池上彰さんの告発・新聞は捏造するな


社会・政治問題 ブログランキングへ
平成26年1月31日(金)     平成25年9月 ブログ開始

池上彰さんの告発・新聞は捏造するな


1月11日(土)  東京本社版  第二面
都知事選 細川氏に「立候補を」、池上氏からも提案
DSC03300_convert_20140131163120.jpg

と見出しにある。
これを見た読者、東京都の有権者の多くは、
「お!あの池上さんも細川を推してるのか。細川の信頼性高いんだな。」
と思うであろう。
なんせ池上氏に対する人気度・信頼性は高い。特に年配女性の間ではそうだ。
それは氏のニュースあるいは選挙解説番組の視聴率がとても高いことで証明されている。
勿論そうだからと言って、即、投票用紙に「細川」と書くかどうかはわからないが、細川氏に対する強力な援護射撃になっていることは間違いあるまい。

で、この見出し「池上氏からの提案」の出どこはどこ、いったい何に基づいているのか。
其れを明らかにしてくれたのが下記の

1月31日(金)  東京本社版 第17面 オピニオン欄 「池上彰の新聞ななめ読み」 
DSC03297_convert_20140131120513.jpg

これは告発記事だ。要所を転載すると、
<略>
事実は以下のようなことです。
<略>
細川氏から人を介して「会いたい」という話がありました。これはチャンス。1月6日、東京都内のレストランで食事をご一緒しました。このとき細川氏から「都知事選挙に出ませんか」との発言が出ました。

私は、「出ませんよ。当日は都知事選挙のテレビの特番に出るんですから」と答えた上で、
「それより細川さん、あなたこそ選挙に出るのではないかと週刊誌が書いていますが、
どうなんですか?」と問い返しました。
この部分のやりとりが、産経の記事で「細川氏が出た方がよい」となってしまったのです。
「細川氏周辺」は、「池上に促されたから選挙に出る」ということにしておくといいと考えた人がいたのでしょうか。だとすると、それに乗せられた記事です。

<略>
 この記事が出ると、真っ先に読売新聞の記者から、続いて朝日新聞、NHKの記者から、
 事実関係確認の取材がありました。
 事実を説明すると、「なーんだ」と、記者たちも納得してくれました。
 ところが11日付の朝日新聞朝刊の記事でも〈細川氏に「立候補を」、池上氏からも提案〉と出てしまいます。
 どこで行き違いがあったのか。産経新聞と同じニュアンスになってしまいました。

<略>
 ところが産経新聞は、1月12日付でも、こう書きました。
 〈細川氏が白羽の矢を立てたのはジャーナリストの池上彰氏。説得を進め、
 6日には直接会って出馬を要請したが、逆に自らの立候補を促された〉
 伝聞調が消え、断定されてしまいました。


以上からもお分かりのように、
新聞は嘘をつく、なんらかの団体を利するためには捏造記事も書く、ということが証明されたわけである。

今回は、
バカ産経、バカ朝日、嘘つくな。嘘は泥棒の始まりだ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
294位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
76位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR