文句「安倍ヤメロ」と、「安倍帰れ」というシュプレヒコールは、候補者の言論の自由と有権者の聞く権利を奪うという正に選挙破壊、言論の自由の抹殺行為である。
即ち民主主義の破壊活動という犯罪に他ならないのだ。

これこそが、ジャーナリストならば取り上げて指弾せねばならない「真実」なのだ。
それをどうだ?
このバカ朝日記者・貞国聖子は、

首相へ、やっと声あげたのに
などと安倍首相叩きに利用するのだ。

さらには、

「こんな人たち」をめぐる様々な反応は、社会の分断の象徴ではないだろうか。
などと、問題をはぐらかすのだ。バカ朝日・貞国聖子こそ国民の分断を謀っているのだ。
まさに、反日工作記事、反日プロパガンダ記事、フェイク記事専門の工作員であることを自ら証明して見せているのだ。

<中略>

偉いではないか。安倍首相。
暴徒の「ヤメロ」「帰れ」コールに対して、「彼らの口を封じよ」「黙れ」とも「お前たちこそ帰れ」とも「彼らを拘束せよ」「彼らを排除せよ」とも言っていないのだ。
「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と返したのだ。
見上げたものだ。
正に民主主義がなんであるかを解っている政治家である。
民主主義の申し子のような政治家である。
<引用終わり>


お解り頂けただろうか。
秋山訓子も、貞国聖子と田玉恵美同様に、日本人の常識、良識の眼を持たない女たちということが。
こんなのが記者として、記事を書いているのだ。
ブログ主が「バカ朝日」呼ばわりする理由がお解り頂けるだろう。

社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
367位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
93位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。