儲け第一主義卑しい手段


社会・政治問題 ブログランキングへ
平成26年1月30日(木)               平成25年9月 ブログ開始

儲け第一主義 卑しい手段



籾井NHK新会長記者会見のマッチポンプ記事



1月28日 (火) 東京版 朝刊第3面
DSC03291_convert_20140130151846.jpg

1月28日 (火) 東京版 天声人語DSC03286_convert_20140130165357.jpg



DSC03292_convert_20140130151916.jpg

1月29日(水) 東京本社版 朝刊 第2面
DSC03293_convert_20140130151941.jpg


現在新聞マスコミは種々雑多な情報を提供し、読者からそれに対価を払ってもらって成り立っている資本主義社会における一つの営利事業である。

従って、江戸時代における日本の資本主義の萌芽と軌を一にしている。
事件の真実を知りたいと言う民衆の欲求を満たすための情報誌・新聞の発行が営利事業として成り立つようになったのである。
需要と供給であり、供給者には対価が支払われる。

より多く売れる為には、より多くの民衆に受け入れられなければならない。
購読されなければならない。

そして売れる為に、
新聞は社会の木鐸、世の不正義を暴く、為政者の独善、独裁にブレーキをかける、被抑圧者の側に立ち正義を実現する等の御題目、売り文句を唱えもする。

真実を追求し、これを報じる、これは新聞社の吐く嘘である。
建前である。
本音は、とにかく売れること。儲かること。会社を潰さないこと。
これを外せない最優先基本方針に据えて、日々、
嘘をついたり、ある政治的思考に与したり、なんらかの団体に配慮したり、報じるべきことを報じなかったり、マッチポンプ記事を書いたり、言論を封殺したりしているのである。

今回のNHK会長記者会見に関しての一連のしつこい籾井会長攻撃記事が、まさにバカ朝日の、ある政治的思考にもとずく、マッチポンプ記事であり、言論封殺の典型的記事である。


だが、ネット時代到来の御蔭で、流される映像に簡単にアクセスでき、事実を確認できるようになった。
読者はバカ朝日の記事に今迄のようには騙されなくなったのだ。
籾井NHK新会長の記者会見の様子もすぐに映像で確認できる。
そこで露わになっている記者の卑しき魂胆もすぐ読み取れる。

バカ朝日は今までに何人のまともな愛国者政治家を罠に嵌め、その政治的正論を封じてきたことか。
考えるだに腹の立つことである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
305位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
75位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR