言論封殺新聞 謀略記事


社会・政治問題 ブログランキングへ
平成26年1月27日(月)          平成25年9月ブログ開始

言論封殺新聞 謀略記事
朝日新聞デジタル・ヘッドライン にて
2014年1月26日(日)
に下記記事がメールされてきた。

関係部分を転載すると、

<span style="font-size:large;">慰安婦、戦地に付きもの―NHK籾井新会長の会見詳報3
2014年1月26日03時22分

ーーーー<略>---

――政府との距離の問題について、2001年の番組改変問題があった。
慰安婦を巡る問題についての考えは。

(籾井会長答え)
 コメントを控えたい。いわゆる、戦時慰安婦ですよね。
戦時だからいいとか悪いとか いうつもりは毛頭無いが、このへんの問題は
  どこの国にもあったこと。違いますか。

ーーーー<略>---

――先ほどの発言から、慰安婦は戦争していた国すべてにいた、というふうに取れるが

(籾井会長答え)
 こっちから質問ですけど、韓国だけにあったことだとお思いですか。

 ――どこの国でも、というと、すべての国と取れる

(籾井会長答え)
 戦争地域ってことですよ。どこでもあったと思いますね、僕は。

 ――何か証拠があってのことなのか

(籾井会長答え)
 この問題にこれ以上深入りすることはやめたいのですが、いいですか。
慰安婦そのものが良いか悪いかと言われれば、今のモラルでは悪いんです。
じゃあ、従軍慰安婦はどうだったかと言われると、これはそのときの現実として
あったということなんです。私は慰安婦は良いとは言っていない。
ただ、ふたつに分けないと、話はややこしいですよ。
従軍慰安婦が韓国だけにあって、他になかったという証拠がありますか?

 言葉尻をとらえてもだめですよ。あなた、行って調べてごらんなさいよ。あったはずですよ。
あったんですよ、現実的に。ないという証拠もないでしょう。
やっぱり従軍慰安婦の問題を色々うんぬんされると、これはちょっとおかしいんじゃないか
という気がしますよ。
私、良いといっていませんよ。しかしどう思いますか。
  日本だけがやっていたようなことを言われて。


 ――他の国にもあったということと、どこの国にもあったということは違う

(籾井会長答え)
 戦争をしているどこの国にもあったでしょ、ということです。
じゃあ、ドイツにありませんでしたか、フランスにありませんでしたか? 
そんなことないでしょう。ヨーロッパはどこだってあったでしょう。
じゃあ、なぜオランダに今ごろまだ飾り窓があるんですか? 
議論するつもりはありませんが、私が「どこでもあった」と言ったのは、世界中くまなく
どこでもあったと言っているのではなくて、戦争している所では大体そういうものは
付きものだったわけですよ。
証拠があるかと言われたけれども、逆に僕は、なかったという証拠はどこにあったのか
聞きたいですよ。

 僕が今韓国がやっていることで一番不満なのは、ここまで言うのは会長としては
言い過ぎですから、会長の職はさておき、さておきですよ、これを忘れないで下さいよ。
韓国が、日本だけが強制連行をしたみたいなことを言っているから、話がややこしいですよ。
お金寄越せと言っているわけですよ、補償しろと言っているわけですよ。
しかしそういうことは全て、日韓条約で国際的には解決しているわけですよ。
それをなぜそれを蒸し返されるんですか。
おかしいでしょう。そう思いますよ、僕は。

 ――今のところ、「会長としての職はさておいて」というが、ここは会長会見の場だ

(籾井会長答え)
 失礼しました。じゃあ、全部取り消します。

 ――取り消せないですよ

(籾井会長答え)
 しつこく質問されたから、答えなきゃいかんと思って答えましたが、
 会長としては答えられませんので。「会長はさておき」と言ったわけですよ。
 じゃあ、取り消しますよ。まともな会話ができなくなる。「それはノーコメントです」と、
 それで済んじゃうじゃないですか。
 それでよろしいんでしょうか。

ーーー<以下略>---
そして、1月26日(日)の朝刊(東京本社版は以下の様に報じている。

第一面の見出しは、
従軍慰安婦「どこの国にも」 韓国の補償要求「おかしい」
NHK新会長後で取り消し
DSC03277_convert_20140127143657.jpg

第三面の見出しは、
中立・公平性、疑問の声
籾井NHK真会長発言
閣僚「あり得ない失言に怒り」
「現場が自主規制も」
DSC03280_convert_20140127143745.jpg

第38面では
NHK新会長主なやり取り
DSC03282_convert_20140127143817.jpg



みごとな朝日のマッチポンプ記事です。

質問をした記者がバカ朝日かどうかは判らぬが、
質問をしていおいて、答えたらそれがけしからんと非難するばかりである。

NHK新会長の発言とその中身のどこが、なぜ間違っているのか、
どこがなぜ非常識なのか、
どこがなぜ「おかしい」のか、
どこがなぜ「あり得ない失言」のか、
どこがなぜ「中立・不公正」のか、
どこがなぜケシカランのかそれを解説し書くべきであろうに。
そんなことは一切書かずに、会長の発言自体も、その内容もとんでもない、けしからんと
一方的に批難するばかり。

こんなことをされたら然るべき公的責任ある立場に就いた人はいわゆる「従軍慰安婦」
なるものについて一切発言できなくなる。
つまり、言論封殺と同じだ。

新聞が守るべき、よって立つ一番大切な事、これが無ければ報道活動は存在しえない
と言う生命線が言論の自由であることは小学生だって知っている。

籾井NHK新会長ははめられた。
朝日が謀略新聞である所以である。

籾井新会長がバカ朝日の毀損工作、謀略に屈せず、
その信念を貫き通されることを祈るばかりだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
262位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
71位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR