いつまで続ける言論封殺・思想の自由破壊

平成26年3月4日(火)      平成25年9月 ブログ開始

いつまで続く天に唾する行為
「籾井会長排斥キャンペーン」


まあしつこいこと。
就任会見でのNHK籾井会長の発言をあげつらっての会長排斥運動。
一体いつまでやるつもりなんでしょうかね。

平成26年3月4日(火)  東京本社版 朝刊 37面


バカ朝日こそ自由な言論の封殺を行っている。
天に向かって唾しているのである。

バカ朝日は、「中立を疑われる発言をした」と言うが
記者がしつこく会長の見解を問うたので、会長は何度も個人的見解であるがと断った上で発言した。
それでも、会見の場が公的会見であると指摘されたので、会長は発言を明確に撤回した。
質問した記者は一度口にした言葉は撤回できぬと騒ぎ立てた。
そしてバカ朝日が、会長は中立ではないと大々的に紙上で批難する。
つづいて国会では野党が追及、指弾する。

まさに、罠に嵌めたのである。
謀略工作を行ったのである。
バカ朝日が謀略新聞である所以だ。

NHK会長には個人的政治見解も、歴史観も、支持する政党・政治家も、思想の自由も持てないのか?

ご丁寧に、抱き合わせで、これ又しつこく森元首相の発言を失言だ失言だと非難する。
問題の講演での動画を見たが、何ら問題ない。
森さんは、サービス精神旺盛、聴衆を笑わせようと言っただけ。
我々が家庭内で、あるいは友人との会話で言ってることと同じことを言っただけ。
「あー、真央ちゃん、あのジャンプ必ずと言ってよい程失敗するんだよね・・・」

いつぞやの森さんの「神の国発言」もそうだ。
「日本の国、まさに天皇を中心としている神の国であるぞということを国民の皆さんにしっかりと承知をして戴く・・・」
これのどこが間違っていると言うのだ。

日本は八百万の神の国。国民もそう思っているし、理解もしている。
勿論、主権は国民にある、天皇は国政に関し権能を有しない、信教の自由は保障されている、と承知したうえで、そう思っているのだ。
バカ朝日は、それを知っているくせに「神の国発言」を己が政治運動に利用する。
敗戦によってバカ朝日が、タナボタのごとくに得たメディアの数々。そのメディアスクラム・キャンペーによって国民を誘導、惑わすのだ。

バカ朝日が謀略新聞であり、偏向政治運動体である所以だ。

社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
294位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
76位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR