菅原琢准教授、切に願っても無駄です。

平成26年2月28日(金)     平成25年9月 ブログ開始

菅原琢准教授、切に願っても無駄です。

平成26年2月27日(木)  東京本社版 朝刊 第17面 オピニオン欄
菅原琢(すがわら・たく 1976年生まれ。東京大学准教授・政治過程論。著書に『世論の曲解』など)
DSC03404_convert_20140228114332.jpg
菅原琢氏の文章に出会ったのは初めてですが、このオピニオンは、極めて説得力のある内容です。
先の東京都知事選挙を例に、選挙結果と民意との関係性について実に論理的に御教示くださっている。
そして見事なバカ朝日・マスメディア批判ともなっている。

例によって紺字がオピニオン本文からの転載です。

選挙結果が報じられる際、新聞をはじめとするメディアには、しばしば民意という言葉が躍る。
有権者の思いや意見を代弁しているという自負があるのだろう。だが、選挙に意味を見いだすのはそれほど簡単なことではない。
先の東京都知事選を例に考えてみたい。

 この選挙では、田母神俊雄候補が4位に入ったことが一部メディアの注目を集めた。
たとえば本紙では、「田母神氏60万票の意味」と題する特集記事を組んでいる(11日朝刊)。
この記事を読むと若者を中心とした過激で「愛国的なネットユーザー」に支持を広げて大量得票した、というのが話の筋となっている。
 ただ、この記事を丁寧に読んでも、この説を支持する明確な根拠は書かれていない。
同候補に投じた人々が、愛国的で過激な「ネット保守」と呼ぶべき人々だというデータは示されていないのである。

 むしろこの記事に登場する数字は、わざわざ取り上げることに疑問を投げかける。
<略>
 この記事に限らず、メディアでは田母神票=「過激な保守」という前提で論評が行われた。ここに読み違いがあると筆者は考えている。
 多くの有権者は、政治報道を細かく追っておらず、記憶もしていない。元航空幕僚長の
名前を選挙前は知らなかった人が多くても不思議ではない。20代の多くは5年以上前に起きた「論文事件」を知らないだろう。
<略>
 この点では、メディアが選挙の「争点」を絞ることにも疑問を覚える。
各人の問題意識は生活や人生に応じて異なるし、一つの政策だけで判断する人も少ない。
多様な要素を考慮しつつ、ベストの無い限られた選択肢から選ぶというのが選挙である。その集積が、数票から何千万票までのあらゆる選挙結果である。
 古くて新しい問題だが、結果の意味が明確でないというのは、選挙が有する当然の限界である。
選挙は政治的決定そのものではなく、その中間地点に過ぎないのである。
 この前提に立つとき、メディアに求められるのは選挙とその結果の単純化ではない。
選挙結果を民意と称して絶対化することでもない。社会の問題を掘り起こし、政治の側に解決策を求め、
有権者に多様な判断材料を提供するという作業を選挙時に限らず継続することである。そのためであれば、
選挙結果や世論調査を分析することはとても有益である。
 政界にあまり期待できない今、メディアがもう少し着実に、適切に、世論を読み解き、論じてくれればと切に願う。
(以上転載終り)


最後が、
 政界にあまり期待できない今、メディアがもう少し着実に、適切に、世論を読み解き、論じてくれればと切に願う。
と締めくくられていますが、いくら願っても無駄です。
メディアは、特に「バカ朝日」は極めて優れた営利追求集団なんですから、敗戦の結果得ることとなった冨を守るべく、
戦後レジューム維持に懸命になるだけです。

戦後レジュームの修正を主張する田母神候補には恐れおののいているのです。己が利益を破壊・毀損するのではないかと。
「田母神氏60万票の意味」と題する特集記事は、枯れ尾花を見て幽霊だと怯えている図でした。
マスコミ・メディアとりわけバカ朝日には「着実に、適切に、世論を読み解き、論じて」なんか出来っこない相談です。

馬事東風?ヌカにカスガイ?暖簾に腕押し?いや、蛙の面にションベンです。
今回の菅原さんのオピニオンもアリバイ記事の一つに過ぎません。

社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
320位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
82位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR