テロ支援6人衆。田原総一朗、池内了、亀石倫子、荻上キチ、青木理、落合恵子  

平成29年(2017)6月21日(水)      平成25年9月ブログ開始 

テロ支援6人衆。 
田原総一朗、池内了、亀石倫子、荻上キチ、青木理、落合恵子





平成29年(2017)6月15日(木)    東京本社版 朝刊 第34面  社会問う 「共謀罪」

家計問題に「フタ」    ジャーナリスト・田原総一朗
国会死にかけている   宇宙物理学者・池内了さん(72)
プライバシー危機    弁護士・亀石倫子さん(42)
中身詰め切れず     評論家荻上チキさん(35)
尋常じゃない進め方   ジャーナリスト・青木理さん(50)
数の力による暴挙    作家落合恵子さん(72)


そもそも世界は狭くなり、国際的犯罪(勿論テロ犯罪も)も多くなった。当然、各国は連携してこの犯罪に対処せねばならない。
それが国連が主導する国際組織犯罪防止条約だ。
この条約に入っていない、残された国は、日本とほんの数か国だ。
入れなかったのか、それとも入らなかったのか。
国民には、その理由は判らないが、国連の事なら率先して協力する日本の事だ、当然入れなかったのであろうと判断できる。
理由は必要な国内法が整備されていないからであろうと、これまた判断できる。
そして、だから今般のテロ等準備罪(共謀罪)だと考える。

そこでだ、検討すべきは、
条約に加盟するために、日本の国内法であるこのテロ等準備罪(共謀罪)が必要かどうかだ。
条約に加盟するために、これが不必要な或は過剰な法律だと断定するなら、その点を野党もマスコミもジャーナリストも文化人とやらもは政府に問えばよい。
其れをせずに、「監視拡大民主主義の危機」だの「一般人は捜査の対象になるのか」だの「話し合うことが犯罪」だの「良心の自由を殺す」だの「監視社会になる」だの「プライバシーの危機」だの「日本の刑事司法の転換点になる」だのと騒ぐばかりだ。
勿論バカ朝日の煽りと先導でだ。

バカ朝日はやっと、先日、国連の条約入りするにはテロ等準備罪(共犯罪)は要らないとする京都大学教授(刑法) 高山加奈子の見解を紙面に載せたばかりだ。

其れと今一つ、反対者は、「監視社会になる」、「一般人も捜査される」、「プライバシーが危機に陥る」等と国民を唆すが、日本はすでに監視社会だし、犯罪の疑いがあれば「一般人」も捜査されるし、国民のプライバシーは常に管理されいつでも捜査される状態なのだ。
一体何のために町の交番はあると思っているのか?

犯罪を未然に防ぐには、特にテロなぞは相互監視が必要だ。怪しいとみれば、空振りを恐れずに即通報する。
当然のことである。
犯罪もテロ犯罪も事故と同様に、それを防ぐためには常に検査、管理、捜査を行っていなければならない。
そうでなければ防げやしない。
事故が起こってから、テロ犯罪が起こされてから、死者・犠牲者を憐れんでも遅いのだ。悔やんでも、反省しても遅いのだ。
市場に出回る前に食品検査はされなければならない。
高速道路トンネルの天井が落下する前に検査がされていなければならない
皆同じだ。

この記事によると、

「加計問題にフタ」の二ジャーナリスト・田原総一朗さん(83)は、


そもそもの創設の目的は何なのか。

と、今頃問うが、それが安倍政権の野望・陰謀かどうかを追及するのがあんたの役目だろうが。ジャーナリストなる肩書を外したらどうか。

審議で気になったのが、野党の追及の矛先が法相の発言ぶりに集中し、法案の危険性をあぶり出す本質的なやりとりに欠けたことだ。

そうだろう。なぜもっと糾弾しないのだ。

「国会死にかけている」の宇宙物理学者・池内了さん(72)は、

賛成した議員は法案成立後の世界を想像しているのだろうか。自由を制限するこの法律で密告社会に近づいていく。気づいたときに後悔しても遅い。「戦前と今の世の中とは違う」という人は想像力が足りないのではないか

と言う。
ならば、密告社会にならずにテロを防ぐにはどうしたらよいのか
学者ならば研究して提案しても罰は当たるまいに。

次は、「プライバシー危機」だと宣う 弁護士・亀石倫子さん(42)

政府の説明は不十分だという世論が多いなかで、踏むべき手続きすらすっ飛ばすなんて、本当に民主国家なのかと疑いたくなる。

だと。
政府は、踏むべき手続きをすっ飛ばしているって?即ち、脱法、法無視、違法行為をしていると言うのでしょうか?ならばそれはどの点?

こんな状況でも採決できるのは、「監視の対象は犯罪者だけ」「自分たちは関係ない」という国民も多くいたからだろう。

と言うが、むしろそんなこと思っている国民は少なかろうに。

監視の対象は広まるだろうし、自分たちも関係あると思っているし、プライバシーが当局に覗かれる機会も今よりは多くなるだろうし、持ち物検査のチェックも、今より厳しくなるであろうと、思っている人のほうが多いと思いますよ。
そして、それもテロ防止のためには仕方ないかと。
国民を阿保扱いしないでもらいたいものだ。

それに、

法案によって社会は捜査という監視の網で覆われ、プライバシーは危機に陥る。

プライバシーは危機に陥るってなんなのさ?
犯罪者の疑いがかけられれば、当局に調べられる、ま覗かれると言っても良いけど、当然のことだ。
社会悪・テロ犯罪を防ぐためにはね。

監視の対象にならないように国民が「気をつけて」しまう、政府が理想とする「やりやすい」社会に近づいている。私はそんな社会に暮らしたくない。愛する自由な社会のために、自分の頭で考え、声に出し、動くことをやめない。

意味不明だね。
ならば法律なんてない社会にしたら?
それは弁護士のない社会ですよ。


つぎは、「中身詰めきれず」と言う 評論家・荻上チキさん(35)

 金田勝年法相は国際組織犯罪防止条約(TOC条約)に加盟するために法律が必要だと説明した。条約加盟は賛成だが、この条約は「テロ対策」ではない。「テロ等準備罪」という通称もミスリードだ。

え?
ということは、国家を越えるテロ犯罪は国際組織犯罪ではないって事?
国連に確認したのかい?

次は、
尋常じゃない進め方と言うジャーナリスト・青木理さん(50)

異論や反論、疑問を数の力で押し切るやり方が目に余るが、今回はその究極形だ。

議会制民主主義は多数決で決める。勿論、法に則って。
テロ犯罪は今日明日にも起きる。
決められない国会では困るのだ。衆愚政治では困るのだ。
自分の考えが通らないからって文句を言うではない。


最後は、「数の力による暴挙」と言う 作家・落合恵子さん(72)

こう言っている。

十数年前、共謀罪法案が議論されたときも反対した。今まさに成立しようとしているのに、反対の声が伝わりにくくなっている。「自分には関係ない」と思っている人が多い。だから、政権も採決を強行できるのだろう。

時代は変わる。
日本もいつ国際テロに襲われるかも知れぬ。
それに、1971年に警察官殺害というテロを行った大坂志郎という極左テロ革命集団中核派幹部が捕まらずに、つい最近逮捕されたではないか。
テロ犯罪集団「中核派」に41年間も匿われていたというではないか。
即ち今現在、日本にテロ犯罪集団がいるのだ。
その他、日本には潜在しているテロ集団が存在している。
その時期が来たとみれば即テロ犯罪集団と化す、或いは暴力革命というテロに訴える政党も存在するではないか。
日本共産党だ。
議会において民主主義的、平和的に多数党となり政権を握ると言っているが、共産主義者はそんなものではあるまい。いつテロによる暴力革命に走るか知れたものではない。

在日朝鮮人もそうだ。
関東大震災の折、暴徒、テロ集団と化した彼等。こんな古いことを持ちださなくても、北朝鮮による日本人拉致だ。
北朝鮮の指令に従って彼らが日本人拉致というテロを行ったのだ。

その他にも、サリンを撒いて無差別テロを行ったオウム真理教だ。今は名前を変えているが。
このようないつテロを行うかもしれぬ宗教団体が、この先現われてくる可能性は大だ。

落合は更に言っている。

「自分には関係ない」と思っている人が多い。だから、政権も採決を強行できるのだろう。

と。
そうだとして、それのどこが悪い?

 特定秘密保護法、安全保障法制なども数の力によって成立した。では、誰がその力を与えたのか。私たちはその問いに、向きあっていかなければならない。

とも言う。
今更、「誰がその力を与えたのか」ですって?
それは「国民の意思」です。
勿論、国民全員がそんな意思を持っているわけではありません。
だが多数決でそうなったのです。民主主義です。

あなたの考え、行動が多数を得るように頑張ってください。
誰も、非難も阻止もしません。
だが、あなたの言動が潜在テロ集団にもきっと利用されると断言しておきます。



社会・政治問題 ブログランキングへ

小林孝也、岩崎生之助のプロパガンダ作品 。寝言は寝て言え。

平成29年(2017)6月19日(月)      平成25年9月ブログ開始 

小林孝也、岩崎生之助のプロパガンダ作品




平成29年(2017)6月10日(土)    東京本社版 朝刊 第11面  社会
「共謀罪」へ 読者の声次々
監視拡大民主主義の危機


スカスカの紙面を埋めるためには必死だ。
兎に角、「共謀罪」法案成立を阻止の趣旨であれば、なんでも良いというそのプロパガンダ記事は無意味で、噴飯物ですらある。

バカ朝日に採用された三人。
一人目、さいたま市の石川さん(89歳・男性)についてはこう書いている。


反戦的とみなされれば、逮捕される時代。石川さんには、密告を奨励するおそれもある「共謀罪」法案が、そんな時代を再来させる気がしてならない。戦後、大手時計メーカーで営業部長を務めた。高度経済成長を支えた自負がある。

と。

戦争の真っ最中だ。
反戦的活動は即ち敗戦活動だ。それを為す者は逮捕、隔離せねばなるまい。
「治安維持法」が戦争の時代、「息苦しい社会」の時代を招来させたのではない。
戦争の時代だからこそ治安維持法が必要だったのだ。
その戦争の時代も日本人が呼び寄せたものではない。
義務教育で学んだ最小知識の世界歴史でもそれは判っているはずだ。

今は、「息苦しい社会」、テロの時代だ。
テロの時代は日本人が呼び寄せたものではない。
日本人の責任ではない。
だが、世界の為にも、テロを防ぐにはその抑止のための法律が必要だ。
今般の「共謀罪」法案が、これこれの理由で役に立たないと主張するならともかく、


「戦争の苦しさを知らない政治家が法案を通そうとしている。戦前のような時代に戻してはいけない」

などと、89歳にして、今や原因結果も解らない頭で、的外れな断定をするものではない。
バカ朝日に利用されるだけだと、このブログ主はご忠告申しあげる。

二人目は、札幌の鈴木さん(大学4年生)。

鈴木さんは、

4月、「声」欄で「この法案によってテロを防げるのかも怪しい。人権や自由を犠牲にしてまで成立させる価値のある法案だろうか」と疑問を投げかけた

だ、そうだ。

疑問に思うなら、自分で調べなさい。
防げるのか防げないのか。
大学生ならば、時間はたっぷりあるのではないか?
国連の「国際組織犯罪防止条約」との整合性もね。

3人目が、大阪の李さん(65歳・在日韓国人)だ。

こうある。


学生のころ、刑事2人が突然自宅にやってきた。過激派の組織名を挙げながら、「関係あるんか?」と探りを入れた。
 警察は李さんが知らない間にアルバイト先も訪れて素性を調べた。当時、南北朝鮮統一をめざす団体に所属していたが、過激派とは関係なかった。

学生の頃だと言うのだから、高校も学生時代に含めるなら1973年から1979年あたりであろう。

この頃に何があったか。
そう、1974年には韓国の朴正煕大統領夫人暗殺事件だ。
犯人は、大阪の在日韓国人・文世光だ。
正に、在日韓国人による「テロ」だ。
文世光事件
以下を、ウィキペディアから借用しよう。

「土台人」となって赤化統一を目指した文世光は1973年10月ごろ、朴正熙大統領の暗殺計画を思い立った。同年5月、大阪湾に停泊中の北朝鮮の万景峰号の船中で、朝鮮労働党対外連絡部の工作指導員から朴大統領射殺の指令を受けた[1]。
1973年11月に香港を旅行した際に暗殺実行の為の拳銃の入手に失敗した事から、1974年7月18日に大阪市南区(現在の中央区)の高津派出所で拳銃2丁を盗み、高校時代の知人である日本人女性を利用して、女性の夫名義による韓国への偽造ビザや偽造パスポートを作成するなど準備を着々と進め、同年8月6日に拳銃をトランジスタラジオの中身を抜いたケースにしのばせ韓国に入国した。文に狙撃を指令し資金を供与、偽装パスポートの作成指示、射撃訓練を行ったのは、大阪の在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)生野支部政治部長の金浩龍(キム・ホヨン)だった[2][3]。



そして1979年は朴大統領自身が暗殺された年だ。
日本の警察・公安が在日韓国・朝鮮人に最も神経をとがらせていた時期である。

ならば、ましてや、

南北朝鮮統一をめざす団体に所属していた、李さんならば刑事の訪問を受けても仕方あるまい。
文句を言うなら、日本の警察・公安ではなく、大統領夫人を殺した大阪のお仲間在日韓国人・文世光に対してであろう。

この記事の最後はこうだ。


李さんは言う。「警察にとって、私のようなただの学生も『一般人』ではなかったのだろう。『共謀罪』が成立すれば捜査が際限なく拡大する心配がある」

李さんは、「ただの学生」ではないし、「一般人」でもない。
李さんの寝言を取り上げる小林孝也、岩崎生之助よ。
お前達も寝言は寝て言え。仲間内でな。


強調文
社会・政治問題 ブログランキングへ

「高山佳奈子の褌担ぎ」か?バカ朝日。

平成29年(2017)6月18日(日)      平成25年9月ブログ開始 

高山佳奈子の褌を担ぐ、バカ朝日。




平成29年(2017)6月11日(日)    東京本社版 朝刊 第11面  読書
ひもとく 「共謀罪」
監視拡大民主主義の危機
京都大学教授(刑法) 高山佳奈子



おいおい、バカ朝日、今頃何を言ってんだ。
この記事の日付は6月11日だ。
彼らの言う「共謀罪」は5月23日に衆院を通過、そして6月15日には参院を通過するという、この時に何を言い出すのだ。

高山佳奈子はこう書いている。
先ず、

法案の内容や審議過程に対しては、国連特別報告者からの質問状が国連ウェブサイトに掲載されたが、政府は回答せず、抗議の暴挙に出ている。海外主要メディアも、日本の国会運営や犯罪捜査を疑問視している。

バカ朝日よ、これほんまかいな?
其れを検討・検証するのが記者の務めであろうが。

こうも書いている。


日本はテロ対策主要13国際条約をすべて批准し、国内法整備を終えている。特に、東京五輪開催決定後の2014年に改正したテロ資金提供処罰法で、組織的なテロの準備行為は包括的に処罰対象である。今般の法案が付け加える内容は皆無である。

更にはこう続けている、


 しかも、政府は同法案が国連国際組織犯罪防止条約の批准に必要だとするが、同条約は利益目的組織犯罪に対処するものであってテロには関係がない。国連の公式立法ガイド執筆者もその旨を明言し、日本は現行法のままで批准できるとする。

おいおい、こんな重大な事を、バカ朝日は今頃になって何故紙面で取り上げるのか?
これが本当と確信するなら、新聞第一面でぶちあげることだろうに。
民進党も共産党も,これをネタに自民党政府を吊るし上げるべきであったろうに。

更にさらに、高山はこう書いている。
見出しからして、「背景に米の圧力」とあって、

米国の利益が本法案の背景にあることは、平岡秀夫・海渡雄一『新共謀罪の恐怖』にも詳述されている。

この本の内容は知らんが、日本国民を脅かすのもいい加減にしろである。
そりゃそうだろう、米国とは今や不即不離の関係だ。
米国の利益をおもんばかって当然だ。それのどこが悪い?
そのことによって日本国民の利益がどのように損なわれているのか?
バカ朝日よそれを検討・検証しろ。
この高山佳奈子だか平岡・海渡やらの著作を取り上げる以上は。


最後には、こう書いている。

法案が設ける277の犯罪類型は、国連条約の趣旨に反し、警察の職権濫用(らんよう)・暴行陵虐罪や商業賄賂罪を除外している。あらゆる問題を国民に秘匿したままの立法は民主主義への挑戦である。

バカ朝日よ、このような言い分を黙って見過ごすのか?

確かに高山の言う事には一理も二理もあるではあろう。
なんせ大学の教授を務める学者・研究者なのだから、遥かに一般国民より多くを知り、見通せているであろうからな。

だが、ここに書いてある内容がすべて正しいのか?
バカ朝日記者は正しいと考えているのか?
ならば、何故もっともっと早い時期に、高山の話を載せなかったのだ?
そして高山の言い分が正しいと、証明しろとまでは言わん。
だが、検討・検証ぐらいはしたらどうなんだ。

しっかり仕事しろ。「褌担ぎ」か、バカ朝日は?

ところでこのブログ主は常々思っているのだが、
いつもバカ朝日は、表面上は親支那の報道だが、最終的には米国に金玉を握られている。生殺与奪の権を握られているに違いないと。
NHKと同様にね。



社会・政治問題 ブログランキングへ

プロパガンダ紙の社員・金山隆之介、岩崎生之助

平成29年(2017)6月11日(日)      平成25年9月ブログ開始 

プロパガンダ紙の社員・金山隆之介、岩崎生之助



平成29年(2017)6月9日(土)    東京本社版 朝刊 第29面  社会
一橋大学祭、百田氏講演中止の波紋
学生ら「差別的な言動問題」抗議
(金山龍之介、岩崎生之助)

ま、バカ朝日に事だから、こんなもんだとはわかっていたが、それにしてもだ。

見出しからしてこうだ。

一橋大学祭、百田氏講演中止の波紋

学生ら「差別的な言動問題」抗議


人一倍表現、思想の制限、弾圧に、神経質かつ厳しい新聞のくせに、ギャーギャー言うくせに、
一橋大学祭、百田氏講演中止の波紋」などと暢気なもんだ。

そして、なんと、

学生ら「差別的な言動問題」抗議

と、中止させた学生らを応援しているのだ。
恐れ入りました。

百田氏の講演中止事件は、誰が何と言おうと、言論の弾圧である。
これが、真実である。

新聞は、事実(事件・事象)を取材し、そこから真実を導き出し、その真実を書くんではないのかい。
金山隆之介に岩崎生之助よ。

其れをせずに、弾圧された百田氏に取材して、百田氏の言葉を借りて、

・・・たとえ権力でなくても、こうして発言の場を奪うのは『言論弾圧』ではないか」と反発。

と書き、

また、バカ朝日の得意技、例によってどこかの大学教授の言葉を載せる。
以下のように。

「大学が一方的に中止すれば『言論の自由』への介入という問題が生じ得るが、実行委が判断したのなら自主規制の問題で『言論弾圧』ととらえるのは難しい」

と。

お前たちの記者としての見解はどうなんだ?どんな真実を掴んだのだ。
これは言論弾圧事件発生だ、と記者の言葉で書きたかったのだが上司に止められたのか?

日本人の日本人による講演会が、梁という韓国人(?、)朝鮮人(?)、或いは帰化人(?)が主導して中止に追い込んだのだ、とも書くべきだったのに、これも上司に禁じられたのか?

やっぱりバカ朝日は、ジャーナリズムなんかではない。プロパガンダ新聞、工作新聞だ。愚者の群れだ。



社会・政治問題 ブログランキングへ

バカ朝日記者・後藤遼太の印象操作記事

平成29年(2017)6月9日(金)      平成25年9月ブログ開始 

聞き手・後藤遼太の印象操作記事
小澤俊夫の取り越し苦労。それもピント外れの。




平成29年(2017)6月8日(木)    東京本社版 朝刊 第34面  社会
問う「共謀罪」  学問の世界から
空気読まない者に疑いの目が向かう
「空気を読む」日本人と「共謀罪」が合わさると怖い。
文学者・小澤俊夫さん(87)



一読、なんだかな―である。
おいおい、ホンマかいな?である。

なんせ87歳の老人の語ることだし。
こうある。

日中戦争下の中国で小学生だった。陸軍病院を慰問すると、兵隊が「行軍中、道沿いの女子どもはスパイだから皆殺しだ」と手柄話をする。

という事だが、この戦傷兵は、自分がホントに皆殺しにした、と言ったのか、或いは、皆殺しにすべし、スパイであるから当然だと、檄を飛ばしたのか。

実はこのブログ主にも似たような経験がある。
小生が小学生高学年のころだから昭和32年のころだ。
親父が、言うのだ。
「中国大陸へ行った時は、日本刀でバッタバッタ100人位のチャンコロ兵の首をはねた。」

だが何のことはない。親父は明治生まれだが、農業関係の戦時研究員とかで、徴兵されたことも、戦争に行ったこともないのだ。
酒を飲んだ上での、子供を驚かしてやろうというホラ話だ。
本当に人を殺したことがないからこそ言える与太話であろう。

小沢さんが慰問をした負傷兵の場合はどうだったのだろうか。
武運拙く、不運・不覚・不面目にも傷・病を負って病院にいるが、果敢に戦ったのだ。君たちも頑張ってくれと、その面目だけは保ちたかったのではないだろうか。日本兵としての「建前」は失くしたくなかったのであろう。
そしてまた、実際に、道沿いの女子どもを殺していたならば、とても殺したなどとは口に出せないのではないだろう。
それも「純真」な子供相手にだ。

日本軍の南京占領時の様子、南京市民の様子をとらえた写真がバカ朝日の発行していた「朝日グラフ」に載っている。
子供たちはニコニコし、日本兵がのどかに散髪してもらっている写真もある。確か中国人の食堂で食事している写真も。
何が「皆殺し」なもんか。
そりゃスパイを働いた「民衆」は捕らえられ、それなりに処罰されたであろうが。

記事にはこうもある。

北京で評論雑誌を出版していた父は「中国の民衆を敵に回したこの戦争は勝てない」と軍部を批判するから、思想憲兵がいつも家で見張っていた。

本当に日本軍は中国の民衆を敵に回したのか、すなわち兵隊でもない農民・民衆をやみくもに、中国人であるというだけで拷問にかけたり殺したりしていたのか?
そんなはずはあるまい。軍規の厳しい日本軍にそんな余裕或いは捨て鉢な思考があったなどと聞いたこともない。
それに、そんなことをすれば、敵の敵愾心を煽るだけで、戦いは不利になるであろう。
小学生でもわかる。

ヴェトナム戦争における韓国軍の所業はそうであったとのことだが。

小沢さんの父親は、「民衆を敵に回すな。民衆を敵に回せば戦争には勝てない」と言っただけなのではないか。
そこには、日本人を貶めたくないという恥の精神、同じアジアの中国人とは戦うべきではないというアジア人としての連帯意識、そして人を殺すべきではないという「ヒューマニスト」としての心が強くあったという事であろう。
だが、それとても、軍に物申すことだし、親支那日本人と見做されて憲兵が見張ってはいたのであろう。


更に、記事にはこうもある。

「共謀罪」が怖いのは、何が犯罪か捜査機関の末端が決めてしまうこと。治安維持法と同じだ。

別に、「共謀罪」に限らず、いかなる犯罪であれ、犯罪かどうかは捜査機関の末端が決めるものだ。決めて捜査をするのだ。
頓珍漢な事を言うものではない。

こうもある。

告社会で真っ先に標的になるのが不道徳、不健全、猥雑(わいざつ)なものだ。政府に逆らいそうな者、空気を読まない者に疑いの目が向かう。表現の自由や豊かな文化にとっては致命的だ。

全く「共謀罪」とは関係ないことだ。
テロや、犯罪が計画されていることを知り得たならば、警察に知らせる。
当然だろう。殺されるのを防ぐための国民の義務だ。

日本では、政権を担うには選挙で選ばれて、選ばれた仲間が集まって多数党即ち国民の最大公約としての統治者として政権を担う。
これ以外はの方法は許されていないのだからね。

この記事の最後はこう締めている。

思想統制の先にはそういう不幸が待っていると、私は思う。(聞き手・後藤遼太)

今般の「共謀罪」は思想統制が目的か?馬鹿なことを言うなである。

それにしても、聞き手・後藤遼太よ、この記事の見出し

「空気を読む」日本人と「共謀罪」が合わさると怖い。

とか、

空気を読まない者に疑いの目向かう 

とかは、あんたが付けたのか?
読者にたいする印象操作もいい加減にしろ。



社会・政治問題 ブログランキングへ

プロフィール

CHUU

Author:CHUU
昭和20年(1945)年敗戦の年生まれ。
小学生時代からの朝日読者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
新聞・マスコミ批判
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
305位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
75位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR