もともとバカなの、それとバカ記者に育つの、育てられるの?


社会・政治問題 ブログランキングへ
平成25年12月10日(火)       平成25年9月30日ブログ開始

もともとバカなの、それとバカ記者に育つの、育てられるの?

しつこく続く新聞・マスコミの反秘密保護法キャンペーン記事

この日の朝日のむさしの(武蔵野)という地方欄にも、
特定勢力応援プロパガンダここに極まれりの記事が。

12月8日(日)  東京本社版  朝刊  37面
DSC03123.jpg
秘密保護法 代々木公園に5500人
の見出しで、
石川瀬里、横川結香記者が
代々木公園におけるデモを取材しての記事だ。

記事中には、
「自由のない国絶対反対」
「ふざけるな、自分勝手に決めるな」
「情報は命。何でも秘密にされたら生きていけない」
「情報はみんなのもの。『知る権利に配慮する』なんておこがましい」
「我々大人が子供たちのために、反対という意思表示をし続けていかなくては」
等々、参加者のスローガンとか発言みが書き連ねられている。

オイオイ何だろね。
この両女性記者はほんとに成人の職業記者?

社会科の勉強で新聞記者になっている小学生記者じゃないのかね?
で、これは小学生新聞?

なんて言えば、小学生記者はきっと怒るよね。

小学生は当然先生から、
デモなどの運動を伝える場合は、デモをしている人の言い分、主張を
書いて、続けてデモを掛けられてる側の言い分、主張も書きましょうね。
読者にどちらが正しいのか判断ができるようにね。
もし記者が、こちらの方が正しいと判断したのなら、その理由を読者に
分るように書こうね。
新聞記者は宣伝屋さんじゃないんですからね。
と基本は教えられてるはずだから、こんな記事書きっこない。

其れが何なんですかね。この記事は?
デモ主催者の広報記事?
おまけにトンチンカンなセリフのオンパレード。

「自由のない国絶対反対」って秘密保護法と何の関係がありますか?
いや記者の脳内ではあるのかもしれん。

朝日新聞記者行動基準とやらにこうあります。

記者は、自らの職務に誇りをもち、特定の個人や勢力のために取材・報道をするなど
独立性や中立性に疑問を持たれるような行動をとらない。
公正で正確な報道に努め、いかなる勢力からの圧力にも屈せず、
干渉を排して、公共の利益のために取材・報道を行う。


だから石川瀬里、横川結香記者さんはやっぱり二セ朝日記者だな。
あるいは、
もしホントに朝日の記者なら、「朝日新聞は嘘つき新聞だ」
と言うのが正しいと証明されたことになる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
320位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
82位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR